ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと14年目を迎えました。目標はJ1復帰ズラ!

横浜F・マリノス戦の写真公開

2014-09-30 | 写真



9月27日にアウェーで行われたJ1第26節横浜F・マリノス戦の試合の様子を、たくさん写真に収めてきましたのでここで紹介させていただきます。





地下鉄の三ツ沢上町駅から歩いてスタジアムに向かい、見えてきた三ツ沢公園。緑もたくさんあり、テニスなどのコートもあるなどみんなの憩いの場所ですね。






そしてたどり着いたのがニッパツ三ツ沢球技場。今回は日産スタジアムではなく三ツ沢での開催でしたが、個人的にはこちらの雰囲気のほうが好きかな?




セルティックのユニフォームを着た大柄の英国人らしき人もいました。世界の‘NAKAMURA’を見に来たと思われますが、残念ながらこの日は中村選手は欠場…。





ニッパツ三ツ沢球技場の内観。やはりピッチがスタンドと近くて臨場感がありますね。売り子さんが頻繁に回ってくる光景は三ツ沢に来たなぁって感じがします。






横浜のマスコット‘マリノス君’はファンサービス旺盛だったなぁ。ウインクも出来てビックリ。しかしウインクするときに発生する‘カチッ’っていう音が毎回気になったなぁ(笑)試合中はベンチ横でおとなしく試合観戦。




ビジター席入口から伸びる青赤の幕。そしてビッグフラッグ。アウェーに来るサポーターをアウェーの気分にさせない演出がうまいと思います。





ピッチ内練習をする選手たち。やはりピッチに近いので安いカメラでもダイナミックな写真が撮れます(笑)




ホームの横浜サポーター。会場のキャパが少ない三ツ沢には満員近くの人数が集まりますね。




ヴァンフォーレも近隣アウェーということでたくさんのサポーターが集まっていましたよ。もう少し緩衝帯を広げても良かったと思うけど。





選手入場時の‘富士山コレオ’。自分の席から見た光景はこんな感じです。綺麗ですねぇ。ホームゲームでももっと大きいコレオを展開してほしいですね。あと‘富士山ダービー’でも。




試合のキックオフ。





前半はどちらかといえば守る時間のほうが多かった気がしますね。セットプレーでも集中力を切らさずに強固なディフェンスラインを形成します。




前半は下田選手のシュート1本のみ。後半は…




横浜MF三門選手に対して勝負を挑んでいく下田選手。ヴァンフォーレの次世代を担うルーキーです。





ボールにキスをして魂を込めるクリスティアーノ選手。しかしこの試合ではあまり見せ場がなく、彼が存在感を示せたのはセットプレーくらいだったなぁ。




ボールを懸命に追う途中出場の‘妖怪ウォッチ’キリノ選手。彼のチャントは周りの横浜サポーターにも好評でしたね。でもチャントだけではなく、プレーで目立ってほしい!




攻めて先制点を奪い勝ちにいくのか、それとも守り抜いて勝ち点1を獲得しにいくのかチーム方針が難しい試合でしたが、城福監督は様々な手を打っていたと思います。





結局試合はスコアレスのまま終了。アウェーで引き分けを掴めたのでまずまずの結果と言えますね。




順位は13位のままですが、17位清水と勝ち点差が‘3’しか開いてないので全くリードしている雰囲気ではありません。今後も気を引き締めて臨んでほしいと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜F・マリノス戦独自採点

2014-09-29 | Weblog



直接現地で観た試合のヴァンフォーレの選手たちの活躍を独自の視点で評価&採点していくこのコーナー。今回の対象試合は27日にアウェーで行われたJ1第26節横浜F・マリノス戦です。


