ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと14年目を迎えました。目標はJ1復帰ズラ!

松橋弾!ヴァンフォーレ大一番を制す!

2009-04-29 | Weblog
前半戦の大一番といえるヴァンフォーレ甲府対湘南ベルマーレの試合は、1対0でヴァンフォーレが勝利しましたー!

得点は、後半から途中出場したFW松橋選手のゴールでした。やはり期待していた通り松橋選手がやってくれました!

後半はさらに相手MFアジエル選手が退場となり2人多くなったヴァンフォーレは、圧倒的にゲームを支配してゴール前まで簡単に攻め込みます。しかし肝心のシュートがポストを3回くらい直撃するなど、運に見放されているように思っていたのですが、攻め続けて相手の足が止まったところに幸運がやってきました。

MF美尾選手のコーナーキックからFWマラニョン選手が頭で競り合い、こぼれたボールを松橋選手がゴール上に突き刺しました。


待ち望んだ先制点を獲得したヴァンフォーレは、後は2人多い人数の優位を活かしてパスを回し、時間を稼ぐだけ。目まぐるしく変わった心理戦を最終的に制したヴァンフォーレが、勝ちに相応しかったということですね。

この勝利でヴァンフォーレは勝ち点を24に伸ばしました。2位セレッソ大阪が勝利したため順位こそ3位と変わりませんが、大きな前進といえるでしょう。

ただ一つ気がかりなのは、守備の要として活躍していたDFダニエル選手が足を負傷し途中交代したこと。彼がいるのといないのでは守備時の存在感が大きく違ってきます。ケガが重くないことを願っています。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前半終了

2009-04-29 | Weblog
本日行われているヴァンフォーレ甲府対湘南ベルマーレの試合ですが、前半を終了し0対0の同点に終わりました。

試合開始しばらくは湘南ペースで進んでいきますが、相手のFW田原選手が退場するとヴァンフォーレもボールを持てるようになってきました。

でもヴァンフォーレは攻撃の形が見えてこないのはちょっと気がかりですね。外してもいいので、シュートをもっと積極的に打つべきだと思います。

ペースはヴァンフォーレに傾いているため、チャンスは多くなりそうですね。後半良い結果を出してくれるでしょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湘南ベルマーレを攻略する

2009-04-29 | Weblog
本日14時からホーム小瀬にて湘南ベルマーレ戦が行われます。湘南は今シーズン絶好調で現在首位に立つチーム。北京五輪日本代表監督だった反町監督率いるこのチームに、勝つためにはどうすればいいのかを考えてみたいと思います。


対戦相手の湘南は、10戦を終えてまだ1敗しかしていません。札幌や福岡戦ではアウェーで白星、仙台や東京ヴェルディに対して勝利するなど、決して下位チームだけで勝ち点を稼いでいるわけではないのです。

しかし得点ランキングをみると、際立って存在感を発揮している選手はいないものの、3得点で3人(FW田原、MF坂本、MFアジエル選手)がいるなど、湘南の得点はチームで取っていることが分かります。

なので今回は一人の選手を徹底的にマークするのではなく、全ての選手を連係して抑えなければいけないから厄介ですね。


湘南のキープレーヤーはDFジャーン選手でしょう!湘南は守備が良く、その中心にいるのはジャーン選手。またコーナーキックやフリーキックのセットプレー時に、高さを活かしてゴールを狙うなど得点源としても機能しています。

ヴァンフォーレの攻撃時には、彼をゴール前から連れ出すような工夫をしなければいけません。セットプレーのときも長身選手がしっかりとゴール前に立ってクリアーすべきでしょうね。

ヴァンフォーレは、長身のFWキム・シンヨン選手が‘おとり’となって、彼のポストプレーから他の攻撃陣がゴールを襲う形が有効になると思います。よって今回ヴァンフォーレ勝利のキーポイントは、FWキム・シンヨン選手のチームに対しての献身的な動きとなりそうです。

また競った展開では途中交代で入ってくる選手にもチャンスはまわってきそうで、前節得点を記録したFW松橋選手は、そのスピードあふれるドリブル突破で流れを変えるキーマンになるでしょうね。


この試合は、90分間ひと時の気の緩みも許されない集中したプレーが求められます。タフな試合になることは間違いなく緊迫した内容になりそうですが、こういう試合には大きな声援が選手たちの励みとなります。‘ヴァンフォーレ・オーラ’が漂うホームで試合が出来ることは、大きなアドバンテージとなるでしょう。

ヴァンフォーレにはぜひ金星を挙げて勝ち点を伸ばしてほしいですね。


なおこの試合はテレビ山梨(UTY)で生中継があるようですね。小瀬に行けない方はテレビでヴァンフォーレを応援しましょう。

そして結果は速報でお伝えする予定です。お楽しみに!



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

痛い引き分け

2009-04-28 | Weblog
26日にアウェーで行われたヴァンフォーレ対栃木SC戦ですが、結果は3対3の引き分けに終わりました。

一時は1対3でリードされていたこともあり、追いついたのは評価できますが、相手が下位にいるチームだったので、アウェーでもしっかり勝っておきたかったということが本音でしょう。


1点目の失点シーン。あれは相手FW河原選手のスーパーゴールでしたが、それにつながる前にDF石原選手がミスをしていることを忘れてはいけませんね。

FWマラニョン選手が無人のゴールへのシュートを外した後に受けた2失点目も、もっとセーフティにクリアーすべきだったと思います。3点目もセットプレーから。よくよく考えてみればすべて集中していれば防げた失点といえます。

少し厳しいようですが追いついて満足よりも、最下位相手に引き分けてしまったと思わなければいけないと思います。結果湘南や水戸、仙台など他の上位チームは勝ち点3を獲得して勝ち点を伸ばしているわけで、ヴァンフォーレは白星で出来るだけ差をつけておきたかったことでしょう。


今週は29日(水曜日)にも試合があります。ホーム小瀬にて、現在首位の湘南ベルマーレと対戦です。前半戦の大一番といえるこの一戦では、90分集中してミスのないゲームをしてほしいですね。そして良い結果を期待しています。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

栃木SC戦速報!

2009-04-26 | Weblog
本日アウェーで行われたJ2第10節栃木SC対ヴァンフォーレ甲府の試合は、3対3で引き分けに終わりました。

得点はヴァンフォーレ→マラニョン選手、松橋選手、池端選手
栃木→河原選手、佐藤選手、大久保選手。

常にリードされる苦しい展開ですが、後半怒涛の追い上げをみせて同点に追いつきました。

まずは結果を速報しました。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栃木SCを攻略する

2009-04-24 | Weblog
ヴァンフォーレは26日(日)にアウェー栃木にて栃木SCと対戦します。


対戦相手の栃木は、現在1勝2分け6敗の最下位(18位)と低迷しています。JFLからJ2に舞台を移し、新環境に対応できていない影響から、なかなか結果が出ない日が続いていますが、戦力的にはJ2でも十分戦える人材がいると思います。

今回ヴァンフォーレが注意しなくてはいけない選手として、2人の選手を挙げます。一人目は栃木の中盤に君臨し、ゲームを組み立てることができるMF本橋選手。彼のもとにボールが集まり出すと栃木の攻撃が活性化し始めるので、供給源を遮断するようなプレッシャーが常に求められますね。

二人目はFW河原選手。新潟で台頭してきた河原選手はまだ若いこともあって、この栃木に期限付き契約で武者修行にやってきました。ゴールこそまだ奪えていませんが、俊足を活かした得点嗅覚には気をつけなければいけませんね。


チームとしては最下位という順位にいるものの、接戦で惜しくも敗れているパターンがほとんど(2点差は第4節福岡戦のみ)。得点も1点のみと取れてませんが、失点も‘7’と下位にいるチームにしては少ないです。このことから栃木は守備をしっかりしてカウンタースタイルでゴールを狙うタイプであることが分かります。

ヴァンフォーレはこの試合、ゴールがなかなか生まれなくても焦らずに、かつ接戦に持ち込まれないよう工夫しながらのゲームメークが必要になってくるでしょう!

よって今回のキーマンとして、MF藤田選手を選びたいと思います。相手の術中にハマらないように、落ち着いて試合を組み立てられるようにするためには、藤田選手の力が不可欠になってきます。

そして相手はサイドからの攻撃に翻弄されてピンチを作られている場面が多くあるため、FWマラニョン選手のサイドを切り裂くドリブル突破で幾度かチャンスを作ることができそうですね。

サイドから攻撃の起点を作って森田選手やキム・シンヨン選手の空中戦の強い選手に合わせる、従来のヴァンフォーレの攻撃でゴールが生まれそうです。


なお栃木SCには、2004年から2008年までヴァンフォーレで活躍していたDF井上選手が在籍しています。この試合でも出場が濃厚ですが、良いプレーを期待していますよ♪



