ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと14年目を迎えました。目標はJ1復帰ズラ!

試合結果【川崎フロンターレ戦】

2013-03-30 | Weblog
本日15時よりアウェーで行われた川崎フロンターレ戦ですが、試合結果は1対1の引き分けに終わりました。ヴァンフォーレの得点は前半に挙げたFW平本選手のゴールでした。

ヴァンフォーレはFW平本選手&GK河田選手&MF保坂選手を先発で起用するなど、前節からメンバーを変更してこの試合に臨みました。その起用がズバリ当たり、左サイドからDF松橋選手が挙げたクロスボールをFW平本選手が足の裏で押し込むようなシュートで先制点を挙げることに成功します。

保坂選手は攻守のバランスをうまく保つバランサーとして頭を使ったプレーでチームを引き締めて存在感を示し、GK河田選手は後半に与えてしまったPKのピンチに、FWレナト選手のシュートを右手一本で弾き出すビッグセーブを披露。試合の最後はFW矢島選手に押し込まれて同点に追いつかれましたが、今まで出番に恵まれていなかった選手たちが活躍したことはチームの状態の浮上に繋がる良いきっかけになると思います。

今シーズンいまだ勝ちのない状態でも、アウェーで川崎相手に勝ち点1を取れたことはヴァンフォーレにとって評価して良いと思います。あと少しで勝利が見えてきたことも、選手たちのモチベーションアップに繋がることでしょう。このまま集中力を切らさずに今後の試合に戦っていきたいですね。


…試合の感想などはまた改めて書きたいと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日川崎フロンターレ戦!

2013-03-30 | Weblog



ヴァンフォーレ甲府本日試合があります。J1第4節アウェー川崎市の等々力陸上競技場にて川崎フロンターレ戦です(15時キックオフ)。

今シーズン公式戦でいまだ勝ちのないヴァンフォーレ。それは対戦相手の川崎も同様で、調子の上がらないチーム同士今後に向けてこの試合を浮上のきっかけにしたいところ。両チーム勝利を意識したスリリングな展開となりそうで、その試合の行方が今からとても楽しみですね。

川崎はFWレナト選手が好調をキープ。MF大島選手もパスセンス優れる持ち味を発揮しており、大島選手のスルーパスから左サイドをレナト選手が抜け出し、ゴール前までドリブルしてシュートを打つ場面をなんとしても防ぎたいです。中村選手などの中心選手のマークも怠らずに常に集中していたいですね。今回のヴァンフォーレのキーマンはMF羽生選手になると思いますよ。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川崎戦&今後に向けて長所を活かしたチーム作りを…

2013-03-29 | Weblog
23日のナビスコカップ横浜F・マリノス戦で敗れ、リーグ戦も含めて5試合を終えていまだ白星のないヴァンフォーレ。良いサッカーをしている評価は聞こえますが、勝ちに結びついていないのは事実。そこでどう戦っていけばチームの調子が浮上していくのかを長所だろうと思われるポイントを挙げて個人的な見解で考えてみたいと思います。

【長所】
まず今シーズンの5試合を見てヴァンフォーレがJ1でも通用しそうなストロングポイントの一つとなるのが‘FWウーゴ選手のポストプレー’。今シーズンからチームに加わったウーゴ選手は、まじめな性格に後押しされて早くからチームに馴染むことに努力し、それが実を結んでチームメートからの信頼を得ることに成功しました。そこがウーゴ選手の評価を高めた始めの要因で、チームも彼を起点とする戦術を採用。ウーゴ選手は身長が180cmとセンターフォワードにしてはそれほど大きくないのですが、ガッシリとした体格と体の使い方の良さ&体幹がしっかりしているボールキープで前線で‘ため’を作れる選手。開幕戦の仙台&第2節のC大阪戦でも安定したポストプレーを披露し、味方の上がりを辛抱強く待ってパスを送ることができるタイプです。得点を奪った仙台戦や清水戦でもそうだったのですが、自身に訪れた決定機を高い確率でゴールに結びつける決定力も備えており、ダヴィ選手の幻影が付きまとっていたストライカーのポジションにまた
タイプの違う新たな風が巻き起こりましたね。

