♪あなた知ってる?~広島~

しばらく広島から離れた事柄を取り上げます。
「タイトル」は何処へ行ったのか?との追求はご容赦願います。

何処へ行っても:神花山(じんがやま)古墳

2017年04月06日 11時01分57秒 | 何処へ行っても
山口県熊毛郡平生町の神花山にある前方後円墳の「神花山古墳」です。
*1982年に山口県指定史跡に指定されています。


後円墳から前方墳部分をみました。
神花山古墳は、平生町の田布施川河口東側にある標高 約39mの丘陵(神花山の頂上)に築かれた前方後円墳です。
全長30m、後円部の径15m、高さ約2.5m。 五世紀前半に造られたものと推定されています。

(裕編集の)神花山古墳

4月6日(安芸区のわが家付近)天候:くもり

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何処へ行っても:(平生)回天碑 | トップ | 佐伯区:美の里第二公園 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (めちゃこ)
2017-04-06 11:55:23
パッと見、どうみてもただの丘のような場所なのに「古墳」があると思う人は
形や向き場所、出土品などから発見に至るのでしょうか。
私にも その目が欲しいです。^^
ピラミッドと違い・・・ (裕)
2017-04-06 18:40:17
こんばんは、pecyuniaさん。

遺跡の発見には偶然がつきものなのでは?
中国の兵馬俑のことを思えば、権勢思いのままだった始皇帝に関わっているのに、現代になって農民が発見したと聞きますので。

この神花山古墳は旧陸軍が高射砲陣地を築こうとしたときにわかったそうですから。

しかし、ノアの方舟のように伝承を信じた人物がいたという事もありますよね。

コメントを投稿

何処へ行っても」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。