ゆうくんの徒然日記

退職後の日常おきたこと、旅行やグルメ、音楽と日記代わりに書いていますので、雑文でございます。

2016年12月 エジプト(06) イシス神殿

2017年05月05日 19時27分24秒 | 旅行

とはいえ、朝早くから、観光客は多く、それぞれボートに乗り込みます。一艘あたり、20~30人程度乗り込めます。イシス神殿は、アスワンハイダム建設にあたり、水没してしまうため、あたらに島をつくり、移設したということです。そのため、フィラエ島ではありませんが、形まで、フィラエ島に似せて、作り変えたとか。

 

ボートは、それなりの大きさなのと、川なので波もなく、乗り心地はよく、気持ちがよかったです。

目指すイシス神殿の反対側には、遠くではありますが、アスワンハイダムが見えます。望遠で撮ったので、大きく見えますが、肉眼では、かなり小さかったです。

 

ボートに乗っていると、間もなく、イシス神殿が見えてきました。

 

ボートから見えるのは、神殿の裏側のほうが見えますが、移設したとは思えない大きさです。

 

ボートを降りたところから、歩いていくと、長い列柱廊が見えます。


長い、長い。レリーフがきれいですが、どのように移設してきたんでしょうか?

 

第一塔門の入り口ですが、大きすぎて、前のほうから撮ると、このくらいしか収まりません。


第一塔門左側の上のほうです。


第一塔門左側 誕生殿入口ですが、入口左手の下は敵を倒すプトレマイオス12世です。


どこの建物を見ても、エジプト神話の素になっているものが掘られており、長いストーリーになっているようです。ガイドさんの説明を聴くだけでも、盛りだくさんですが、すべてのストーリーを理解するのは困難ですね。神とはいえ、争いは絶えなかったようで、結局は人間だったということでしょうか。

 

左から、オシリス神・イシス女神・ホルス神かな?


ローマ帝国時代のトラヤヌス帝のキオスク。船着場の側の休息所なのだそうです。未完成だそうです。他にも、この島には、ハトホル神殿、トラヤヌス帝のキオスクがあるそうです。

 

2016年12月 エジプト(06) イシス神殿

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年12月 エジプト(05) コ... | トップ | 2016年12月 エジプト(07) ア... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL