ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと13年目を迎えました。目標はJ1中位定着ズラ!

試合終了【ジュビロ磐田戦】

2013-08-31 | Weblog
本日19時より行われていたジュビロ磐田戦ですが、試合が終了し1対1の引き分けで終わりました。ヴァンフォーレの得点は後半40分に挙げたFWパトリック選手のゴールでした。

前半をスコアレスで折り返したヴァンフォーレ。後半も前半とペースを変えずに落ち着いた感じでスタートします。一方の磐田も同じような入り方だったのですが、やはり磐田は勝つことが大前提ということで次第に縦に入るパスが多くなり、ゴールを狙う姿勢を鮮明にします。しかしエリア内でファールを貰うような磐田の誘いにヴァンフォーレは冷静に対処。外へ押し出してからのクロスボールへの準備は出来ており、しっかりと対応できていたと思います。

しかし前節の広島戦と違う点が‘攻撃で起点が作れなかったこと’。守勢に追われていても攻撃する時間があったので前回は守備陣が休める機会があったのですが、今回はその時間がなく徐々にスタミナを浪費していった感じがしましたね。そして後半36分に奪われた相手MF山田選手の先制点。守備の意識が高かったところでゴールを許してしまったので、選手たちのショックが隠しきれなかったと思います。

その雰囲気を変えたのが城福監督の采配。残っていた2人の交代枠でMF水野選手とFW平本選手を同時に投入し、一気にオフェンス主体のチームに変わったヴァンフォーレ。後半40分に右サイドからの展開からバイタルエリアで平本選手がワンタッチで中央にヒールパス。その動きで一瞬マークが外れたパトリック選手が前を向き、冷静に右足を振り抜いてゴール。見事同点に追いつくことに成功しました。シュート前に保坂選手がゴールに走る動きを見せ、そのプレーにつられた相手DFの対応が遅れたのも得点に結びついた要因となりました。保坂選手の陰の努力が実を結びましたね。

あとの時間は体力が残っていないヴァンフォーレの選手たちは守備に奮闘し、ロスタイムさらに攻勢を強めてくる磐田攻撃陣に手を焼きますが、なんとか凌ぎきって試合終了。戦い方からこの試合はアウェーで引き分けに終われば上出来と考えられてきたようですが、なんとか計画通り展開を持っていけたという印象ですね。すぐ下にいる湘南はこの節勝利したためヴァンフォーレとの勝ち点差は縮まってしまいましたが、残留を争うライバル磐田との差は変わらずに試合数を減らすことに成功しました。

まだ残留争いは続きますが、ひとまずホッとできるような成果が残せたと思いますね。天皇杯を挟んでリーグ戦となりますが、その間に少しでも休んで蓄積疲労を取り除いてほしいですね。


【勝ち点45への道】
★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★
★★★★★☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆

勝ち点1の上積み。この勝ち点1が後に大事になったりします。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前半終了【ジュビロ磐田戦】

2013-08-31 | Weblog
現在アウェーで行われているジュビロ磐田戦ですが、前半が終了し0対0の同点でハーフタイムに入っています。

前半は両チームとも動きがあまり激しくなく、様子を伺っている感じですね。その中でヴァンフォーレは守備をしっかりと形成し、パスは回されているものの相手のシュートを全く打たせていませんね。あとは攻撃。やはりパトリック選手やジウシーニョ選手などにはマークが集中しているので、彼らを囮にして河本選手や福田選手&柏選手などが中央へ切れ込んでシュートを放つ機会を多く作りたいですね。

力を温存していると思うので、攻めるきっかけを得て一気に磐田ゴールに襲いかかってほしいですね。そしてヴァンフォーレが多くゴールを奪ってこの試合勝利してほしいと思います。後半攻勢を仕掛けましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジュビロ磐田戦見どころ紹介

2013-08-31 | Weblog
前節ホームで首位広島を撃破して連勝を飾ったヴァンフォーレ。降格圏内の16位湘南と勝ち点差を‘7’に広げ、順位は変わらないものの順調に勝ち点積み上げが出来ています。降格圏内から完全に離れるためにも、今回の試合ではどうしても白星が欲しいところです。