【横浜F・マリノス戦独自採点】
GK荻(6)→フィードで多少ミスがあったものの、飛び出してハイボールをキャッチするなど積極的なプレーがみられた。

DF佐々木(6.5)→一度抜かれても懸命に戻って相手からボールを奪うシーンがあるなど、守備の貢献が光った。

DF山本(6.5)→佐々木&青山選手やボランチに指示を的確に出して守備を統率。カバーリングも鋭かった。

DF青山(7)→古巣相手に良いプレーを見せようと躍動。空中戦はほぼ競り勝ち動き出しも鋭く、マークしていた伊藤選手に仕事をさせなかった。

MF新井(6)→プレスをかけられると慌てるのはいつものことだが、その他ではミスなくパスを確実にまわし相手にマークを精力的に行った。

MF稲垣(6.5)→ピッチを運動量豊富に動き回り、DFと連動してボールを奪取した。彼のチームに対する守備の貢献度はとても高い。

MF阿部翔(6)→左サイドでタイミング良くボールをもらい、クロスボールなどでチャンスを演出。GKに阻まれたが直接FKも惜しかった。しかしバックパスミスは無視できない。

MF下田(6)→交代まで懸命に動き回り、チームに躍動感を与える存在に。ミドルシュートも惜しかった。これを90分間続けたい。後半14分に途中交代。

MF河本(5.5)→精力的にプレスをかけるスイッチ役となったが、ファールを犯してイエローをもらうなどどこか気合いが空回り気味になっていた。後半32分に途中交代。

MFジウシーニョ(5)→右ウイングバックとして前節同様存在感を示したかったが、相手の警戒も強く攻撃の貢献は低かった。守備面でも課題で相手の攻撃の起点になってしまった。後半14分に途中交代。

FWクリスティアーノ(5.5)→守備重視&カウンタースタイルのヴァンフォーレの攻撃を一手に担い存在感もあったが、ボールがあまり回ってこず、来ても相手のマークが厳しかったので突破を仕掛ける機会は少なかった。

【途中交代】
MF保坂(6)→後半14分、ジウシーニョ選手に代わり途中出場。チームの守備構成をさらに強固にするために投入され、稲垣選手が右サイドにポジションチェンジすると結果チームが高いディフェンス力を手にすることができた。しかし攻撃面では物足りず、もう少し攻撃参加しても良いと思う。

MF阿部拓(6)→後半14分、下田選手に代わり途中出場。直線的なドリブルなどゴールに向かったプレーをみせるが、その回数はあまり多くなかった。見せ場はあまり作れず。

FWキリノ(5)→後半32分、河本選手に代わって途中出場。相手へ精力的にプレスをかけにいくものの、コンディションがまだ整ってないのか瞬発力のあるプレーは効果的ではなかった。まだまだ本調子とは程遠い。


【指揮官】
城福監督(7)→この試合に対する心構えや選手たちのモチベーションの維持&重要性や進め方など、チーム全員が共有して同じ気持ちでできていたと思う。交代枠のチョイスも試合の状況から考慮しても選択は納得できる。城福監督が先頭に立ち、強豪相手にチーム全員で掴んだ引き分けだった。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試合終了【横浜F・マリノス戦】

2014-09-27 | Weblog
今までアウェーで行われていたJ1第26節横浜F・マリノス戦ですが、試合結果は0対0のスコアレスドローに終わりました。

慎重に試合を進めていた前半からあまり変わらず、後半の序盤も時間が進んでいきます。横浜は前半チャンスを作っていたジウシーニョ選手をケアし始め、前線のクリスティアーノ選手には1人が密着マークを行いもう一人がフォローに入るなど、常に2人がマークについていましたね。ヴァンフォーレのキーマンを封じることでヴァンフォーレにチャンスらしいチャンスは作らせなかったのですが、その分横浜の攻撃陣もいまひとつ攻めきることができません。変わらず自分たちのスタイルを崩さずに試合を進めるヴァンフォーレと、相手のケアを重視し過ぎて攻めて崩す余力がなくなっている横浜。そのような状態が続けばお互い最低限の仕事はするものの、そこを崩してがむしゃらにゴールを奪いにいく姿勢はとれなかったというのが事実でしょうね。

