ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと14年目を迎えました。目標はJ1復帰ズラ!

グループリーグ突破条件

2014-05-31 | Weblog
28日の浦和戦に敗れたヴァンフォーレ。この試合前まではナビスコカップでグループ首位の座にいたのですが、2位に転落。一転グループリーグ敗退の可能性がかなり高くなってきました。しかしまだグループリーグ突破の可能性は残されており、希望がある限りはその座を自ら捨ててはいけません。そこでヴァンフォーレが決勝トーナメントに進出できる条件を書きたいと思います。まずはヴァンフォーレが所属しているグループBで、グループリーグ突破の可能性を残している5チームの順位表を見てみましょう。


【ナビスコカップグループB順位表】
1位:浦和レッズ(12)+3
2位:ヴァンフォーレ甲府(10)+5
3位:名古屋グランパス(10)+3
4位:柏レイソル(8)+3
5位:アルビレックス新潟(7)-1
()内は勝ち点

次にグループリーグ最終節(第7節)の対戦カードもご覧ください。

【第7節】 6月1日(日)
浦和レッズvs名古屋グランパス
柏レイソルvs徳島ヴォルティス
大宮アルディージャvsアルビレックス新潟
※ヴァンフォーレは試合なし


ヴァンフォーレはすでにグループリーグの日程をすべて消化しており、6月1日には試合がありません。よって勝ち点10(得失点差+5)の状態で終了。よって他のチームの結果待ちとなります。ヴァンフォーレはグループ2位での突破が唯一の道となりますが、最終的に2位をキープするには下の条件をすべて満たすことが絶対条件となります。


6月1日の試合で…
☆浦和が名古屋に勝利
☆徳島が柏に勝利か引き分ける
☆新潟が6点差以内の勝利&引き分け&負け


まあ3つ目の条件は現実的ではないにせよ、上の2つがポイントになります。浦和は現在首位と好調を維持していて、最終節ではホームゲームで試合を行うことができます。グループ3位のクラブが相手ですが、ドイツへ移籍する原口選手のラストゲームということと、リーグ戦から続く手堅いサッカーを実行できれば白星の可能性は高いと思われます。問題は徳島。これまでリーグ戦ではヴァンフォーレに勝利しFC東京に引き分けた勝ち点4のみとJ1の洗礼を受けており、ナビスコカップグループリーグでは前節大宮に引き分けた勝ち点1のみと良いところをほとんどみせられていません。そんな徳島が現在好調の柏に勝ち点を奪えるか非常に厳しい状況。しかし最近の試合では堅実なサッカーができつつあるので、なんとか接戦に持ちこんで徳島の意地を見せてほしいと思います。

一時はグループ首位に立ち決勝トーナメント進出に王手をかけていたので、ここまで来たらなんとしても次のステージへ行きたいですね。可能性を信じて状況を見守っていきましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナビスコカップ浦和レッズ戦の試合ハイライト動画

2014-05-30 | 動画
28日にホーム中銀スタジアムにて行われたナビスコカップ第6節浦和レッズ戦の試合ハイライト動画が、YouTubeにありましたのでここで紹介します。


ナビスコカップ 第6節 ヴァンフォーレ甲府ー浦和レッズ

※動画再生時は通信料にご注意ください。


シュート数はヴァンフォーレの方が圧倒的に多かったのですが、やはり上位にいるクラブやってくる決定機を見逃しませんね。ヴァンフォーレは前半にあった決定機に得点を1点でも取っていれば状況はまた変わっていたかもしれませんね。でも選手たちは果敢にチャレンジして良い試合をしてくれました。今回は残念でしたが、可能性を信じて待つしかありませんね。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試合結果【ナビスコカップ浦和レッズ戦】

2014-05-29 | Weblog
昨日(28日)にホーム中銀スタジアムにて行われたナビスコカップ第6節浦和レッズ戦ですが、試合結果は1対2でヴァンフォーレは敗れてしまいました。ヴァンフォーレの得点は後半に挙げたクリスティアーノ選手のゴールでした。


