♪あなた知ってる?~広島~

広島から離れた事柄も取り上げます。
「タイトル」は何処へ行ったのか?との追求はご容赦願います。

2018年3月31日廃止が決まった「三江線」

2016年10月01日 09時40分57秒 | 「その他」編
三江線(さんこうせん)は、
島根県江津(ごうつ)市の江津駅から広島県三次(みよし)市の三次駅に至る路線距離108.1kmもある単線非電化のJR西日本の鉄道路線です。

1966年1月、口羽--浜原間で着工されました。
1978年3月30日、全線直通の運転が開始しました。
ことし、2016年9月1日、JR西日本が国土交通省に対して9月末までに廃止を届け出ると表明。
2018年3月末をもって全線で廃止される予定だそうです。


2013.10.19.撮影 口和駅近くに建立されている「三江線全通記念碑」です。

1975年8月31日全線開通した(この時点では口和駅で乗り換えなくてはならなかったそうです)ことを祝ってのこの碑文には次のように刻まれています。
『・・・・幾多諸先輩の並々ならぬ御盡力に依り父祖三代に亘る念願が叶い今日の完成を見るに至ったのであります。
殊に村長片岡金六氏は全生命打込み努力せられ其の業績は衆目の認むる所であり次期村長高橋昇三氏も其の意志を継承し三江線期成同盟会副会長として献身的に東奔西走せられ御蔭を以て今日全通の喜びを迎えたのであります。・・・』


2013.10.19.撮影 口和駅待合室をみるように建立されている「片岡金六君頌徳碑」

碑文は読めませんでしたが、当時・羽須美(はすみ)村村長として三江線建設のために東奔西走した人物だったのでしょうね。

「拠点間を大量に輸送する」という鉄道の特性を発揮できていないことなどで、三江線の廃止にいたり
今後、「持続可能な公共交通の実現に向けた検討」を沿線市町(いまや村はありませんので)へ申し入れたとされ、バスによる運行になるようです。
そのバス運行も、広島県の中山間地区を走るバス路線の廃止が続く中、いつまでこの区間のバスが運行されるのだろうかと思わずにはおられません。
広島県・島根県の鉄道廃線問題と云うだけでなく、繁栄の果実が落ちてこない地方が我慢だけで疲弊していくのを座してみながら、弾もつきつつあるのに?勇ましく黒田バズーカ砲を発砲し続け借金大国になるのがいまの政治のように思えてなりませんが。

(裕編集の)三江線全通記念碑

10月1日(安芸区のわが家付近)天候:雨

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安佐北区:(広島自動車道)... | トップ | 89-52-2 .631 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
裕さんへ!! (荒野鷹虎)
2016-10-01 19:49:33
おばんです!
いずこも地方創生はうまく行ってませんですねー。安倍さんも外遊でお金をばら撒いていますが、地方のことを真剣に考えてほしいものです。北海道は悲惨な路線列車の縮小・廃止に追い込まれています。自治体側も強く言われません。一人の通学生と言えども親が車がなければ通学さえもできないと言うこと自体が政府の責任以外ないのではとおもいます。喝)
キャッチフレーズでの政治 (裕)
2016-10-01 22:31:17
こんばんは、荒野鷹虎さん。

弱いものにも優しい社会だった日本が変わってきているのでしょうね。
その先頭を走るのが現政権 でしょうね。
「三本の矢」「地方創生」「一億総活躍社会」
どれも中途半端なのに支持率が高く、
“安倍政治を許さない”と云っても受け皿がないから負けるわけがないと来年一月解散に打って出て、公明党を切り捨て日本維新の会と組み一挙に憲法改正体制に入るとか。

三江線 (地理佐渡..)
2016-10-02 08:27:39
おはようございます。

三江線。なるほど江の川沿いを走る路線ですね。
風景は良いのでしょうねぇ。線路沿いに大きな町
が無いのが路線維持につらい環境です。
一・二の町があればこうはならないのでしょうけど。
江津の人にはつらいでしょうねぇ。


全線乗ったわけではありません (裕)
2016-10-02 10:45:01
おはようございます、地理佐渡管理人さん。

三次駅→伊賀和志駅:20名くらい乗っていました。(口和駅→三次駅:わたしを入れて2名乗車で発車)までしか乗ったことがありませんが、
云われるように江の川をみながら反対側は木々に列車がすれる音がするときがありました。
人口減に入った日本、全国各地のローカル線は廃線にむかっていくでしょうね。
新幹線走って在来線の廃止なんてことも起こってくる??

コメントを投稿

「その他」編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。