ヴァンフォーレは前節良い感覚を掴んだ守備陣が崩壊することなくきっちりとゴールに鍵をかけて相手に得点機を許しませんでしたね。特に青山選手は相手のパスに対する‘初動’が早く、空中戦ではほぼ完璧&相手の突破にも懸命についていくディフェンスを披露しました。佐々木選手もバックバスに反応できずに危なっかしいシーンもありましたが、一度抜かれた相手に懸命にしがみつきボールを奪取するなど、強い気持ちをみせてくれました。もちろんボランチの2人の守備意識もとても高く保たれていて、2シャドーも攻撃の起点となる横浜DFのロングフィードにプレッシャーをかけて、プレー精度を落とすなど目立たない努力も頻繁に行っていました。この引き分けは出場した選手全員が同じ意識でプレーしたからこそ掴んだ勝ち点1だったと思いますね。

攻撃陣はやりたいプレーの意図はピッチで見えましたが、パスミスや連係不足もありまだまだ思うように具現化されてない印象ですね。横浜相手にクリスティアーノ選手一人だけ攻めていくのは酷なことで、その点は課題としてこの先工夫して練習で取り組んでいくポイントだと思います。クリスティアーノ選手に合わせるのはシンプルでやりやすい攻撃ですが、そこを抑えられたときのもう一つのアイデアを作っておくべきですね。


…とりあえず簡単な試合内容と結果を先にお伝えしました。選手の評価や会場の様子はまた改めて書きたいと思います。この引き分けによる勝ち点1獲得は評価して良いと思いますよ。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前半終了【横浜F・マリノス戦】

2014-09-27 | Weblog
現在アウェーで行われている横浜F・マリノス戦ですが、前半が終了し0対0の同点でハーフタイムに入っています。

試合の立ち上がりは両チーム慎重な入り方をしていますね。ヴァンフォーレは青山選手を中心に相手のハイボールを跳ね返し、全員が連動してプレッシャーをかけられています。攻撃はクリスティアーノ選手へのロングボールとジウシーニョ選手の右サイドへの展開が目立ちます。一度ミドルシュートで相手GKを強襲する一発を放ちますが、その他は横浜守備陣に封じ込まれている印象です。横浜の方は中盤が厚いイメージを持ちましたね。ヴァンフォーレが一度クリアしても2人目&3人目がフォローに来る印象があります。ヴァンフォーレとしたらこの横浜の中盤の包囲網を飛び越すような大きな展開が後半には必要になってくると思いますね。

前半は両チーム動きを控えていただけに、後半は激しく動いてくることが予想されます。ヴァンフォーレは横浜の攻撃の圧力に負けることなく、冷静に相手が空けるスペースを見つけ出してそこを素早く&鋭く突いていきたいですね。

相手の中盤の網にかからなければ、後半はこのあとヴァンフォーレにチャンスは訪れると思います。交代枠も含めた総力戦でヴァンフォーレが1点をもぎ取り、そのまま勝利したいですね。後半の頑張りに期待しています!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日横浜F・マリノス戦!

2014-09-27 | Weblog



ヴァンフォーレ甲府本日試合があります。アウェー横浜市のニッパツ三ツ沢球技場にて横浜F・マリノス戦です(14時キックオフ)。

前節神戸に勝利して順位を13位までジャンプアップさせたヴァンフォーレ。このまま残留争いから抜け出すためには、この試合での勝ち点獲得が非常に重要になります。アウェーと言えども会場に駆けつけるヴァンフォーレサポーターの力を借りてぜひとも勝利を掴んでほしいと思います。

なおこの試合、アウェーゲームをホームさながらに熱狂的に応援できるパブリックビューイングが甲府市役所前広場で行われます。本日スタジアムに行けない方は甲府でみんなと一緒に応援してみませんか?参加は無料。誰でも楽しめますよ♪