やはり予想通り先制点が試合の行方を大きく左右しましたね。前半早々のセットプレーからの失点。現代サッカーではセットプレーのチャンスを活かすものが試合を制すと言われるくらい重要な要素となっており、それを試合序盤に確実にモノにする浦和はしたたかでしたね。最近の組織的に進めていく浦和のサッカーには欠かせない得点パターンで、ヴァンフォーレも十分警戒してたとはいえ非常に悔しい先制点となりました。1点リードを奪うと最近の試合で1対0の接戦の展開を勝ってきた浦和は自信を持って試合を進めてきます。そんな中でもヴァンフォーレはアグレッシブに攻守に奮闘し、自慢の守備力を活かしつつ攻撃でもその存在感を発揮していました。

その姿勢が実を結んだのは後半8分でした。盛田選手の低いクロスボールをクリスティアーノ選手が合わせて同点に追いつくことに成功します。同点弾後もヴァンフォーレの堅守は光っていて、しばらくは相手にシュートを打たせないディフェンスができていたのですが、ここで状況を打開できる力を持っているのが浦和でしたね。後半29分、李選手からのスルーパスに反応した梅崎選手の一撃。前半には稲垣選手や石原選手が決定的な場面で得点できないヴァンフォーレに対して、浦和はやってくるチャンスを確実に掴むところをみると、やはりそこで実力の差が出てしまっていた気がします。ヴァンフォーレは最後まで健闘したのですが、終わってみれば接戦を制す経験を持っている浦和の磐石の勝利だったように思いますね。

良い内容のサッカーをしたと思いますが、やはりホームゲームだったこと、またこの試合勝利したら決勝トーナメントに進出できたということを考えると、ヴァンフォーレは勝たなければいけなかった試合でした。浦和は強かったのですが、そこを乗り越えて次のステップへ進む意義や1点の重みというのを肌で感じることができたと思います。この経験をリーグ戦に活かしていくべきです。このあと長い中断期間に入りますが、この貴重な経験を忘れずにいてほしいですね。


敗れたヴァンフォーレは勝ち点上積みができず勝ち点10のまま。勝利した浦和はグループ2位以内が確定し決勝トーナメント進出決定。ヴァンフォーレは最終節となる第7節は試合がありません。勝ち点10で並んでいる名古屋と勝ち点8の柏、勝ち点7の新潟の結果待ちとなりますが、決勝トーナメント進出へ向けて非常に厳しい立場となっていることは間違いなさそうですね。しかし可能性のある限り突破を信じて結果を待つのみです。天に運命を任せましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日ナビスコカップ浦和レッズ戦!

2014-05-28 | Weblog



ヴァンフォーレ甲府本日試合があります。ナビスコカップ第6節ホーム中銀スタジアムにて浦和レッズ戦です(19時キックオフ)。

ナビスコカップで快進撃を続けているヴァンフォーレ。この浦和戦で勝利できればグループリーグ突破&決勝トーナメント進出が決まるので、ぜひホームゲームで白星を挙げてサポーターと喜びを分かち合ってほしいですね。


【ヴァンフォーレ甲府決勝トーナメント進出への条件】
浦和戦勝利(勝ち点13)→グループ2位以内確定(決勝トーナメント進出)
引き分け(勝ち点11)→ヴァンフォーレが試合のない第7節で、浦和・柏・名古屋の結果待ち(名古屋は第6節で勝ち点1以上の積み上げが条件)
負け→ほぼ敗退決定


ぜひみんなの力で勝利を掴みとりましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪






※おまけ
写真は2007年の国立ホームゲームにゲストで来てくれた歌手の大黒摩季さん。当時と同じ浦和戦ということだけで載せました。みんなでラララ~♪って手を振って盛り上がったなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナビスコカップ浦和レッズ戦見どころ紹介

