ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道!!

山梨に住むユタカのブログ。地元ヴァンフォーレを応援してこのブログもなんと13年目を迎えました。目標はJ1中位定着ズラ!

2017年シーズン前半戦を振り返る①

2017-07-13 | Weblog
18試合を終えた今シーズンのJ1リーグ。現在は約3週間の中断期間に入っていますが、このタイミングで2017年シーズン前半戦のヴァンフォーレの戦いを自分なりに振り返ってみたいと思います。


吉田新体制となって初めて臨むシーズン開幕戦は、アウェー吹田スタジアムでのガンバ大阪戦でした。開幕前のTMで手応えを掴んだ5-3-2のフォーメーション。ウイルソン選手と堀米選手を2トップに据えて、兵働&小椋&田中選手の3ボランチが精力的にピッチを動き回るチームは躍動感があり、組織として高いレベルのサッカーをみせていました。相手の攻撃を抑えながらも、後半10分に松橋選手の機を見計らった攻め上がりから先制点を獲得。その後アディショナルタイムに追いつかれましたが、あと一歩で勝利というところまで強豪クラブを追いつめました。


今野の起死回生の同点ゴール!G大阪が甲府とドロー【ハイライト:明治安田生命J1リーグ 第1節 G大阪vs甲府】



開幕戦で良い戦いを演じたヴァンフォーレ。続く第2節はホーム開幕戦で王者鹿島と対戦します。G大阪戦と同じように粘り強く守く試合を進めていき、1点を追いかける展開となった終盤に同点にできる絶好のPKの機会をヴァンフォーレが獲得します。そのPKを蹴るのはウイルソン選手。決めれば今シーズン初得点という場面で彼はこのPKを外してしまい、これが影響しヴァンフォーレは悔しい敗戦を喫してしまいました。

第3節はアウェー浦和戦。前半こそ相手を沈黙させる堅守をみせていましたが、後半になって浦和の攻撃陣が爆発。ヴァンフォーレが巻き返しを図るために得点を奪いに攻撃に力を傾けた影響もあってさらに失点を重ねて4失点の敗戦。後半31分にドゥドゥ選手が一矢報いたものの、力の差を見せつけられる試合となりました。

G大阪&鹿島&浦和というリーグを代表するような3クラブの連戦でショックが大きい結果になると予想した方が大半だったと思いますが、成績は1分け2敗というものでしたが意外にもヴァンフォーレは戦えているなと感じた方が多かったと思います。それはクラブが目指している堅守速攻のスタイルを試合中に存分に出していたからだと言えます。その自信はこの強豪との3連戦を終えた次の試合から結果として形に表れるようになります。


【公式】ハイライト:ヴァンフォーレ甲府vs大宮アルディージャ 明治安田生命J1リーグ 第4節 2017/3/18



前半をスコアレスで終えたヴァンフォーレは後半25分にCKの流れからPKを獲得。蹴るのは第2節でPKを外しているウイルソン選手。その失敗したトラウマを振り払うように豪快に右足を振り抜き、このPKでのゴールが決勝点となってヴァンフォーレが1対0と勝利し、今シーズン初白星を飾りました。続く昇格組の札幌との対戦では、前節挙げた白星の勢いそのままにヴァンフォーレが一気に攻勢を仕掛けていきます。前半42分に兵働選手の素晴らしいボレーシュートで先制点を挙げると、後半7分にセットプレーからエデル リマ選手が打点の高いボレーを決めて追加点。見事2対0で今シーズン初の連勝を記録することに成功しました。


【公式】ハイライト:ヴァンフォーレ甲府vs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第5節 2017/4/2



第6節の川崎戦ではここ2戦無失点に抑えている高い守備力を活かしながら、相手に勢いに乗らせないような我慢の展開が続きます。その我慢が実を結んだのかスコアレスで進んだ終盤の時間帯、ホームゲームで勝ちに来た川崎が攻撃の圧力を強めるために前向きになった瞬間にヴァンフォーレはカウンター攻撃を発動。河本選手が抜け出しGKとの1対1を冷静に制して後半アディショナルタイムに待望の先制点を獲得します。


【公式】ゴール動画:河本 明人(甲府)90+1分 川崎フロンターレvsヴァンフォーレ甲府 明治安田生命J1リーグ 第6節 2017/4/8



しかし勝利を目前とした残り僅かな時間に耐えきれないのが今シーズンのヴァンフォーレの弱みでもあります。ラストプレーとみられたセットプレーで川崎にヘディングシュートを決められ、すぐ近くまで来ていた勝ち点3がスルスルと逃げていきます。

続く第7節では下位に低迷している新潟相手に消極的なサッカーを披露してしまい0対2の敗戦。残留争いをするライバルチームに勝ち点3を献上します。ホームゲーム連戦となった第8節はタレントが揃うセレッソ大阪戦。相手に先制されるものの畑尾選手のヘディングシュートで追いついて1対1の引き分けに持ち込み勝ち点1をゲット。今シーズン好調な神戸とのアウェー戦となった第9節は、チーム&サポーターが待ち望んでいた人物の存在感が光輝きます。


【公式】ハイライト:ヴィッセル神戸vsヴァンフォーレ甲府 明治安田生命J1リーグ 第9節 2017/4/30



『甲府の至宝』と呼ばれながらも得点という結果がなかなか出せずに苦しんでいた堀米選手。この神戸戦の決勝ゴールは得意の左足のシュートではなく、ゴールに向かって飛び込んだダイビングヘッドで泥臭く決めたもの。まさに強い気持ちで押し込む彼の心意気が感じられるようなJ1初ゴールでしたね。この堀米選手の1点を守り切ったヴァンフォーレは今シーズン3勝目を挙げることになります。



【ヴァンフォーレ甲府2017年J1リーグ戦前半戦成績 第1節~第9節】

第1節 ガンバ大阪(A) △1-1 得点者:(甲)後10松橋 (G大)後46今野

第2節 鹿島アントラーズ(H) ×0-1 得点者:(鹿)後18レオシルバ

第3節 浦和レッズ(A) ×1-4 得点者:(甲)後31ドゥドゥ (浦)後12興梠、後15武藤、後38李、後47ラファエル・シルバ

第4節 大宮アルディージャ(H) ○1-0 得点者:(甲)後25ウイルソン

第5節 コンサドーレ札幌(H) ○2-0 得点者:(甲)前42兵働、後7エデル リマ

第6節 川崎フロンターレ(A) △1-1 得点者:(甲)後46河本 (川)後48奈良

第7節 アルビレックス新潟(H) ×0-2 得点者:(新)前11原、後7矢野

第8節 セレッソ大阪(H) △1-1 得点者:(甲)後17畑尾 (C大)後3杉本

第9節 ヴィッセル神戸(A) ○1-0 得点者:(甲)前38堀米
※3勝3分け3敗(勝ち点12)



※好きな歴代外国人選手No.1を決める総選挙実施中!
『熱血的ヴァンフォーレ歴代外国人選手総選挙』

投票はコチラからお願いします♪



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村
※ランキング参加中!1クリックお願いします♪
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試合結果【ジュビロ磐田戦】 | トップ | 2017年シーズン前半戦を振り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事