またこのブログでは、試合の途中経過(ハーフタイム時)と結果を速報でお伝えする予定です。そちらもどうぞお楽しみに♪



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜F・マリノス戦見どころ紹介

2014-09-26 | Weblog
前節神戸を2対0で破り、順位を13位にまで上げたヴァンフォーレ。J1残留を争っているグループからは一歩抜け出した感がありますが、まだまだ何が起きるか分かりません。残留を確実に手繰り寄せるためにも、次の試合の結果が重要になります。

明日(27日)にアウェーで対戦するのが横浜F・マリノス。横浜は現在25試合を終えて10勝6分け9敗の勝ち点36で10位につけています。横浜は最近までリーグ戦で4連勝を記録して上位を狙える立場でしたが、途中のナビスコカップで柏に連敗を喫するとチームの調子は下降気味となり、名古屋&鹿島に連敗。前節広島にPKでの1点で辛くも勝利しますが、まだまだ本調子とは言えない状況のようですね。そのチーム状態にさらに追い討ちをかけるように、前節中村選手が体調不良で前半のみの出場となりました。まだ影響は残っているらしく、今回の出場は厳しいとみられています。横浜は大黒柱の彼が抜けたら大きなマイナス要素となりそうですね。


【横浜F・マリノス予想フォーメーション】
     伊藤
佐藤   藤本   兵藤
   小椋 三門
下平 中澤 栗原 奈良輪
     榎本

横浜の基本フォーメーションは4-2-3-1。欠場濃厚な中村選手の代わりには同じくレフティの藤本選手、運動量豊富な佐藤選手が先発し、勝負どころでスピードと突破力で試合の流れを変えられる齋藤選手の起用が考えられます。横浜は得点力不足に悩まされていて、第24節の鹿島戦ではシュートを1本しか打てませんでした。前節もPKによる1点のみとなかなか前線での攻撃の起点が作れないようで、今回は守備重視のヴァンフォーレ相手ということで、チーム状態も考慮してセットプレーなど得点確率の高いプレーを大切に、1点を手堅く狙っていくような攻撃を続けてくると思いますね。

前節の試合ハイライト動画も載せておきます。

14/9/23 J1第25節 横浜F.マリノス vs サンフレッチェ広島 ハイライト

※動画再生時は通信料にご注意ください。


【ヴァンフォーレ甲府予想フォーメーション】
     クリス
    下田 石原
阿部翔 新井 稲垣 ジウソン
 佐々木  山本 青山
      荻

ヴァンフォーレの基本フォーメーションは3-4-2-1。前節ともにゴールを記録して結果を出したクリスティアーノ選手の1トップとジウシーニョ選手のウイングバックでの先発出場は間違いないと思います。前節に引き続き、下田選手と石原選手というチームプレーを重視して精力的に前線でプレスをかけ続けて1トップをフォローできる人材をシャドーとして配置。最前線にポジションのクリスティアーノ選手めがけてのカウンタースタイルを実行していくと思われます。

やはり今回の注目選手もクリスティアーノ選手。これまではチャンスメークやサイドに流れていくなど様々な役割を果たそうとピッチを動き回っていましたが、前節では動き回りたいのを我慢して、ゴールに繋がるプレーに特化したような出来るだけ中央に位置して突破を仕掛ける動きが目立っていましたね。その姿勢が実を結び、先制点を始めとした1ゴール1アシストの活躍で見事チームを勝利に導きました。今回もそのようにゴールに直結するようなプレーを重視してほしいところ。そのためには彼の代わりに前線へプレッシャーをかけていける精力的に動けるシャドーの活躍は重要となります。クリスティアーノ選手と2シャドーの協調性を大切にこの横浜戦でも戦ってほしいと思います。