2014-05-27 | Weblog
ナビスコカップで快勝劇が続いているヴァンフォーレ。前節の大宮戦では3得点、その前の徳島戦では4得点、中断期間前最後のリーグ戦だった柏戦の3得点を含めると、3試合で10得点と攻撃陣が覚醒しています。もちろん攻撃陣が好調でたくさんゴールを記録するのは良いのですが、個人的には得点量産の影に隠れた失点数の少なさの方を評価したいですね。一般的に得点をたくさん取ると守備がおろそかになって失点も増えると言われていますが、現在のヴァンフォーレは城福監督が目を光らせており、そのような気の緩みは滅多に見られません。ここ3試合で1失点のみと自慢の守備の固さも健在で、得点数アップ&失点数減少が同時に起きている理想的な展開となっています。

その好調ヴァンフォーレがナビスコカップで明日ホームに迎え撃つのが浦和レッズ。浦和は現在2位ながらもこの試合に勝利したらグループリーグ突破&決勝トーナメント進出が決まるので、ヴァンフォーレに勝利して決める覚悟で小瀬にやってきそうですね。ヴァンフォーレも浦和に勝利できたら2位以内が確定するので、なんとしてもここで決めておきたいところです。

【浦和レッズナビスコカップ第5節アルビレックス新潟戦スタメン】
GK加藤
DF槙野、那須、森脇
MF阿部、青木、梅崎、興梠、柏木、平川
FW李


浦和の基本フォーメーションは3-6-1(3-4-2-1)。最近の浦和は個のパワーで押し切るよりも組織的に試合を進めていくことが多くなり、1点のリードを計画的に守って白星を得る確率を高くするようなサッカーが展開されています。攻撃の中心だった原口選手のヘルタ・ベルリン移籍が決まり、まだ所属してますがこの試合で出場するかどうかは微妙。おそらく李選手の1トップに興梠&柏木選手の2シャドーの構成になると思われ、原口選手が抜けても十分穴埋めできる戦力が揃っています。しかし浦和は組織的なサッカーでチームの総合力は高くなりましたが、攻撃陣の爆発力は以前よりも少し落ちた印象があります。ヴァンフォーレとしたら常に先手先手で試合の主導権を狙っていき、浦和の計画的に進める戦術のペースを乱すようなサッカーをしたいですね。


【ヴァンフォーレ甲府ナビスコカップ第5節大宮アルディージャ戦スタメン】
GK荻
DF佐々木、山本、青山
MFマルキーニョス・パラナ、稲垣、阿部、クリスティアーノ、水野、松橋
FW盛田


ヴァンフォーレの基本フォーメーションは3-6-1(3-4-2-1)。連続ゴールで調子が上向きだった水野選手の負傷離脱はチームにとって大誤算でしたが、同じポジションで久しぶりに試合出場(途中出場)を果たした河本選手がスーパーミドルをゴールに突き刺すという強烈なインパクトを残しました。現在はチームのマイナス点よりも得点を量産しているというプラス要素の方が目立っており、この調子の良さをいかに長く続けることができるかが浦和戦勝利のポイントとなりそうですね。選手個々の力やチームの総合力ではかなりの差があり通常では太刀打ちできない相手に、戦術の工夫と相手チームの研究、選手たちのモチベーションの高さで勝負できるレベルまで持っていきたいところ。浦和もリーグ戦&ナビスコカップ含めてここ5戦で4勝1分けと好調を維持。しかし唯一の引き分けがヴァンフォーレ戦であることから、どこかしらでやりにくい先入観は持っているはずです。両チームとも先行逃げ切り型なので、ヴァンフォーレは勢いの良さをスタートから発揮して先制点を狙い、そのまま逃げ切る展開に持っていきたいですね。

