雄叫びブログ

恋愛を中心に、あれこれ色んなことを語ります。

時間の感覚と恋愛の価値は同じ

2017-03-13 | 恋愛

相手に自分の時間を譲るという行為は、
かなり相手に好意的ではないと難しいと思います。

例えば、友人と待ち合わせをしたとき、
多少の遅刻が許せるのは
よほど仲が良いからではありませんか。

恋愛も同じで、
相手と同じ気持ちでその時間を過ごせないと、
譲れない部分が多く付き合うのは
難しくなります。

一緒にいられるということは、
相手に好意がある証拠になるのです。


恋愛に関わる時間の感覚は、
意外なことに大きな男女差はなく、
あくまでも相手への好意がそれを左右します。

やはり気になる相手には
大きく時間を費やしますし、
デートの時間も長めになります。

でも、それほど興味がわかない相手に対しては、
長い時間のデートは苦痛ですし
時間がもったいないと感じるもので、
2度目のデートにも繋がりません。


出会いの中で確認したいのは、
相手への興味と好意が比例しているか
どうかです。

同じくらいの感覚であれば、
恋人候補としてアプローチできると思いますし、
相手も好意に気づいていて、
お互いの興味や好意が同じくらいだと解れば
悪い返事はないと思います。

そういったところからデートへのきっかけを作り、
時間の使い方を検証してみましょう。


自分が大切にされているなと感じるのは、
長い時間を過ごしながら、
飽きもせず優しくしてもらえる時では
ないでしょうか。

「もっと一緒にいたい」という言葉は
最上級の愛情表現です。

恋愛において、
離れている時間も思いやることが大切ですが、
ふたりで過ごす時間をふたりで
大切にすることが前提であり、
そうしていく時間を確保することが
長い付き合いになるのだと言えるでしょう。

サブカテゴリー:男女の時間感覚


BS blog Ranking

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時間の使い方を否定しない | トップ | ゆっくりした時間感覚を作る »

恋愛」カテゴリの最新記事