YUTAKAの写真館

登山・スキー・自転車・ウォーキングとデジタルカメラの風景写真等を掲載中!

YAESU 「FRG−965」

2011-08-04 23:37:37 | HAM

 

今日もHAMシリーズですが、懐かしい受信機を紹介します・・・。
この受信機もかなり古くて約25年前の物です。 


受信周波数は 60MHz 〜 905MHz の LSB , USB , AM . AM-W , FM , FM-W
が聞けます・・・。 RF部はテレビのチューナーで感度が悪くて、アンテナ入力回路をちょっと
改造してあります。 それと、ビデオユニットを入れて有りますので「アナログテレビ」も
見えたんですよ・・・・・。 外付けの「HFコンバーター」を付けると短波受信機にもなります。

この受信機も「メモリーのバックアップ電池」が無くなり、メモリーCHが全部消えてしまい、
先日、「メモリーの電池交換」をやりました・・・・・。

 

【FRG−965の写真】


FRG−965の外観   (YAESU無線もスタンダードに吸収合併されましたね)

 


上蓋を空けて、「中の基板」です   (メモリー電池の交換は二回目です)

 


これが前回(10年程前?)交換した「リチウム電池」   (電池は 88.11の日付でした)

 


今回交換の「3.6V  60mAh ニッカド電池」  (こんな電池しかストックしてなかった)

 


純正の電池が無いので「とりあえず交換」してしばらく使います・・・

※ 今の所、「周波数のメモリー」は正常に動作してます・・・・・。

 

 

【もう一つの故障】


本体の上の装置が、クラニシ製の「受信アンプとHFコンバーターとアンテナ切替器」です

 


実際のディスプレー表示はこんなんです。 「125.7MHzの東京コントロール」を受信中です 

※ 上がこのFRG−965専用の「クラニシ製 CC−965  アンテナ切替器」

 


そして、これがクラニシの「広帯域受信アンプ WA−965」です

※ 何が故障なのか・・・、と言いますと、近くに雷が落ちIC」が死にました・・・
 
 もう「クラニシ」さんは倒産して有りません・・・  (修理不可です!)

 


WA−965の内部  (真ん中より少し左の■の部品が「高周波ICの μPC-1652 」

アメ横でこの部品を探しましたが(型番が古くて)無い!

代替品で同等の規格と思われる NEC製の 「 μPC-1659  (Max frq= 1.5GHz) 」
見つかり1個買ってきました。 小さくて難儀ですが、取替えは「盆休み」にやってみます・・・。

 

※ 部品交換が成功したら、ブログにUPしますので・・・・・。

 

 

ジャンル:
写真
キーワード
東京コントロール ニッカド電池 リチウム電池
コメント (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« C−501 トランシーバー | トップ | 夏の空 »

コメントを投稿

あわせて読む

HAM」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています