夕焼け空を見上げたら

ああ、きっと明日もいい天気

川崎3-1鹿島

2017-08-13 | Weblog
1シーズンにホームとアウェーで戦って、合計6点取られるってことは、鹿島の守備は川崎相手に手も足も出ない、何もできない、ってことなんだろうね。昨シーズンは鹿島が勝てたけど、今シーズンは鹿島の方が弱い、と。

相手との戦術やシステムの違いで、試合の流れはいろいろになるというのはあるけれど、それ以前に、とにかく鹿島は、パスすればコースがちょっとずれて相手に渡るし、周りの状況をロクに見ないで無理にドリブル始めれば奪われるし、たまにパスが入ってもトラップが下手くそだから相手にかっさらわれるし。逆に、川崎を見てるとそんなシーンは皆無。結局は、鹿島の選手の技術レベルが低いということ。

中村は、MFで落第した上に、じゃあ土居みたいに最前線で何かできるかというと何もできないことが、今日の試合で証明されちゃったね。次は、DFとかSBとかやらせるのかな、大岩監督。これだけ何もできない、機能しないのがはっきりしたのに、それでもまだスタメンとかベンチ入りとかするんなら、チーム内で中村だけがアンタッチャブルなのかな。

レアンドロがボールを触ると、8割方、ボールロストして、せっかく前に入って攻撃に行けるかっていう流れをことごとく断ち切ってたね。あれでブラジル代表になれるんなら、日本人のトップ選手なら誰でもブラジル代表になれる、ってなもんで。今日攻撃がまるっきり形にならなかった原因のかなりの部分は、レアンドロの存在。というか、前半で代えるかと思ったのに手を打たなかった大岩監督の采配か。

相変わらず両CBが跳ね返したボールは、文字通り跳ね返っただけで、ほとんど全部相手に拾われてた。跳ね返したボールだけじゃなくて、前線にフィードしたらしいボールもキックの精度が低すぎて、これまたほとんど全部相手に拾われてた。あれなら、味方にフィードしようなんて出来ないことに挑戦しないで、最初から全部サイドラインの外にクリアした方が、カウンターを食らわないだけまだまし。

CBのフィードの正確さはないものねだり、ってことなら、近くにボランチとかSBとかMFとかがいてパスを受けてあげればいいんだろうけど、鹿島の基本システムは4-2-4で味方がボールを奪ったと思ったらみんな前線に行っちゃって、組み立てとか前線までのボールのつなぎ役とかは誰もやらないシステムになってるから、ますます救いがない。

川崎の3得点は、サイドネットとかポストをかすめたとか、それなりに難易度が高い、決定力が必要な形だったけれど、同じレベルの決定力が鈴木のクロスから金崎がスライディングした場面とか、安部の何回かあった決定機とかにあれば、もっと競った試合になったのにね。

中継で、やたらと、監督が代わってそれまで出番のなかった選手が使われるようになった、って言ってたけれど、中村とかレアンドロとか、使われるようになったのに結果を出せなかったり機能しなかったりして、それでも使われ続けるとすれば、出られない選手に不満が溜まるだけでしょ。中村やレアンドロを外すためには、また監督交代させなきゃならないとしたら、鹿島のチーム作りって、一体何なんだろ。

せっかくNHKで中継してくれて、DAZNのボロボロの画質、いつ止まるかビクビクしながらの観戦から解放されたのに、画質が良くて安心できた分試合の中身と結果がボロボロだった、と。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日ファ | トップ | 限定 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。