小さな町で幸せ探し

団塊世代の夫婦の日々・・
夫が生まれて育った故郷で暮らしています。
悲喜こもごものスローライフの物語。

ワラビ&ユキノシタを食す

2017-04-19 13:41:28 | 日記
朝7時・・寝床に夫が居ない。
田舎で高齢者の二人ぐらし。家周辺を探し呼ぶも応答なし。
身代金目的の誘拐!まさか!ね。
質素倹約の年金暮らしの我が家ですし・・身代金はありませんことよ。

そうだ!軽トラックは?・・やっぱり!車が無い。
大丈夫だわ。
ワラビ採りか川エビ獲りか、煙草が切れて買いに行ったかぐらいのはず。
今日は夫、早朝から自然界にどっぷりだと私・推理しました。
   やっぱり!

二人には多すぎるほどのワラビ。
だけど何度かに分ければペロリと食べられます。
夫が採ってきて(車で3・4分)、アク抜き(上画像)までやってくれます。
私はそれを切ってお皿に盛り
「たつのヒガシマルの4倍濃縮めんスープ」をかけるだけ 
無駄な調理はいたしません・・・大きな声では言えないけれど。


庭の端っこにはユキノシタ。
ついでに、これをテンプラにでもするかな 

はい。日々の食卓には野山のもの(無料)が多いです。
折角の田舎暮らしですもの・・ね。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツツジ&アプチロン | トップ | 亭主元気で留守が良い »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
kayoさんへ (Unknown)
2017-04-20 15:14:50
おいしそうですね。ワラビのアクヌキしたときに出る汁の色、大好きです。染料にならないかと試しましたが駄目でした。
kieさん?へ (kayo)
2017-04-21 14:44:34
何でもチャレンジされるのも楽しいことですね。
タマネギの茶色くなった外の皮の煮だし汁では茶色く染まるのを思い出しました。
Unknown (kie)
2017-04-21 21:20:31
ユキノシタの天ぷらは美味しかったですか?
しろいユキノシタは食べられると聞いた
事がありますが、まだためしていません。
タケノコを二人の方から頂き、木の芽和え、
ワカ竹煮、ふきとおあげと一緒にお煮しめ、
そしてひらめいたのが貝柱とちくわいり
甘辛ぴりからが良かったです。天ぷらとお寿司
がまだです。八ぽーさいもしました。
蕨はまだです。
植物も春を待ちかねたようにすくすく育って
嬉しそうですね。
kieさんへ (kayo)
2017-04-22 07:11:36
ユキノシタは無味ですが不味くはなく、食卓を飾ります。
春は山野の食べ物がそこここに・・
田舎暮らしの醍醐味を味わっています。
あ!裏の畑にタラの芽も!こちらは既に2回目です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む