クリスティアーノ選手はナビスコカップ5得点と得点ランキングトップを快走中。両ウイングバックが上がることによるマークの分散化で全方位のプレッシャーから解放されるクリスティアーノ選手。この浦和戦はこれまでのように伸び伸びとプレーできないかもしれませんが、それでも最近のプレーぶりから試合中確実に決定的チャンスは訪れると思います。そこで決めるかで彼の評価は格段に違ったものになると思います。ヴァンフォーレの真のエースとなったクリスティアーノ選手が活躍してヴァンフォーレが勝利し、チームを決勝トーナメント進出へ導くことが我々サポーターの願いです。クリスティアーノ選手&ヴァンフォーレがさらに進化した姿を浦和戦で見たいですね。


勝てばヴァンフォーレのグループ2位以内が確定します。なので絶対勝ちましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナビスコカップ大宮アルディージャ戦の試合ゴール動画

2014-05-26 | 動画
24日にホーム中銀スタジアムにて行われたナビスコカップ第5節大宮アルディージャ戦の試合ゴール動画が、YouTubeにありましたのでここで紹介したいと思います。


ナビスコカップ 2014 第5節 ヴァンフォーレ甲府ー大宮アルディージャ

※動画再生時は通信料にご注意ください。


最近のヴァンフォーレは得点をとる時間帯が効果的だと思いますね。試合の序盤に1点、前半終了間際に1点、そして終盤に1点。相手チームが失点するとショックを受けやすい時間帯、こちらも得点すると落ち着いてこれからの展開を進められるような時間帯にゴールできているので、理想的な試合展開に近づいていると思います。

クリスティアーノ選手はこれまではなにかすべての力を発揮できないモヤモヤ感がどこかしらであったのですが、最近の活躍で完全にヴァンフォーレのサッカーに溶け込めたと思いますね。攻撃のサポートが多くなったのも要因の一つですが、今は伸び伸びとプレーできていると思います。この感覚を忘れずに中断期間後も大暴れしてほしいですね。

そして河本選手。最近の試合ではメンバーから外れていたのですが、久しぶりのベンチ入りで復帰した試合で結果を出すということは、やるんだという気持ちがみなぎっている証拠だと思います。このスーパーゴールで今後活躍するきっかけを掴んでいたら良いですね。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試合結果【ナビスコカップ大宮アルディージャ戦】

2014-05-25 | Weblog
24日の14時よりホーム中銀スタジアムにて行われていたナビスコカップ第5節大宮アルディージャ戦ですが、試合結果は3対0でヴァンフォーレが勝利しました!ヴァンフォーレの得点はクリスティアーノ選手の2ゴールと河本選手のゴールでした。


序盤からヴァンフォーレが積極的に仕掛けていき、試合の主導権を握ります。クリスティアーノ選手を攻撃の中心として、稲垣選手のミドルシュートがポストに当たったり決定的チャンスを何度も作っていきます。しかしなかなか得点が奪えずに苦しみます。前半34分には水野選手が足の筋肉系の負傷を訴えて途中交代するという不測のアクシデントが起こりますが、そのモヤモヤした雰囲気を一気にかき消したのはクリスティアーノ選手でした。

前半34分、佐々木選手の浮き球ミドルパスをエリアライン付近でクリスティアーノ選手が前を向きながら完璧なトラップ。そしてトゥキック気味にシュートを放ち先制点を挙げることに成功します。この得点が試合全体の流れを決定付ける一撃となりましたね。2点目は前半終了間際。エリア内でパスに反応した松橋選手が相手DFに倒されてPKを獲得。そのPKをクリスティアーノ選手が短い助走からGKの逆サイドに蹴りこみ追加点を挙げて、ヴァンフォーレは試合をより優位に進めることに成功します。