ウーゴ選手のポストプレーの他に、J1で通用しそうな武器となるのが‘柏選手の突破力’。柏選手はヴァンフォーレに在籍して4シーズン目となりますが、圧倒的なスピードを活かしたサイドからの突破で幾度となくチームのチャンスを作ってきました。特に今シーズンは体のコンディションが良い印象で、J1クラブの選手に臆することなく1対1を仕掛けていき、それが面白いように成功しています。あと彼が成長していることを感じさせるプレーとして、ボールを簡単に奪われなくなったことですね。ただ単に縦への突破だけではなく、横方向へのカットインの動きもプレーの中に取り入れているので、相手選手としたらディフェンスする方向に苦労すると思います。シュート精度に難はありますが、味方選手を使う連係プレーや90分持つスタミナなど魅力を存分に出していると思います。

目立たない黒子のような活躍を攻撃面でしているのは羽生選手。決定的なシュートやパスは今のところ少ないものの、ベテラン選手とは思えない豊富な運動量を活かしてピッチを動き回り、パスを呼び込むプレーだったり味方のプレーのために相手マークを引きつけて攻撃スペースを空けさせるなど、ボールを持っていないときの彼の動きはまさしく‘玄人好み’のプレーだと思います。ピッチ上で常に周りの状況を確認して効果的なポジショニングにつく彼の‘首振り’は注目ポイントの一つですね。

ディフェンス面では土屋選手と盛田選手の安定感が目立ちます。土屋選手のアグレッシブな守備と盛田選手のどっしり構える守備のバランスは良好に保たれており、土屋選手が相手ボール保持者に仕掛けていき、かわされても盛田選手がいる&または盛田選手が弾き返したボールを土屋選手が俊敏にフォローしていくというこの2人のセンターバックの連携は素晴らしいと思います。土屋選手はナビスコカップ清水戦で負傷しましたが、代わりにケガから復帰する青山選手や津田選手などもいるため、センターの守備にはとりあえず困らなそうですね(その後ドウグラス選手は退団)。


…ザッとチームの長所になり得る4つのポイントを挙げてみました。その特長を最大限発揮するため、得点が少ない現状を打破するため、現段階で思い描けるベストなメンバーをここで個人的に提案してみたいと思います。

◇理想メンバー◇
     ウーゴ
 柏 オルティゴサ 水野
    山本 羽生
佐々木 盛田 土屋 福田
      荻

これが負傷者や新加入選手のコンディションが整った際のベストメンバー。今までサイドハーフだった羽生選手を攻撃的なボランチとしてボールを動かして攻守をスムーズに繋ぐ役割を基本にしつつも、頭の良い彼の効果的な攻撃参加を期待。オルティゴサ選手はトップに近いポジションで出来るだけウーゴ選手に近い位置でプレーさせたいところ。今まで先発出場が続いている金子選手は、後半相手が疲れたところに前線でかき回すプレーを期待したいですね。

しかし明日の川崎戦にはまだコンディションが万全ではない選手もいそうなので、予想される先発メンバーはこちら。

◇川崎戦予想メンバー◇
  平本 ウーゴ
羽生       柏
  佐々木 井澤
松橋 盛田 土屋 福田
     荻

山本選手と水野選手がどれだけコンディションが万全かによってメンバーも変わってきそうですが、基本的にはこのようになると思われます。左サイドバックはナビスコカップでチェ・ソングン選手も試されましたが、思うようなインパクトを得られず。本職の佐々木選手のコンバートや守備に自信を持つ津田選手&石原選手にもチャンスが訪れそうですが、現実的には松橋選手が戻ってきそう。今まで戦ってきた戦術が研究してきている川崎にどれだけ通用するか注目だと思います。

川崎は今シーズンまだ勝利がなく調子の上がらない状況と言われていますが、個のレベルはヴァンフォーレと比べものにならないくらい高く厳しい試合になることは間違いないです。ただし中盤のプレスがあまり強くないようなので、ヴァンフォーレは中盤の構成力を高めて試合のペースを掴み、決定機を確実にモノにするような研ぎ澄まされた集中力をみせたいですね。


…最後に対戦相手川崎フロンターレの最近の試合ハイライト動画を載せておきます。これを見て対戦相手を研究しましょう!


2013 J1 第3節 サガン鳥栖 5 - 4 川崎フロンターレ Highlights 16/03/2013

※動画再生時はパケット通信料にご注意ください。


2013 ヤマザキナビスコカップ第1節 横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ

※動画再生時はパケット通信料にご注意ください。


ヴァンフォーレはアウェーでもきっと勝てますよ。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドウグラス選手退団の衝撃

2013-03-28 | Weblog
衝撃の情報が飛び込んできました。ヴァンフォーレに所属しているブラジル人DFドウグラス選手との契約を解除したことをクラブが発表しました。まさかの退団発表。ドウグラス選手は2012年シーズンよりヴァンフォーレに加入し、その年はリーグ戦で29試合に出場。途中ポジションを失う時期があったものの、終盤戦は再びレギュラーを確保してチームのJ2優勝&J1昇格に貢献しました。しかし今シーズンはリーグ戦では出場機会に恵まれず(ナビスコカップでは1試合出場)、ベンチを温めるモヤモヤした時間を過ごしていました。

今回の決定は、クラブ側の意向か本人の希望かの真意は分かりませんが、レニー選手のときもそうでしたがやはりシーズン途中の退団発表はできる限りやってほしくないですね。特にドウグラス選手はシーズンオフにJ2札幌から獲得オファーがあったと言われています。それを蹴ってまでもヴァンフォーレに忠誠心を示しCBの熾烈なポジション争いに挑んだ訳であって、本人には今の状況が全く予期していないことだったのでしょうね。彼は空中戦に絶対の自信を持ち、落ち着いたパス回しも披露しましたが、時折見せる集中力の欠いたプレーが監督の信頼を掴めなかった要因となりました。しかし試合に出られないときもサポーターに挨拶に回る際には笑顔で手を振っていたことは個人的に印象に残っているシーンで、明るいドウグラス選手の性格が垣間見られた瞬間でもありました。

もったいないですが決定したことは残念ながら覆りません。ドウグラス選手は新天地となるクラブで頑張ってもらって自身の存在感を示して活躍してほしいですね。ドウグラス選手の今後の活躍を期待しています。






…頑張れドウグラス選手!



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小瀬の桜 2013

2013-03-27 | Weblog



毎年恒例となりましたこの企画。ヴァンフォーレ甲府がホームゲームで使用する中銀スタジアムがあります小瀬スポーツ公園陸上競技場。その公園内には桜の木がたくさん植えられており、いまや山梨県を代表するような桜の名所となっています。桜の花が咲くこの時期の小瀬の景色は華やかで、季節を感じられる瞬間でもあります。ナビスコカップの横浜戦で見た方もいらっしゃるかもしれませんが、その桜の木々を紹介したいと思います。ヴァンフォーレはなかなか勝ちがない重苦しいムードですが、ここではそのことをしばし忘れてもらえれば光栄です(笑)





小川沿いに咲く桜。両面に並んで咲いているため、桜の美しさの統一感が感じられます。




27日の午前中ということで平日でしたが、たくさんの花見客で公園内が賑わっていました。ブルーシートを敷いて宴会(昼間だからピクニック気分かな?)する人多数。





桜越しのスタジアム。この場所で座ってお酒飲んで、そして試合なんか観られたら言うことないでしょうね。グータラサポーターになりますが…。




現在の桜の開花状況は8分咲きといったところでしょうか。今週末に桜の見頃を迎えそうですね。4月3日(水)にホームで行われるナビスコカップ湘南戦まで持ってくれるかどうか心配です。




アップ写真。花びら一つ一つを見るとかわいいですよね。




この桜のように、ヴァンフォーレも早く勝利の花が咲くと良いですね(あまり上手くない締め)。


※過去に紹介した記事のリンクも貼っておきます。同じような場所からの写真が多いことはご愛嬌ということで…(笑)
小瀬の桜 2012
小瀬の桜 2011
小瀬の桜 2009
小瀬の桜 2008



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイク世界挑戦への道8~目覚め~

2013-03-26 | Weblog



2011年シーズンまでヴァンフォーレに在籍していたオランダリーグのフィテッセ所属日本代表FWハーフナー・マイク選手を応援する企画の第8弾。

『マイク世界挑戦への道1』
『マイク世界挑戦への道2』
『マイク世界挑戦への道3』
『マイク世界挑戦への道4』
『マイク世界挑戦への道5~移籍先決定~』
『マイク世界挑戦への道6~オランダリーグデビュー~』
『マイク世界挑戦への道6.5~オランダ初ゴール!~』
『マイク世界挑戦への道7~オランダ初挑戦の評価~』


