小さな町で幸せ探し

団塊世代の夫婦の日々・・
夫が生まれて育った故郷で暮らしています。
悲喜こもごものスローライフの物語。

亭主元気で留守が良い

2017-04-21 12:59:16 | 日記

エビネラン。
黄色もあるのですが開花が少し遅いみたい。

              

 昨日は、夫の釣り友(79歳)が岡山から訪ねてくれました。
去年の末から病気(内臓のがん)療養中なのです。
思ったよりずっと元気そうでした。

独特の岡山弁には親しみが沸きます。
「やりょうるんや」とか「いけんのじゃ」とか 

「また釣りに行けるようになったら連絡するでな」と行って帰りました 

夫の友は私の友、
三人で2時間ばかりコーヒーを飲みながらのひと時でした。


ところで今日も夫・10時からゴソゴソ 
「嫁はんにシジミ食べさせなあかんから行ってくる」って。
そう言えば・・机の上に潮見表が置いてありますわ。

「亭主元気で留守が良い」って言いだしっぺはどなたでしたっけ? 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワラビ&ユキノシタを食す | トップ | ミヤマオダマキ&タツナミ草 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kie)
2017-04-21 21:24:57
嫁はんにシジミ食べささなあかん、、、、、
が楽しく笑えます。
kieさんへ (kayo)
2017-04-22 07:15:11
そう言う夫。今も早起きしてシジミを洗っています。
今日は9時から地区の総会。
午後は鳴門の海へ仲間と車を走らせます・・正に亭主元気・・そのものですわ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む