ここから2点リードの状態がしばらく続きますが、後半ロスタイムに途中交代で入った河本選手がバイタルエリアにドリブルで侵入し、距離のある位置から右足を一閃。ドライブ気味にかかった弾道はゴール上隅に吸い込まれ、相手GKが一歩も動けない鮮やかなダメ押し点となりました。ここ最近の試合は出番に恵まれなかった河本選手。本人にとって相当悔しい時期を過ごしたと思いますが、その悔しさが一気に晴れるような見事なゴールでしたね。ヴァンフォーレにとっても同ポジションの水野選手が負傷し戦力ダウンが叫ばれていただけに、貴重な戦力が逞しい状態で戻ってきてくれたと思っているでしょう。試合は3対0と快勝。リーグ戦柏戦から得点が量産できる好調さは健在のようですね。


【ナビスコカップBグループ順位表】
1位:ヴァンフォーレ甲府(10) +6 残り試合数:1
2位:浦和レッズ(9) +2 残り試合数:2
3位:柏レイソル(8) +4 残り試合数:2
4位:名古屋グランパス(7) +2 残り試合数:2
5位:アルビレックス新潟(7) -1 残り試合数:1
6位:大宮アルディージャ(1) -6 残り試合数:2
7位:徳島ヴォルティス(0) -7 残り試合数:2
※()内は勝ち点


大宮に勝利したヴァンフォーレは勝ち点10でグループB首位に立っています。ヴァンフォーレに続くのは浦和(9)・柏(8)・名古屋(7)。大宮と徳島はグループリーグ敗退が決定。勝ち点7の新潟は残り試合が1試合しかないため、突破の可能性は低くなっています。事実上上位4チームで決勝トーナメント進出の2つの椅子を争うことになりますが、ヴァンフォーレは他の3チームよりもすでに試合数を1つ多くこなしています。3位の柏や4位名古屋が残りの試合で連勝すると勝ち点13・12となるので、ヴァンフォーレはやはり次の浦和戦で勝利が求められますね。グループ首位にいるからと安心せず、気を引き締めて貪欲に勝利を狙っていきましょう。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日ナビスコカップ大宮アルディージャ戦!

2014-05-24 | Weblog



ヴァンフォーレ甲府本日試合があります。ナビスコカップ第5節ホーム中銀スタジアムにて大宮アルディージャ戦です(14時キックオフ)。

前節徳島に4点を奪って勝利したヴァンフォーレ。順位も2位に浮上していますが(勝ち点7)、4位の浦和(勝ち点6)や5位名古屋(勝ち点4)などヴァンフォーレが試合日ではない6月1日にも試合を残しているので全く油断できません。今回ホームに迎える大宮に勝利して、グループリーグでヴァンフォーレが主導権を握っていきたいですね。

本日の天候は快晴で少し暑い気温になるかもしれません。ヴァンフォーレのナビスコカップグループリーグ日程の中で唯一のデーゲームなので、現地で観戦される方は水分補給や暑さ対策をしていったほうが良さそうですね。試合にも勝って晴れ晴れとなりたいですね。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナビスコカップ大宮アルディージャ戦見どころ紹介

2014-05-23 | Weblog
先日のアウェー徳島戦で4対1と勝利してグループ2位に浮上したヴァンフォーレ。リーグ戦はW杯開催に伴う中断期間に入っているので、今はこのナビスコカップに全精力を傾けられます。グループ上位2チームに与えられる決勝トーナメント進出を目指して、5月中は負けられない試合が続きます。

対戦相手の大宮アルディージャ。リーグ戦では17位と降格圏内に低迷しており、カップ戦の試合で結果を出して浮上のきっかけを掴みたいところ。グループ6位(勝ち点1)の大宮はヴァンフォーレよりも1試合多く残していますが、このヴァンフォーレとの一戦に勝利しないとグループリーグ突破の可能性が極めて低くなるので、結果を求めて現実的な戦い方をしてきそうです。

【大宮アルディージャナビスコカップ第4節名古屋グランパス戦スタメン】
GK江角
DF中村、高橋、菊地、今井
MF渡邉、片岡、増田、家長
富山、FW長谷川


大宮の基本フォーメーションは4-2-3-1。シーズン序盤はズラタン&ラドンチッチ選手という外国籍の選手をトップに置く戦術を採用してきましたが、決定力不足が発覚し思うように勝ち星が残せないでいることから、FW長谷川選手をトップに置いたより組織的に進められる戦術に現在は変更されてきました。大宮は低迷しているチーム状態から抜け出そうといろいろなチャレンジを模索している段階で、チームが変化しようとするタイミングでの対戦はヴァンフォーレにとって戦いやすい時期とも言えますね。