横浜は競り合いに強い中澤&栗原選手のCBの守備力が特徴的。しかし高さは強くても1対1でのスピードは少し難があると個人的には考えます。特に中澤選手とスピード勝負の場面を多く作れるようにヴァンフォーレは工夫して攻める必要があります。前回対戦時にもサイドのスペースへのロングフィードからマークについた中澤選手を振り切ってクリスティアーノ選手が決定的なシーンを作っていたりしたので、今回も横浜のサイドバックが上がった後の後ろのスペースを効果的にカウンターで突いていき、CBの中澤選手にそのスペースを対応させるような攻撃が求められます。中盤の選手がスペースが空いていることを感じ取ることができるかが横浜守備陣打開の‘鍵’となりそうですね。

ヴァンフォーレがいつも通り守備をしっかり固めてディフェンシブに試合を進め、横浜がポゼッションを高めてボールを保持していくのが展開の形となると思いますが、そこからいかに長い時間我慢できるかがヴァンフォーレのポイントとなります。横浜がヴァンフォーレの守備を崩しきれずに、勝つためにサイドバックなど人数をかけて攻撃に出てくるその瞬間をヴァンフォーレは狙っていきたいですね。そのためには相手に先制点を与えないことがとても重要で、自陣ゴール近くでの不用意なファールも厳禁。横浜は直接&味方に合わせても得点を狙える多彩なセットプレーの武器を持っているので、すぐにゴールに結びついてしまいます。焦れて飛び込むようなディフェンスは行わないように、いかに我慢して集中して相手に対応できるか、ヴァンフォーレの守備の真価が問われる試合になりそうですね。


横浜は3月23日に行われた第4節でヴァンフォーレに0対1と敗れています。今回はそのリベンジを果たそうと相当な覚悟と準備でこの試合に臨んでくることが予想されます。柏や名古屋など前回対戦のリベンジを達成されているヴァンフォーレにとって、今回はそのようなことのないように気持ちで勝っていくことも必要です。今回アウェーといえども勝算はあると個人的には思います。勝ちにいきましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴィッセル神戸戦の写真公開

2014-09-25 | 写真



23日にホーム中銀スタジアムで行われたJ1第25節ヴィッセル神戸戦の試合の様子を、たくさん写真に収めてきましたのでここで紹介させていただきます。





スタジアムに到着すると待っている光景。家族連れなど屋台やイベントで賑わうヴァンフォーレパーク。この光景を見るとだんだんとテンションが上がってきます。




もちろんマスコットショーはやりましたが、この日のスタジアム内のヴァン君&フォーレちゃんの露出は控えめ。カートで颯爽と乗っていってしまいました。各イベントの時間が押していたかもね~。




アウェーの神戸サポーター。やはり祝日ながら週末ではなかったことでその数は少なめ。一角にキュッと固まって応援していましたよ。






‘オータムジャンボ’応援プラカードを掲げて雰囲気を盛り上げるスタンド。スタジアムが一体となってヴァンフォーレを応援している気分になれます。




キックオフ直前、円陣を組んだあとに意気揚々とセンターサークルに向かっていくクリスティアーノ選手。一人で向かっていくその後ろ姿にこの試合に対する気迫が感じられました。




前半は守備を固めながらもカウンター攻撃で攻めこむ機会が多かったですね。阿部翔選手のCK。





FKのキッカーとなる阿部翔選手&こちらは少し遠い位置からシュートを放つ阿部翔選手。ヴァンフォーレに来てからゴールに向かっていくプレーが多く、積極的になっていると思いますよ。





前半35分のクリスティアーノ選手のゴールに沸くサポーター。鋭いカウンターアタックが決まり、欲しかった先制点だったのでその喜びを爆発させています。




一転後半は神戸に押し込まれる時間が長くなり、ヒヤヒヤさせられるシーンもたくさんありました。




屈強な神戸DF増川選手に競り合いを挑むクリスティアーノ選手。完全に腰が引けています(笑)




同時に倒れるジウシーニョ選手と石原選手。特に石原選手は相手からプレッシャーをかけられて倒されるシーンが目立ちました。ファールを誘い確実にマイボールにする老獪なテクニックはベテランがなせる技ですね。でもケガには注意してもらいたい。




