ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと13年目を迎えました。目標はJ1中位定着ズラ!

試合終了【横浜F・マリノス戦】

2017-05-14 | Weblog
今までアウェーで行われていたJ1第11節横浜F・マリノス戦ですが、試合は0対1でヴァンフォーレは敗れてしまいました。


前半に不運な形で先制点を奪われたヴァンフォーレ。後半は巻き返しを図るべくシンプルにウイルソン選手とドゥドゥ選手のブラジル人2トップに合わせていく攻撃を展開していきます。ボールを奪って前線にロングフィードを送っても相手DF中澤選手やミロシュ デゲネク選手の屈強な選手の厳しいマークに遭い、次々とボールを跳ね返されて前線で攻撃の起点が作れません。跳ね返されては横浜にセカンドボールを拾われて押し込まれる展開が続いていきます。横浜は徹底して左右のサイドチェンジを図り、手薄なヴァンフォーレの3ボランチを揺さぶって疲弊させます。後半途中から明らかに運動量が落ちた中盤の選手たち。ウイルソン選手&ドゥドゥ選手の2トップと主に守備重視で動き、チャンス時に前へ上がっていくボランチ陣との選手間の距離が空き始めて、厚みのある攻撃ができませんでした。攻撃が単発で終わっていたのも、ヴァンフォーレが最後まで追いつけなかった&エンジンがかからなかった原因になったと思います。

しかしその中でもドゥドゥ選手は複数人で当たってくる相手守備陣のプレスを受けながら良く我慢してプレーしていましたね。ボールを持ってドリブルで仕掛けるとファールをもらって倒されるパターンが多くてシュートを放てる場所まで運べなかったのですが、フラストレーションが溜まる中で相手マークを抜け出す機会を虎視眈々と窺っていました。相手にカウンターの恐さを与えていたのも彼がいてのことだと思います。

吉田監督は試合の流れを変えたくなかったのか、この拮抗した展開に耐えて交代枠を敢えて使わない手に打ちましたが、得点を奪わないと勝ち点を得られない時間帯まで追い込まれると、しびれを切らして終盤に交代選手を次々と投入。疲労した両ウイングバック(松橋→橋爪、阿部→道渕)を入れ替え、運動量の少なかったウイルソン選手に代えて前線でガツガツいける河本選手を使い、最後の手を打ちます。ヴァンフォーレはサイド攻撃の連続で活路を見いだしたかったのですが、結局横浜守備陣の牙城は崩せずに試合終了。やはり前半終了間際というもう一度後半に向けて気持ちを切り替えようとする直前で失点してしまったことが痛く、尾を引く結果になりましたね。


この敗戦でヴァンフォーレは勝ち点13のまま足踏み。勝ち点の上積みは次節以降の持ち越しとなりました。次のリーグ戦はホームゲーム。ヴァンフォーレは連敗をしないように勝利を収めてデーゲーム期間を締めくくりましょう!



【勝ち点41への道】
★★★★★★★★★★
★★★☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


クラブが今シーズン目標としている勝ち点41への道のり。今回は足踏みしましたが、アウェーゲームでの結果ということで気持ちを切り替えていきましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前半終了【横浜F・マリノス戦】 | トップ | 横浜F・マリノス戦独自採点 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。