ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと13年目を迎えました。目標はJ1中位定着ズラ!

山梨観光案内12~富士スバルライン~

2017-05-18 | 山梨観光案内
繋がる集客力アップ~山梨の観光とサッカー観戦を結びつけよう~


山梨の観光を紹介し、プラスしてサッカー観戦にも興味を持ってもらおうとするコーナーの第12弾。今回紹介するのは富士河口湖町から富士山五合目まで伸びている富士スバルラインを紹介したいと思います。


富士河口湖町胎内から富士山五合目(富士山登山吉田ルート)まで通じている富士スバルライン。この道は有料の山岳道路ですが、終点までおよそ30km続く道の途中には標高の高い場所で見られる木々や草花、眼下に広がる雄大な景色などが堪能できます。


まずスバルラインを走り、すぐに見えてくるのが‘一合目下駐車場’。トイレと駐車場しかなく、登り始め(下ってくる方は出口間際)ということで車もほとんど停まっていませんでした(自分も一瞬しか停車しませんでした。写真も撮らず)。しかしそこからでも壮大な富士山を見上げることができます。




車を走らせると次に見えてくるのが二合目を少し行ったところにある樹海台駐車場。名前の文字通り、駐車場から裾野に広がる樹海が楽しめます。




アップすると河口湖も分かりますね。






四合目手前にある大沢駐車場。ここには簡易的な展望台が設置されていて、望遠鏡で八ヶ岳の山々を眺めることができます。ここまで来ると高いところに来たなぁと実感できます。




四合目と五合目の中間にあるのが奥庭駐車場。一見すると駐車スペースとトイレしか見当たりませんが、脇道を入っていける看板が立っていました。先がどうなっているのか興味が湧いた自分は意を決して探索をスタート。





駐車場の脇道を入っておよそ5分。林に囲まれた場所に突然の売店に辿り着きました。そこからさらに先に進みます。




こういうゴツゴツした岩を見ると富士山は火山だと改めて分かりますね。





アップダウンの激しい石畳の道。とても長く感じる足腰にくるような道をどんどん進んでいくと、突然開けた場所に到着。




ここから見る山頂は遮る木々がほとんどなく、とても綺麗に見ることができました。頑張って歩いて来た甲斐があったというものです。





そして五合目に到着。まだ駐車場には雪が残っていましたよ。ここには売店やレストラン&神社などがあり、大勢の観光客で賑わっていました。でも観光客の7割は中国を中心とする外国人だったなぁ。「youは何しに…」





赤い鳥居を抜けると小御嶽神社という名前の神社がありました。富士山登山者はここで登山の安全を祈願するのでしょうね。




売店の自販機で売っている富士山のホットウォーター。珍しいので撮ってみました。




五合目から見る山頂も素敵でしたね。




富士山から見る景色を堪能し、降りてきた河口湖大石公園から見た富士山。下から見る富士山はやはり素晴らしいです。




富士スバルラインは登山シーズン(7月~8月末)の渋滞緩和のため7月からマイカー規制が行われ、一般車両は通行できなくなります。また寒くなる冬の時期は積雪などの影響から途中までしか通行できなくなる可能性があります。比較的暖かく、しかも適度に山頂に雪が残っている春のこの季節が一番気軽に富士山に行きやすいかもしれません。


…ヴァンフォーレの試合観戦を計画しているサポーターの皆さんや県外からやってくるアウェーサポーターの皆さんなど、山梨を訪れる際はぜひ観光の計画に入れてみてはいかがでしょうか?




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪





※おまけ


おみやげに買った富士山麗の天然水。ペットボトルが富士山型という珍しさでの衝動買いです。…バナジウム。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜F・マリノス戦独自採点 | トップ | 横浜F・マリノス戦の写真公開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山梨観光案内」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。