対戦相手のジュビロ磐田。現在2勝9分け12敗の勝ち点15で17位に位置しています。日本代表が在籍し、能力の高い選手が揃っているのに降格圏内に沈んでいること自体信じられず、チームの中で完全に迷いが生じているようですね。

ここで直近5試合の磐田の成績を見てみましょう。

【ジュビロ磐田直近5試合の成績】
第23節(8月28日) 対アルビレックス新潟(A) 2-4 得点者:前田2

第22節(8月24日) 対FC東京(H) 0-0

第21節(8月17日) 対湘南ベルマーレ(A) 1-1 得点者:駒野

第20節(8月10日) 対サンフレッチェ広島(A) 1-2 得点者:金園

第19節(8月3日) 対名古屋グランパス(H) 2-3 得点者:山田、金園


ここ5戦の磐田の成績は2分け3敗の勝ち点2。勝利は7月10日以来8戦遠ざかっている状況で、接戦に持ち込むものの勝ちきれない&負けてしまう展開が多く見られますね。前節の新潟戦もFW前田選手が2ゴールを挙げて前半で2点のリードを奪うものの、後半に4失点して逆転負けを喫しています。選手個々は技術が高くチームも組織的にやっているのですが、リードすると前へプレッシャーに行けなくなるなど、やはり精神的な問題で崩れる脆さが磐田にはあるようです。

続いて磐田の予想スタメンを見てみましょう。

【ジュビロ磐田予想スタメン】
      前田
山田    松浦     山本康
 カルリーニョス 小林裕
宮崎  藤田  伊野波  駒野
      八田

磐田の基本フォーメーションは4-2-3-1。日本代表に選ばれていたFW前田選手を中心に、山田選手や松浦選手などテクニックで中盤を支配できるような選手が揃います。その中盤の構成力はJ1でトップを争うほどと個人的には思っており、ここを起点にして主に主導権を握り試合を進められたらヴァンフォーレは苦しいゲームになると思います。しかしヴァンフォーレの狙い目も実はそこで、磐田はそのストロングポイントに固執し過ぎて攻撃面でどこか‘ひ弱’なところがあります。また守備でも同様で、ボランチにガチガチ当たってくるような守備をあまりみせないので、比較的容易に攻め込むことができると思います。前田選手は中盤に下がってその組み立てに積極的に参加するタイプなので、DF駒野選手がクロスを上げても前線のターゲットが少なくチャンスに繋がらないケースが多いようですね。

いくつも問題を抱えていそうな磐田ですが、それも結果がなかなか出ずにチームとして自信を無くしていることが低迷の最大の要因だと思います。選手たちのレベルが高いチームは‘きっかけ’さえ掴めばすぐにリズムに乗って快進撃を続ける力を持っているので、ヴァンフォーレとしたら相手に勢いを与えないような試合をしたいですね。ヴァンフォーレの予想スタメンも見てみましょう。

【ヴァンフォーレ甲府予想スタメン】
    パトリック
 ジウシーニョ 河本
福田         柏
    伊東 保坂
 佐々木 山本 津田
      荻

ヴァンフォーレは現在連勝中なので前節とメンバーはほとんど変わらず。累積警告で出場停止となるDF青山選手に代わり津田選手の起用が濃厚のようですね。ヴァンフォーレは守備時にはWBが下がってしっかりとしたブロックを形成し、攻撃はパトリック選手を中心に素早いカウンター攻撃を仕掛けていくスタイルがうまくハマっています。得点が取れている要因はパトリック選手をフォローしていくジウシーニョ選手の働きが大きいと思います。

そのテクニックと仕掛けていく強い気持ちでヴァンフォーレの攻撃のスイッチを入れているジウシーニョ選手。磐田はボランチにディフェンスを得意としているタイプを使っていないため、シャドーの彼がこのポジションから仕掛けることでヴァンフォーレは多くのチャンスを作れそうです。同じポジションの河本選手も同様で、磐田はジウシーニョ選手の凄さを分かっているのでマークを厳しくして警戒してくると思います。その分比較的マークが薄くなる河本選手がゴール前に飛び出してシュートを打てば得点に結びつきそうです。5月のナビスコカップでもこのスタジアムで見せ場を作り、良い雰囲気を持っている河本選手。この試合の勝利の鍵を握る存在として河本選手を挙げておきます。