注意しなければいけない存在としてMF家長選手を挙げておきます。彼は良い状態でボールを持てばドリブルありラストパスありシュートありと、あらゆる攻撃的なセンスを兼ね揃えている‘特別’な才能を持った存在です。しかし前線での守備意識はそんなに強くなく運動量も多いタイプではないので、彼にゴールに近い位置でボールを渡さないようなディフェンスがヴァンフォーレには求められます。常に彼に気を配り、長所を出させないような対応をしたいですね。そしてトップに入る山梨県出身のFW長谷川選手。ここ最近の試合の大宮の得点はほとんど彼がチームの得点を記録しており、高さを武器にした競り合いには要注意。ラドンチッチ選手&ズラタン選手のような強烈なフィジカル力は感じられないものの、その分粘り強いチェイジングなどチームに貢献するプレーを発揮してくると思われます。そして終盤大宮が押し込みたいときに投入されるFWラドンチッチ選手のパワープレーにも警戒が必要です。


【ヴァンフォーレ甲府ナビスコカップ第4節徳島戦スタメン】
GK荻
DF松橋、津田、新井
MF稲垣、保坂、福田、下田、水野、橋爪
FWクリスティアーノ


中断前最後のリーグ戦になった柏戦で3対0、直近のナビスコカップ徳島戦で4対1といずれも快勝できたヴァンフォーレ。得点する快感を掴んだ今、この大宮戦で注意すべきポイントは‘攻撃に意識を片寄りすぎないこと’。現在得点を取れる嗅覚が働いているかもしれませんが、そこはぐっと我慢してまずは守備をしっかり形成することが大切になります。守備の意識を常に持ちつつ自分たちのスタイルを表現してから、余裕があれば両ウイングバックの積極的な攻撃参加などを仕掛けてほしいですね。というのも勢いに乗っているときにはリズム良くゴール前まで運べるのですが、そこで決められないと次第に余計なことを考えだして攻撃のリズムが悪くなることが多々あります。攻撃に意識がいった状態でうまくいかないからとすぐに元の守備スタイルに戻すことは容易ではないため、まずは今シーズンのチームコンセプトになっている失点を出来る限り減らしていくことを重視して、浮かれない地に足をつけたサッカーをしてほしいですね。


ここで勝利を収めることが決勝トーナメント進出を近づけることに繋がっていきます。勝ってグループリーグ突破に王手をかけましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナビスコカップ徳島ヴォルティス戦の試合ゴール動画

2014-05-22 | 動画
昨日(21日)にアウェーで行われたナビスコカップ第4節徳島ヴォルティス戦の試合ゴール動画が、YouTubeにありましたのでここで紹介したいと思います。


ナビスコカップ 2014 第4節 徳島ヴォルティスーヴァンフォーレ甲府

※動画再生時は通信料にご注意ください。


ヴァンフォーレは試合開始早々の1点と20分の2点目、前半ロスタイムの3点目と効果的な時間帯で得点することができましたね。特に2点目のクリスティアーノ選手のゴールには、マークがついていた選手が競り負けてセンターサークルから一人で突破されてゴールに結びついたので、徳島としては相当ショックが大きかったと思います。リーグ戦の柏戦では3得点、そして今回が4得点。ゴールがたくさん決まることは嬉しいのですが、やはり今シーズンのヴァンフォーレは守備重視のチームなだけに少し不安な気持ちが芽生えてしまいます。…考え過ぎですね。

この勢いに乗った状態で残りのグループリーグ2試合を戦い、連勝で決勝トーナメント進出を決めたいですね。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加