小さな町で幸せ探し

団塊世代の夫婦の日々・・
夫が生まれて育った故郷で暮らしています。
悲喜こもごものスローライフの物語。

ダイモンジソウが咲く

2016-10-15 17:28:18 | 日記

数日前の夜、8時半だったかバンバンと破裂するような音。
まさか田舎町にテロ?!なんて考えられないし。
夫「花火と違うか」とガラス戸を開けました。
すぐ近くで打ち上げられている気配。
大急ぎでカメラを持参。
町の財政事情か景気のよい花火はあげられません。
家の前から写しました。
20枚ほど写した中で一番マシなのがこれ・・花火写真は難しい。
ましてや数分限りの打ち上げですから・・
「数打ちゃ当たる」にも限界がありました。

子供や孫がいたなら広告を見逃さず出かけたことでしょう 


白いダンモンジソウ・・咲くたび亡き方を思い出します。
静かで素朴なのに花の持つ力は偉大ですね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨大キノコ「オニフスベ」 | トップ | 芸術・スポーツの秋 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kie)
2016-10-15 15:53:30
だいもんじ草はじめてみました。
赤い花もあるのですか?大の字に見えます
ものね。
花火は本当に一瞬ですものね。
私も夏、娘と花火大会にいきました。
スマホで写したのですが(動画でとれば?)
と言われたけど操作をきかないまま、やはり
kayoさんと同じような写真(失礼、、、)
kayoさんは花火が始まるのさえ知らなかった
んですものね。
kieさんへ (kayo)
2016-10-15 18:12:02
ダイモンジソウ・・素朴でとても大切なものの一つです。

娘さんとの会話・・頷けます~
スマホの時代?持っているだけで最先端かも。

明日は地域の秋祭りやイベントが目白押し。
家のすぐ側なので夫が行くなら、久々に賑わいの中へ出かけようかしら。

このところ、高齢者大の文化祭の出し物の稽古や関連の雑用で忙しくしています。
Unknown (920-375)
2016-10-15 20:16:00
大文字草きれいに咲いていますね。
思い出のお花は見る度にその人が偲ばれますよね。
赤ももうすぐ咲きますね!
わが家には大文字草がないので、買ってみようかなと思っているところです。
92 (kayo)
2016-10-16 22:03:10
ダイモンジソウ、戴いてから随分増やしましたよ。
375さんが近くにおられたら差し上げたい心境です。

華やかで賑やかな外国名の花は、どちらかと言うと
苦手・・やかましい?感じがします。
と、言いながら我が家、横文字名の花も数は結構あるかも~
大事にしていると花には愛着がわきますし・・ね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む