磐田は前線で体を張って勝負していく選手が少なく、途中出場選手含めて攻撃陣はほとんどがゴール前に飛び出して勝負していくタイプ。ヴァンフォーレはスピードに対応した守備に集中すべきで、前へ前へプレスに行かずに裏のスペースを突かれないようにときにはリトリートするディフェンスも有効でしょう。攻撃ではバイタルエリアでジウシーニョ選手や河本選手が積極的に仕掛けていく展開を多く作りたいですね。この試合意外にたくさんの決定機が訪れると思います。そこで冷静にゴールを入れることができるかが試合の流れを決めるポイントとなりそうです。外し続けたら相手の磐田にリズムが移ると思うので、先制点をしっかり奪うことがヴァンフォーレが勝利に近づく近道となるでしょうね。

不安点は連戦でほぼ同じメンバーで臨むこと。これまでのように組織的に動くことができるか選手たちのスタミナ面の管理と交代策が非常に重要になると思います。ここ最近の試合以上に城福監督の手腕が問われると思いますよ。


4月に行われたリーグ戦の試合ではヴァンフォーレが良い内容で勝利を収めています。今回も磐田に対してのその良い感触&雰囲気を持って今日の試合に臨みたいですね。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日ジュビロ磐田戦!

2013-08-31 | Weblog



ヴァンフォーレ甲府本日試合があります。アウェー静岡県磐田市のヤマハスタジアムにてジュビロ磐田戦です(19時キックオフ)。

前節首位広島に勝利して連勝を記録したヴァンフォーレ。降格圏の湘南との勝ち点差を7に広げ、降格争いから一歩抜け出した感がありますが、この争いから完全に離れなければいけません。今回対戦するのがこれまた降格圏内の17位にいるジュビロ磐田。磐田は残留のためにもう一つも落とせないギリギリの戦いが続いており、残留ライン上にいる15位ヴァンフォーレにまずは勝ちたいという気持ちがあることでしょう。相手は死に物狂いで向かってくるので、気持ちで負けて勢いに乗らせてしまう前にこちらが精神的に相手を上回り、勝ち点3を獲得したいですね。

なおこのブログでは試合の途中経過(ハーフタイム時)と結果(試合終了後)を速報でお伝えする予定です。どうぞお楽しみに。

またこの試合の見どころ紹介は本日正午頃更新する予定です。そちらもお楽しみに♪



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンフレッチェ広島戦の写真公開

2013-08-30 | 写真


28日にホーム中銀スタジアムにて行われたJ1第23節のサンフレッチェ広島戦の試合の様子をたくさん写真に収めてきたのでここで紹介したいと思います。




この日は水曜日平日ということで、選手登場時にはサポーターの数が少なめ。それがキックオフ間際になると…




こうなりました。端までだいぶ埋まっていますね。




ヴァン君&フォーレちゃんは今日も元気です。写真はちょっと暗いですが…。




この試合日本代表のザッケローニ監督が視察に来ていたということで、試合前サインや握手を求める観客がたくさんいましたよ。ザックさん、柏選手はおすすめですよ♪




アウェーの広島サポーター。遠路はるばるご苦労様です。当日は比較的涼しくて甲府の猛暑を予想した方は肩透かしの気温だったかな?ビッグフラッグかっこいい。




試合開始。




守備時は5バック気味になり、相手に隙を与えないヴァンフォーレ。徹底した守備戦術がこの試合の展開にハマったと思いますね。




相手にプレッシャーをかけに行く福田選手。




久しぶりのスタメンとなった伊東選手。味方DFがそのままボールを持って上がって行ったときには、その空いたスペースをフォローするなど‘玄人好み’のディフェンスを敢行していました。





後半保坂選手のゴールが決まり、狂喜乱舞するサポーターと選手たち。あのシュートは素晴らしかった。




ゴール裏サポーターもヒートアップ!