後半35分のジウシーニョ選手のゴールに大盛り上がりのスタンド。






ジウシーニョ選手はゴール裏に駆け寄り喜びを爆発させます。ジウシーニョ選手は待ちに待ったヴァンフォーレ加入後初ゴール。クリスティアーノ選手も彼の直向な努力を知っているだけに自分のゴールのように嬉しかっただろうねぇ。




そのゴール直後に交代。城福監督ともガッチリ握手をかわします。




そして迎えた歓喜のとき。城福監督は勝利をかみ締めるように小さくガッツポーズしていました。




試合終了後スタンドに挨拶に回る選手たちは笑顔で足どりも軽やか。







やはりこの試合のヒーローは彼らでしょう!クリスティアーノ選手は第18節徳島戦以来6試合ゴールが奪えていなかったし、ジウシーニョ選手にいたっては昨年6月にヴァンフォーレに加入してから35試合ノーゴールだったので、ゴールという結果が今まで彼らについていた見えない‘足鉄球’を取り除いてくれることになるでしょうね。





ブラジル人選手がたどたどしくも懸命に日本語で気持ちを伝えようとする姿は感動します。これからもこのような光景をたくさん見たいですね♪




2対0で勝利したヴァンフォーレ。この節は残留争いに参加する他のクラブが軒並み敗れたため、ヴァンフォーレは順位を2つ上げることに成功し13位となりました。残留ラインから少し差がつきましたが、もちろん油断は禁物。戦力で劣るヴァンフォーレは常に集中し、万全の準備をしていかないと勝負になりません。今回と同じような勝つんだという強い気持ちを最大限発揮して、これからの試合に臨んでほしいと思います。




サポーターも頑張る選手たちに最大級のエールを送っていきましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試合結果【ヴィッセル神戸戦】

2014-09-24 | Weblog
昨日(23日)18時よりホーム中銀スタジアムにて行われたJ1第25節ヴィッセル神戸戦ですが、試合結果は2対0でヴァンフォーレが勝利しました!ヴァンフォーレの得点は、前半35分のクリスティアーノ選手のゴールと後半35分のジウシーニョ選手のゴールでした。

前半をクリスティアーノ選手のゴールにより1対0で折り返したヴァンフォーレ。後半は相手の神戸が巻き返しを図ろうと攻勢を強めてくるなかで、守勢に回ることが多くなります。しかしそれはヴァンフォーレとしてみたら想定内の出来事で、リードしてからいかに良い継続したディフェンスを行っていけるかが勝利への‘鍵’となっていました。

勝敗を分けたポイントとして、今回はヴァンフォーレのボランチ2人の守備がとても良かったと思います。コレクティブに動ける新井選手を中心に、豊富な運動量でピッチを駆け回る稲垣選手が形成するボランチの守備時の働きは、中盤の底のポジションで存在感を放ち中盤に安定感をもたらしました。神戸はシンプリシオ選手にボールが入ると、中央の森岡選手やマルキーニョス選手&ペドロ・ジュニオール選手らにまずは繋げてくるので、ヴァンフォーレはディフェンスを中央に絞ることで相手のパスコースを遮断してなおかつプレッシャーをかけやすくしていましたね。神戸は意図的に中央のラインを遮断されていたので、後半頭から左サイドに相馬選手を起用してサイドから早めにクロスボールを中央に入れていく戦法も組み込んできました。それは流れ的には中央が塞がれたのでサイドからピッチをワイドに使うという意図がみえる攻撃でしたが、クロスを中央でタイミング良く合わせられる存在がおらず次第にヴァンフォーレもこの展開をあまり重要視しなくなります。神戸はヴァンフォーレにサイドを意識させることで中央突破をしやすくする策略があったと思いますが、ヴァンフォーレは惑わされることはなかったですね。神戸の強力攻撃陣に押しこまれることはあっても、シュートの場面でプレッシャーを与えることができていました。