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴェルディ戦を振り返る&好調の要因2

2009-04-23 | Weblog
→攻撃陣もさることながら、なんといっても好調なチーム状態を支えている要因として、守備陣の奮闘が挙げられます。


GK荻選手を中心として、山本選手&ダニエル選手のセンターバックコンビと杉山選手&石原選手のサイドバックコンビ4人の連係力が素晴らしい。

特にダニエル選手は、新加入ながら長身を活かした空中戦の圧倒的な強さとアグレッシブに相手選手へプレスをかける前向きな守備は高く評価できるもので、第3節札幌戦での状況を考えたハイボールの守備や、第7節草津戦での相手長身FW都倉を完璧に抑えた守備などは目を見張るものがありました。

積極的なダニエル選手を後ろから冷静に支える山本選手。ときには前へ出たりもしますが、空いたスペースをカバーし味方をフォローする動きなど玄人好みしそうな守備を披露しています。


‘動のダニエル選手と静の山本選手’


大まかに分けるとその絶妙な関係と他の選手とのバランスがうまく噛み合っているからこそ、J2最小失点という結果が生まれているのだと思います。


しかしここで挙げたキーマン達をケガなどで一人でも欠いてしまったら、一気に不安になる要素も確かにあります。また長いJ2のシーズン、この好調が終わりまで続くことはないでしょう。必ずチーム状態が落ちる時期もあるわけで、そんなときにチームを支えてくれるスタメンを虎視眈々と狙う救世主的な存在が現れることも期待したいですね。


相手に研究され対策をされる前までに、ヴァンフォーレは一つでも多くの勝ち点を獲得しておきたいところでしょうね。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴェルディ戦を振り返る&好調の要因1

2009-04-21 | Weblog
19日に行われたヴァンフォーレ甲府対東京ヴェルディの試合は、2対1でヴァンフォーレが勝利しました。相手は昨シーズンJ1にいた強豪チーム。そのヴェルディ相手に勝利を挙げることができた、勝敗を分けたポイントはどこだったのか?個人的な見解でみていきたいと思います。


ヴァンフォーレは、スピードのあるFWマラニョン選手を突破口に攻撃を組み立てます。そして相手が人数をかけて警戒したところで、中央もしくは逆サイドのFW森田選手やFWキム・シンヨン選手が比較的フリーな状態でボールを受けることが出来るようになり、チャンスを作っていきます。

ヴァンフォーレの3トップが全体的に抑えられたときには、攻撃的なポジションのMF大西選手やMF藤田選手が攻め上がり前線の長身選手たちに合わせるような的確なクロスボールを供給します。

ヴァンフォーレが前半に挙げた先制点はまさしくその形から生まれました。FWマラニョン選手にマークが集中しているところに、MF大西選手が後ろから駆け上がりパスをもらいます。正確な右足の技術を持つ大西選手は、長身のFWキム・シンヨン選手に合わせてラストパス。そしてマークを外しながらのヘディングシュートで勝負あり。

大西選手の追い越していく動きの素晴らしさ、それを瞬時に察知したマラニョン選手の状況判断の良さ、多少下がり気味にポジションをとり、ヘディングできる体勢をとったキム・シンヨン選手のゴールへの嗅覚。複数の良い点が重なって生まれたナイスゴールだったといえるでしょう!


そしてその得点から間もなく奪ったマラニョン選手の追加点は、先制点が影響して生まれたゴールでした。先制点ではマラニョン選手が意外性のあるパスを送りそこから繋がりました。ヴェルディはそれを警戒したのか、マラニョン選手の切り返しによるドリブル突破にマークしていた選手たちが引っ掛かり、オウンゴール気味な得点を挙げることができました。

すべては良い動きを連続して行うことにより、後々の展開につながっていくということです。前線の3人を中心に今のヴァンフォーレはそれが頻繁に出来ていることが、現在の躍進に結びついていると思います。

→続く



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴェルディ戦超速報!

2009-04-19 | Weblog
先ほどまで行われていたヴァンフォーレ甲府対東京ヴェルディの試合は、ヴァンフォーレが2対1で勝利しました!ヴァンフォーレの得点はFWキム・シンヨン選手とFWマラニョン選手でした。

これでヴァンフォーレは3連勝!金さんも期待通りの3戦連発弾!マラニョン選手も2試合連続ゴールで好調をキープしております。

まずは結果をお伝えしました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訂正

2009-04-16 | Weblog
ヴァンフォーレの順位は4位ではなくて3位でしたね。水戸と勝ち点は同じですが、得失点差でヴァンフォーレの方が上回っています。

このまま首位セレッソ&2位湘南についていき、機を見計らって追い越したいですね~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加