伊東選手に代えて石原選手の投入。2人ともベテラン選手ですが、良くチームのために走ってくれました。




ロスタイムは4分。2点目が後半の比較的早い時間帯だったので、終盤とロスタイムの経過が長く感じられました。ドキドキしていました。





そしてついに歓喜のときが訪れます。2対0で試合終了。首位相手にジャイアント・キリングを達成しました。




試合終了後ヒーローインタビューを受ける柏選手。先制点のゴールはお見事でした。




前線で孤軍奮闘だったパトリック選手。良い選手がヴァンフォーレに来てくれました。




青山選手。相手の攻撃をシャットアウトできた要因は彼が頻繁に跳ね返していたからだと思います。この試合の私的MVPです。




ヒーローインタビューを終えて急いでスタンドに挨拶に回る柏選手と保坂選手。





久しぶりにゴール裏でメガホンパフォーマンスが見れました。これからもこのような光景をたくさん見たいですね。






※おまけ


試合前に配っていたヴァンフォーレうちわに書いてあったメッセージ。どうやら静岡市にある企業(会社?)さんのようですね。メッセージ通り伊東選手は活躍してましたよ♪




ハーフタイム抽選会で当たった茄子(中央市特産の)。初めて当たり、本当に当たるんだと思いました(笑)大きな箱に入っており、片手に他の荷物&片手に茄子の箱を持っていたため両手が塞がっていました。そんな中偶然メインスタンド近くからこちらへ歩いてくる大東チェアマンを発見。接近したのですが状況が状況だけに握手できませんでした。この茄子め~(ニヤニヤ)




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンフレッチェ広島戦独自採点

2013-08-29 | Weblog


現地で自ら観た試合のヴァンフォーレの選手たちの活躍を独自の視点で採点するこのコーナー。今回の対象は第23節のサンフレッチェ広島戦です。


【サンフレッチェ広島戦独自採点】
GK荻(6)→
ハイボールの処理やセーブ面では落ち着いて対応。しかしスローやフィードで迷いが見られミスを連発したのがマイナス点。

DF佐々木(6)→
無難に守備をこなすが、相手からプレッシャーをかけられると慌ててしまう場面がみられた。もう少し堂々とプレーしてほしい。

DF山本(6.5)→
的確なコーチングで守備陣を統率。先読みしてインターセプトを狙うなど存在感を示したと思う。

DF青山(7.5)→
フィジカルの強さは際立つものがあり、空中戦に勝利して次々と広島の攻撃を跳ね返した。スピード対応も見事で、無失点に抑えた原動力となった。この試合のMVPに選出。

MF伊東(6.5)→
主にフォロー役としてベテランらしい陰の気遣いをみせる。DF陣が上がった後の守備のスペース埋めは彼の豊富な経験から成せる巧みの技。

MF保坂(6.5)→
チームの攻守のバランスを良く見てプレー。30mのロングシュートゴールは素晴らしかったが、意外にも他のプレーではあまり目立たなかったと思う。

MF福田(6)→
左WBで先発。ポジションを下げたときの守備対応は良かったが、攻撃面は物足りず。もっと思い切って前線に上がり、クロスボールをたくさん供給したい。

MFジウシーニョ(6.5)→
キープ力とドリブルでの仕掛けはヴァンフォーレの攻撃のスタートスイッチ。一人で状況を打開できるテクニックを持っているが、献身的なプレスも素晴らしかった。相手の脅威となっていたと思う。

MF河本(5.5)→
攻めようとする強い気持ちは分かるが、突っ込み過ぎてイエローを貰うなど少し空回り気味になっていた。

MF柏(7)→
右WBとしてタイミング良く攻め上がり、1対1に勝利して抜け出すシーンも多い。上下動の回数も多く、幅広く動いてサイドを制した。先制点の左足も見事だった。

FWパトリック(7)→
1トップとして強いフィジカルを活かしたポストプレーや突破など攻撃の起点となって活躍。守備意識も高く良かった。得点はなかったが、それに匹敵するくらいの働きぶりだったと思う。


