♪あなた知ってる?~広島~

ことし、タイトルを川内康範先生の歌詞をヒントに変えてみました。
HP「広島ぶらり散歩」編集履歴は変わりませんが。

何処へ行っても:(鳴門競艇場)孝養の像

2016年10月15日 08時13分31秒 | 「何処へ行っても」編
ここで取り上げた「孝養の像」は、全国の競艇場などに建立されているそうです。

像は笹川良一が59歳のとき、82歳の母親・テルを背負って金毘羅参りのため、785段の石段を登っている様子を表しているとされ、像の作者は加藤知彦です。

※宮島競艇場でこの孝養の像をみてから児島競艇場でも撮影しました。
この像の扱われ方に違いがあったように思いましたのでここ鳴門競艇場でも撮影したのです。


(裕編集の)〔鳴門競艇場の〕加藤和彦作:孝養の像

10月15日(安芸区のわが家付近)天候:はれ

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何処へ行っても:鳴門競艇場 | トップ | あと4勝 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
裕さんへ!! (荒野鷹虎)
2016-10-15 20:20:22
おばんです!
先ほど勝利を確認しました。☆!おめでとうございます。!
日ハムは明日に持ち越しですが、今年のカープはtチャンピオンフラッグを持ち帰ること間違いと思いましたねー。!
愚息(44歳)時代はアカヘルフアンですから欣喜雀躍していることと思います。私もささやかな乾杯をいたしました。!
将棋竜王戦がh時まりましたが、丸山九段では直ぐ負けます。汗)三浦九段がタンパラを起こして引退しなければと心から心配しています。思わぬ大事件が起こり、連盟の「遅すぎ」が問われなければと思います。喝)
勝ち抜きました・・・ (裕)
2016-10-16 08:31:26
おはようございます、荒野鷹虎さん。

勝ってほっとしたと田中選手もインタービューで云っていましたが、カープファンの多くはそう思ったのではないでしょうか。
1年のシリーズでぶっちいぎりの優勝でしたから・・・
荒野家の応援、感謝感謝・・・感激です。

当地の新聞の小さな記事で谷川会長のあいさつの言葉が掲載されていました。
将棋ソフトにプロ棋士が負けるようになった時から危機管理が必要だったのかもしれませんよね。
人工知能がする将棋で将棋新聞の記事が埋まるということはないはずですが・・・

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。