第8弾の今回は、オランダリーグ2012-2013シーズンの成績とゴールシーン、そしていよいよ今夜に迫ったW杯出場権がかかったアジア最終予選ヨルダン戦での日本代表の様子をお伝えしたいと思います。

まずはオランダでのハーフナー・マイク選手(以後マイク選手)の活躍から。ヴァンフォーレからオランダに渡り、早いもので約1年半が経過しようとしています。フィテッセ加入初年度は途中から入ったリスクとポジション争いの影響から、なかなか出場機会に恵まれずに短時間での出場時間が続きました。2年目はシーズン前のキャンプからスタートできるということで前年度よりも出場試合数や時間が増えると考えられていましたが、今シーズンもそううまくいかずに苦しみました。それは絶対的エースのコートジボワール代表FWボニー選手(現在得点ランキングトップ)がチームに留まったことが一番の要因で、1トップを敷くチームの中でポジション争いに苦労していたことが考えられます。そこでマイク選手は試合に出場するために様々なポジションにチャレンジすることになります。シーズン始めは3トップのウイングで出場し、その後左の中盤でも起用されました。現在はトップ下のポジションが定位置になっており、そこでの自分の活かし方を模索してようやくそのポジションを自分のものにしようとしています。特に2月に入ってからの彼の活躍は目覚しいものがあり、後半の途中出場が続いていた2012年が嘘のように、2013年は先発フル出場する試合が増えてきています。そしてゴールやアシストでフィテッセの勝利に結びつく活躍を残し、チームの5連勝と順位浮上に貢献しました(3月26日現在 25試合出場6得点)。

そんな絶好調な状態で合流した日本代表。後半からピッチに入った最終予選直前のカナダ戦で決勝ゴールを奪い、代表でも自身の好調さをアピール。フィテッセで様々なポジションを経験することにより、ボールに対する相手選手の駆け引きだったり体の使い方やポジショニングなどシュートを打つ前のスキルが以前よりも向上していると思いますね。同じポジションのライバルFW前田選手が所属クラブでいまだノーゴールと調子を上げられないでいるので、最近の試合でゴールを量産しているマイク選手のヨルダン戦先発出場は十分あり得ると思います。マイク選手がゴールを奪い、その得点で日本代表が勝利してW杯出場権獲得となれば、そんな嬉しいことはありませんね。ヴァンフォーレに関わっていた選手が日本代表のために活躍している事実はヴァンフォーレを応援している者にとってとても誇らしいことです。日本のW杯出場権獲得のために、またマイク選手が活躍するように今夜のヨルダン戦声援を送りましょう!


…最後にハーフナー・マイク選手の今シーズン、フィテッセと代表でゴールを決めた動画を紹介します。ヨルダン戦でもゴールを決めてくれ!


ハーフナーマイクが今季2ゴール目! フィテッセ×NEC 11月18日

※動画再生時はパケット通信料にご注意ください。


ハーフナー・マイク 今季3ゴール目 vsNEC

※動画再生時はパケット通信料にご注意ください。


ハーフナー・マイクゴール

※動画再生時はパケット通信料にご注意ください。


3/1 フィテッセVSユトレヒト ハーフナーマイク 今季5ゴール目

※動画再生時はパケット通信料にご注意ください。


ハーフナーマイクがゴール デンハーグVSフィテッセ 3月16日

※動画再生時はパケット通信料にご注意ください。


ハーフナー マイク決勝ゴール 国際親善試合 日本 VS カナダ

※動画再生時はパケット通信料にご注意ください。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試合結果【横浜F ・マリノス戦】

2013-03-23 | Weblog
本日13時よりホーム中銀スタジアムで行われていたナビスコカップ第2節横浜F・マリノス戦ですが、試合が終了し0対2で敗れてしまいました。

◇出場メンバー◇
GK河田
DF松橋、盛田、津田、福田
MF佐々木、井澤、堀米(→柏)、羽生
FWウーゴ(→平本)、金子(→河本)

前節の清水戦から先発メンバーを入れ替えたヴァンフォーレ。しかし得点の流れはスタートから最後まで作れず。逆にDF中澤選手やMF中村選手など、FWマルキーニョス選手以外の中心選手が登場した横浜にすべてのレベルで上回られて完敗というべき内容でしたね。この敗戦でナビスコカップ決勝トーナメント進出へ向けて厳しい状況となりました。

