ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと13年目を迎えました。目標はJ1中位定着ズラ!

横浜F・マリノス戦の写真公開~番外編~

2017-05-26 | Weblog
アウェーで行われた5月14日のJ1第11節横浜F・マリノス戦。試合の様子は以前お伝えしましたので、少し遅くなりましたが今回は試合以外の横浜観光の様子を写真に撮ってきたのでここで紹介したいと思います。




押し気味の展開ながら得点が奪えずに0対1で敗れた横浜戦。試合が終わり、ニッパツ三ツ沢球技場を出たのが午後4時頃。悔しい気持ちを少しでも晴らそうと、横浜観光を兼ねて三ツ沢から移動し、横浜中華街がある石川町へ行くことにしました。





かなり久しぶりに行った中華街。石川町の駅を降りて中華街に入っていくと不思議な建物が見えてきました。関帝廟(かんていびょう)という寺院のようで、中華街最大のパワースポットとして知られているようです(知らなかった…)。特に財運を上げたかったり、悪運などを取り払えるそうです。ヴァンフォーレに悪運が付かないように参拝してきましたよ(もちろん自分にも)。




少し探索していると、お店が集中してある通りはだいぶ混雑していました。なかでもみんなのお目当ては気軽に食べ歩きができる小籠包と中華まんの店。小籠包に目がない自分は迷わず行列に並び小籠包を食べ、次のお店で小型の肉まんを3個食べました。写真撮ってないやと思ったときには小籠包と肉まんはすでに胃の中でした(笑)




中華街の雰囲気を堪能した後は、近くにある山下公園に向かいます。花やオブジェなどが飾られていてとても綺麗な公園でした。




山下公園と言えば‘氷川丸’。氷川丸は昨年国の重要文化財に指定された日本郵船で、中は歴史博物館が常設されているようです。今回は外観からそのクラシックな魅力を味わってきました。




噴水と親子。なんだかシャワー中を見ちゃってるようで恥ずかしかった…。




整備された道をてくてく歩いて次に行ったのが横浜大桟橋国際客船ターミナル。





隆起している場所なのに隙間なく規則的に木の板がきっちり敷き詰められています。特別な場所を歩いている感覚が得られます。綺麗なウッドデッキ。




展望広場を散策していると大型の船を発見しました。さるびあ丸。調べてみると主に伊豆諸島に向かう貨客船のようですね。







ベイブリッジやマリンタワー&船や横浜の街並みを海越しに眺めていると…




先ほどのさるびあ丸が出港していきました。港から出る姿も絵になるね。一緒に連れてって~。





港で浜風と広大な海の雰囲気をしばらく満喫し、続いて向かったのは赤レンガ倉庫。歴史的な建築物でそのクラシックなオーラは見るものを圧倒させます。ちょうど日が落ちる時間帯に行ったので、少し暗くなる赤レンガの雰囲気も凄く良かったですね。ちなみに建物の中はレストランやお土産屋など商業施設が入っていました。


赤レンガ倉庫を出て、ワールドポーターズを抜けて見えてきたのが…




コスモワールドの観覧車。とても大きく華やかなので人を惹き付ける力がありますね。ワールドポーターズ付近から歩いていた人はほとんど足を止めて観覧車を撮影していました。入って遊びたかったけど、今回はぐっと我慢。お預けです。




様々な色や形に変わるネオンが遠くから見てもとても綺麗でした。




帆船日本丸もライトアップされていました。




今回は夕方から夜にかけて石川町駅から横浜中華街→山下公園→横浜大桟橋→赤レンガ倉庫→ワールドポーターズ→コスモワールドを通り桜木町駅までのコースを観光しましたが、やはり横浜は観光スポットがたくさんあって改めて良い場所だなと実感できましたね。海の絶景も見たし、ネオン輝く上品で華やかな夜景も見ることができました。美味しい中華でお腹も満たされましたし。帰る頃にはヴァンフォーレが負けたショックがだいぶ和らいでいました(笑)

次回のアウェー横浜戦や横浜周辺の試合に行かれる際はぜひおすすめです。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試合結果【ルヴァンカップア... | トップ | FC東京戦見どころ紹介 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。