ヴァンフォーレの攻撃は完全なカウンタースタイル。下田&石原選手をシャドーに起用したように、精力的に動ける選手が1トップのクリスティアーノ選手を最大限フォローする役割を担いました。前半35分の先制点はまさにカウンター攻撃が実を結びました。クリスティアーノ選手もむやみにサイドに流れていくのではなく、常に中央にいるという意識でやっていましたね。その意識が今回のゴールを生んだと思います。後半35分の得点も素早い攻撃から最後は前線に上がっていたジウシーニョ選手が右足でゴールに流しこみ、貴重な追加点となります。ジウシーニョ選手は昨年6月にヴァンフォーレに加入して以来、移籍後初ゴールがこの勝利を呼び込む一撃となりました。


J1 2014 第25節 ヴァンフォーレ甲府ーヴィッセル神戸

※動画再生時は通信料にご注意ください。


2対0で神戸に勝利したヴァンフォーレ。相手の長所を消しながら自分たちのストロングポイントを出していき、決めるべく選手が決める&決めてほしい選手が決める。チームとしてはまさしく理想的な試合展開になったと思います。この勝ち点3獲得の影響は大きく、その他の試合で残留争いに参加するクラブは軒並み敗れています。今節はヴァンフォーレの‘一人勝ち’状態で順位も13位にジャンプアップ。降格圏から勝ち点差を‘4’引き離すことに成功しています。勝利はとても嬉しいのですが、ここは喜びをグッと我慢して次戦に向けて気を引き締めなければいけません。グループから一歩抜け出した状態を維持するためには次がとても大切。次節はアウェーで横浜戦ですが、ここで勝ち点をもぎ取ることができれば精神的にもさらに充実した雰囲気になってくるでしょう。

まずは神戸戦での勝利おめでとうございます。この上昇ムードを引き続き発揮していきたいですね。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前半終了【ヴィッセル神戸戦】

2014-09-23 | Weblog
現在ホーム中銀スタジアムにて行われているヴィッセル神戸戦ですが、前半が終了し1対0でヴァンフォーレがリードしています。ヴァンフォーレの得点はクリスティアーノ選手のゴールでした。

前半の印象は神戸がボールを保持してポゼッションを行い、ヴァンフォーレは守備を固めてカウンター狙い。メンバーから見ても1トップのクリスティアーノ選手を最大限フォローすることのできる2シャドー(下田&石原選手)を採用していますね。クリスティアーノ選手を狙いロングボールを蹴り、クリスティアーノ選手の個の力でマークしている相手を突破していく戦術を試しています。その方法が実り、左サイドから阿部翔選手が前方へアウトにカーブをかける巧みなパスで抜け出したクリスティアーノ選手。相手DFが寄ってくる前に素早くシュートを放ち、それがゴールに結びつきます。

待望の先制点を手に入れたヴァンフォーレですが、強力な攻撃陣を揃える神戸相手なので1点ではまだまだセーフティゾーンではありません。後半はこのまま守備を重視しながらカウンターを狙ってゴールに襲いかかる姿勢をみせ、あわよくば追加点を奪って2対0で勝利したいですね。応援で選手を後押しして一丸で勝利を掴みましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日ヴィッセル神戸戦!

2014-09-23 | Weblog



ヴァンフォーレ甲府本日試合があります。J1第25節ホーム中銀スタジアムにてヴィッセル神戸戦です(18時キックオフ)。

J1残留へ向けて負けられない戦いが続いているヴァンフォーレ。今シーズンも残り10戦となり、ホームゲームでは全勝する意識で臨んでいきたいですね。そのためにはホームゲームに集まる大勢のサポーターの力は大切です。挫けそうになる選手たちの気持ちを鼓舞し、頑張ろうとする気持ちを後押しするサポーターの応援でチームを勝利に導きましょう!みんなこれからもずっと‘J1’にいたいですよね?後悔しないように今から戦っていきましょう!


なおこのブログでは、試合の途中経過(ハーフタイム時)と結果を速報でお伝えする予定です。そちらもお楽しみに♪




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加