…試合を終えての個人的な感想は、この敗戦で今までの流れの一区切りが明確にできたといったところでしょうか。開幕から当初の計画とは違うメンバー構成で試合に臨み、接戦の試合ができてきました。しかしここ数試合で競り合いながらも勝利や勝ち点獲得まで伴ってこなかったのは受け止める現実で、徐々にチーム戦術を研究されつつあります。この横浜に攻守両面で完敗したことで、また新たにチーム戦術を見直すタイミングに来ていると思います。

リーグ戦で使う機会があまりなかった選手をナビスコカップの実戦で長い時間試すことができ、選手たちの個性とチームがマッチするかそのバランスも見ることができたと思います。ケガ人もまもなく戻ってきます。ここからがヴァンフォーレにとって本当の勝負の時。城福監督の手腕も問われます。このナビスコカップ連戦での苦い経験がチームにとって良い刺激となるようにこれからチーム状態が前向きになれば良いですね。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日ナビスコカップ横浜F・マリノス戦!

2013-03-23 | Weblog



ヴァンフォーレ甲府本日試合があります。ナビスコカップ第2節ホーム中銀スタジアムにて横浜F・マリノス戦です(13時キックオフ)。

リーグ戦も含めて今シーズン初勝利を目指して戦うこの一戦。幸いケガで出遅れていた選手たち(山本選手や水野選手&青山選手など)のベンチ入りが濃厚のようで、彼らが途中出場することでチームの選手層の底上げや競争力のアップが見込めます。ナビスコカップで決勝トーナメントに進出できるグループ上位2チームを目指して、ヴァンフォーレはホームゲームではどんな相手でも負けられません。ホームの声援を後押しに選手たちには活躍するチャンスを掴んでほしいです。特に河本選手と金子選手は、新外国籍選手のオルティゴサ選手にポジション争いで負けないように、今のうちに目に見える結果が欲しいですね。

またこのブログではこの一戦の結果を速報でお伝えする予定です。そちらもお楽しみに♪


※ちなみに写真は日産スタジアムの様子です。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦力の底上げがなされているのか?

2013-03-22 | Weblog
ミッドウィークに開催されたナビスコカップ第1節清水エスパルス戦に1対1で引き分けたヴァンフォーレ。リーグ戦も含めて今シーズン未だ白星がない状態ですが、今週末には早くも第2節が開催されます。チーム状態の向上を目指すためには勝利という結果が求められますが、強豪横浜F・マリノス相手に浮上のきっかけを掴むことができるか注目されます。


ナビスコカップ(以後ナ杯)第1節の清水戦では、リーグ戦で起用していたメンバーを大幅に入れ替えました。

◇清水戦出場メンバー◇
GK河田
DFチェ・ソングン、土屋(→津田)、ドウグラス、福田
MF保坂、佐々木、平本(→羽生)、柏(→堀米)
FWウーゴ、河本

まずはGK。名古屋戦で致命的なミスを犯してしまった荻選手に代わり、新加入の河田選手が起用されました。城福監督は河田選手のことを前々からGKの中でタイプの違う面白い存在と評価していたので、一度公式戦で試してみたかったと思います。試合ではキックの精度が高く、落ち着いて仕事をこなしていた印象がありましたが、個人的な評価とすれば今一歩明確な長所に欠ける活躍でした。もちろん試合に出たことで第2GKの座を不動のものになったと思いますが、荻選手を次のリーグ戦の川崎戦で使って致命的なミスを犯さなければ、荻選手が今後もレギュラーとして引き続き起用されていくと思います。河田選手は次のナ杯横浜戦も含めた長い目でみたアピールが必要だと思いますね。

そして今後に向けて一つのキーポイントとなる左サイドバックの動向。開幕から松橋選手がそのポジションを担当してきましたが、名古屋戦での退場処分を受けて次のリーグ戦川崎戦には出場できません。そこでナ杯では今シーズン初出場でサイドバックにポジション転向を図ったチェ・ソングン選手が起用されました。しかし清水戦では能力の高さは感じられるもののミスが目立ち、一定の評価が得られたかというとそうでもない印象。名古屋戦では途中から佐々木選手がコンバートされましたが、左サイドバックの安定がチームの安定に繋がるだけにここのポジション争いは熾烈を極めています。なのでナ杯横浜戦は次に繋げるためにとても重要な試合で、この一戦で起用された左サイドバックが今後チームの核となる存在だと思います。