【途中出場】
MFマルキーニョス・パラナ(6)→
後半開始に河本選手に代わり途中出場。ボールを持ち、プレッシャーをかけられると相手をいなす老獪なプレーを披露。右サイドを駆け上がる攻撃的な姿もみせた。27分間でピッチを去る。

MF石原(6)→
後半25分伊東選手に代わり途中出場。ピッチを駆け回り、主に守備面で奮闘。しかし終盤の決定的なシュートは決めたかった。

MF松橋(5.5)→
後半27分マルキーニョス・パラナ選手に代わり途中出場。サイドの活性化を期待されていたと思うが、あまり目立つ活躍は残せなかった。


【指揮官】
城福監督(6.5)→
夏場の連戦と次節勝負の磐田戦を控えていることから選手たちの疲労も考慮しそのメンバー編成に注目が集まったが、監督は流れを変えない作戦に踏み切った。その采配が見事に的中。チームの最大値を出せる選手たちの足取りは軽く、涼しい気候も重なって思い通りのプランが実行できたと思う。相手に長所をほとんど出させず、結果首位を撃破し貴重な勝ち点3を積み重ねることに成功した。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試合終了【サンフレッチェ広島戦】

2013-08-28 | Weblog
今までホーム中銀スタジアムにて行われていたサンフレッチェ広島戦ですが、試合が終了し2対0でヴァンフォーレが勝利しました!ヴァンフォーレの得点は前半の柏選手と後半の保坂選手のゴールでした。

前半を1対0のリードで折り返したヴァンフォーレ。後半は前半よりも守勢にまわる回数が多かったのですが、DF青山選手を中心にサイドから展開される広島の攻撃を跳ね返し、相手にリズムを与えません。ヴァンフォーレは後半頭に河本選手に代えてマルキーニョス・パラナ選手を投入したことで前線の枚数が少なくなり、なかなか攻撃の起点が作れなくなります。しかしここで頑張ったのが1トップのパトリック選手。一人孤立気味に前線にいたのですが、ロングボールを追いかけ強いフィジカルを駆使しての抜け出しの個の力は、完全に相手の脅威となっていましたね。得点こそ奪えませんでしたが、このパトリック選手の活躍があったからこそ防戦一方のゲームにならずに済んでいたと思いますね。

後半はやはり相手が攻勢を強めてきただけあってピンチの場面も迎えたのですが、一人多く守備人数を増やしたのでなんとか踏ん張ることができました。それもMF保坂選手の追加点があったから余裕を持ってディフェンスできたと思います。

保坂選手のゴールは‘圧巻’の一言。まあ相手からのプレッシャーもなかった状況だったのですが、およそ30mからの距離を思い切って右足で狙っていき、鮮やかにゴールに吸い込まれます。今後滅多に見られないようなスーパーゴールは、サポーターに最大級の歓喜を与えました。このゴールを生で見れた皆さんは、このゴールだけでチケット代の元が取れていると思います。幸せ者だと思いますよ(笑)


首位のチーム相手に失点を許さず、2点とっての勝利。それが柏選手と保坂選手となれば会場は盛り上がらないはずはありません。最高の雰囲気にスタンドは包み込まれ、久しぶりの沸き立つ‘小瀬劇場’を味わうことができました。この試合を観れて自分も幸せ者です!



【勝ち点45への道】
★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★
★★★★☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆

この勝ち点3積み重ねの価値はとても大きい!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前半終了【サンフレッチェ広島戦】

2013-08-28 | Weblog
現在ホーム中銀スタジアムで行われているサンフレッチェ広島戦ですが、前半が終了し1対0でヴァンフォーレがリードしてハーフタイムに入っています。ヴァンフォーレの得点は柏選手のゴールでした。

現在首位の広島相手に防戦一方の展開になると思ったのですが、意外にもヴァンフォーレがボールを保持できる機会が多いですね。運動量もヴァンフォーレが多く、広島の攻撃時にはしっかりと人数をかけてディフェンスしているので、広島は攻めあぐねている印象。柏選手の左足強烈シュートはお見事。良い時間帯に得点を奪えましたね。

もちろんこのままのペースでは試合が進まないと思うので、選手個々しっかりと自分に与えられている役割を果たしてぜひ良い結果を残してほしいですね。気温も高くなく、運動量がもつことでしょう!走り抜いて最後はサポーターともに喜びましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンフレッチェ広島戦見どころ紹介

2013-08-28 | Weblog
この文を書く前にいろいろ細かく長文を書きましたが、書くほどに勝機を見失っていくので悔しくて消してしまいました。なので今回簡単に書きたいと思います。


サンフレッチェ広島は昨シーズンJ1チャンピオンで現在も首位にいるチーム。日本代表に多くの選手を輩出するなど個のレベルが高く、また3-4-2-1システムを採用する戦術も長い期間採用されており経験豊富で選手たちに浸透しています。広島は連覇を狙っているチームで、残留争いを繰り広げているヴァンフォーレとは争っているレベルが違うことは残念ながら認めざるを得ません。ではどうやってヴァンフォーレは戦っていけば良いのか?それは相手の実力を認めて‘プロヴィンチア’にみられるような効率的な戦いに徹することだと思います。

最近のヴァンフォーレは守備を固めて接戦をものにすることで泥沼の連敗状態から再びチームを立て直してきています。現在のヴァンフォーレが結果を出すならこの戦い方を続けるべきで、この広島戦も同様にしていく必要があります。このときのポイントは、相手を‘攻め疲れ’させること。とにかく失点しないように人数をかけてディフェンスし、ゴールに鍵をかけるような強固な守備形成に取り組むことは大前提。それにプラスしてヴァンフォーレがボールを持った際には素早くかつ数多くパスを繋ぐことが求められます。広島のFWや攻撃的な中盤を巧みなパスによって動かし、それを長い時間行うことでボディーブローのように徐々に相手の体力を奪っていくのが理想的。勝負がつきやすい終盤に相手の攻撃のギアを上げさせないことがこの作戦の狙いで、ヴァンフォーレが理想的に試合を進めるために重要な要素となります。

また体力低下とともに‘攻め迷い’効果も期待できます。散々攻め続けてもゴールという結果が生まれなかった場合、今まで攻めていたリズムが次第に狂ってくるのがサッカー界のセオリー。中途半端なプレーが多くなり、ヴァンフォーレがパスカットできる&ボールを奪えるシーンが多くなってくると思います。そこからがヴァンフォーレの時間。ポジションを前目にとって攻撃の圧力を強めていき、素早くゴールに襲いかかりたいところ。今まで攻撃に集中していた広島は守備に慣れておらず、的確なアタックをすれば決定機に繋がると思います。

個人的に考えるヴァンフォーレが一番勝率の高い戦い方は…

☆守備を重視し、前半はひたすら耐える

☆ディフェンスしつつもボールを回す機会を多く作る

☆作戦を忠実に実行したなら、攻撃に本格的に動き出せるのは後半約20分過ぎから

☆蓄えていた体力を一気に使い、怒涛の反撃を試みる

☆少ない決定機を得点に結びつき、接戦を制する


…以上です。今の広島相手ならホームゲームでも引き分けに持ち込めば上出来だと思います。ここで勝ち点を拾い、次節の磐田戦に備えたいですね。ヴァンフォーレが完全に残留争いを抜け出すための目標勝ち点は、2試合で‘4’です。


※予想スタメンは過密日程で両チームメンバーを大幅に変更する可能性がありますので、今回は省かせていただきます。ご了承ください。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日サンフレッチェ広島戦!

2013-08-28 | Weblog



ヴァンフォーレ甲府本日試合があります。J1第23節ホーム中銀スタジアムにてサンフレッチェ広島戦です(19時キックオフ)。

前節残留争いのライバル湘南に勝利して勝ち点3を獲得したヴァンフォーレ。この勝ち点を無駄にすることがないように一試合一試合全力で戦っていかなければなりません。今回対戦するのは現在首位の広島ということで相当厳しい戦いが予想されますが、戦略的に戦っていき勝ち点をもぎ取ってほしいと思います。

なおこのブログでは試合の途中経過(ハーフタイム時)と結果を速報でお伝えする予定です。

またこの試合の見どころ紹介は、本日正午頃更新する予定です。どうぞお楽しみに♪



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加