もし佐々木選手がサイドバックのポジションにコンバートされたら、一気に層が薄くなるのがボランチ。ボランチの選手はケガ人だらけで、まともに動けるのは井澤選手くらい。保坂選手と新井選手はケガがようやく癒えてここからが勝負所。山本選手はそろそろ復帰時期となりますが、川崎戦で全力で出来るかは微妙な状態。伊東選手は戦線離脱中と安心して任せられる存在が今のところいません。明日のナ杯横浜戦ではリーグ戦を見据えたボランチの起用が予想され、保坂&井澤選手のコンビが濃厚だと思います。

リーグ戦の疲労を考慮された金子選手に代わり出場したのが河本選手。河本選手は強い気持ちがプレーに表れるタイプでドリブルで仕掛けることができ、得点の匂いがする選手です。チームの組織的な機能を高められる金子選手とまた違ったタイプの魅力を持っていますが、90分出場した清水戦で評価を得られたかというとこれまた微妙。ウーゴ選手は4戦3発とFWの軸となるので、河本選手と金子選手は自身の能力以外にウーゴ選手と連携力に優れ相性の良い方が今後起用されていくでしょうね。


ナビスコカップはリーグ戦では試せないようなことが積極的にチャレンジできる機会です。チームとして結果の出ていない状況やケガ人続出&ポジションが定まっていないチーム状態の改善を期待したいですね。この横浜戦はリーグ戦に繋がる重要な一戦ですよ。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァンフォメーション12 3/22

2013-03-22 | Weblog
ヴァンフォーレの情報をお届けするヴァンフォメーション(ヴァンフォーレ+インフォメーション)の第12弾。


◇新外国籍選手獲得◇
レニー選手が契約解除となり空席となっていた外国籍枠に新しい選手が加わることになりました。パラグアイ代表のFWオルティゴサ選手の獲得です。

オルティゴサ選手は現在25歳(誕生日が4月1日なのでもうすぐ26歳)。身長が177cmとFWの選手としては標準サイズなので、スピードで勝負できるタイプだと想像できますね。パラグアイ代表としても活躍しており、5試合出場3得点と結果も残しています。パラグアイのクラブでプロ生活をスタートさせてからはブラジルのパルメイラスやクルゼイロといった名門クラブを渡り歩き、韓国の蔚山現代やヴァンフォーレに来る前は中国のクラブなどにも在籍していたのでアジアのサッカーにも慣れています。よってレニー選手のときのようなリスクは低いと思います。チームにはすでに合流していて、明日のナビスコカップ横浜F・マリノス戦の前に紹介挨拶がされるようですね。早ければリーグ戦第4節アウェー川崎戦でのデビューが濃厚のようです。キャンプに参加してない分ヴァンフォーレのサッカーに慣れるまで時間がかかると思いますが、ぜひ早く慣れて活躍しチームの勝利に貢献してほしいです。


◇マラニョン選手韓国クラブへ完全移籍◇
なかなか紹介できなかったのですが、ヴァンフォーレに在籍していたブラジル人FWマラニョン選手の韓国済州ユナイテッドFCへの完全移籍が7日に発表されました。マラニョン選手は2008年シーズン途中にヴァンフォーレに加入するとゴールを量産して大活躍。2010年にクラブと3年契約を結んだとみられています。しかしその後チーム構想から外れてしまい2011年に東京V、2012年には韓国の蔚山現代に期限付き移籍。蔚山で結果を残したことが評価され、今回の済州ユナイテッドへの完全移籍に結びつきました。マラニョン選手はヴァンフォーレを離れてから数年ほど経ちますが、あの愛くるしい表情と決定機を外す&難しいシュートを決める意外性のあるプレーが印象に残っていて今でもファンのサポーターも多いと思います。マラニョン選手には韓国で活躍してもらい、昨年のCWCのようにそのプレーする姿を再び日本のファンにも見せてほしいですね。マラニョン選手の今後の活躍を期待しています。頑張れマラニョン選手!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加