主に萌えています†('ω'*)β

いろいろ亀更新

Kaiba

2017-06-28 | days
フォロワさんにニーア好きならと教えて頂いたアニメなんですが…想像以上に箱ティッシュが必要なしんどいアニメでした…色んなところで(´;ω;`)ブワッ ってもう…ブワって。
くろにこ…ほんとあかんでし…ねえさん…長靴…(序盤)

湯浅監督作品はピンポンしか嗜んでなかったんですけど、なんかもう途中からかなりの涙腺崩壊アニメで、ポップな絵柄に軽くかまえてたのに内容かなり大人向けで色々とんでもなかったです…ウェッエッ::

ネタばれおかまいなしで超局所的な感想を言うとボディも記憶も何もかもその人から無くなっても、何かが残ると思いたくなる…あの時、大切なものの為に全身全霊をかけたバニラからそう思って
…アアばにら…まさかあんなキャラにばけるとかきいてない…ほんとしんどいんですけど…。
彼が呼ぶクロニコの名前が作中彼女の存在をずっとのこしていたのも…最期でクロニコの幻影が彼に微笑んでくれて、もし本物の彼女が生きてたら、彼と会ってたらどうだったんだろなとかふと思うしかなかったんですけど、ボディや記憶以上に誰かの想う気持ちや心が永遠であれすぎたんですが
(これニーアだ…)
バニラが一目惚れした彼女の中身はカイバなのに絶望して事切れた元の彼女を不憫に思いすぎてる補正が入ってるから:自分でもすごく都合のいい勝手な解釈?するなやーなんですけど(ほんとに)それでも何かが残っていて欲しいと切実に思った。
湯浅監督伏線の張り方や演出うますぎて、何か小難しい事考えるよりあれをみたまま感情のままドバッと泣くしかなかったです7話。
記憶に残らない男だけど私の記憶には残るよあれはどうしても(嗚咽)
ありがとう、ありがとう::::

色んな角度から人の弱さや居たたまれなさかかれてるのや(根底には愛が存在したりしなかったり)ポポやキルトみたいに大切な人の為に自分をかえてまでボディや居場所を求めるのほんとも~:…にーあ…てなるし
灯台のおばあちゃんの話(双子の孫ェ…)とか色々思い出してオオン…てなっちゃったり顔背けたくなる系の話多かったんですけど、それぞれのキャラクターの行動とかこういうのあるよなって考えさせられて。
主人公やヒロインネイロの真相についてはなるほどだったんですが…とくにネイロ、もう一人の彼女の結末は、初見ンホッッ!?(そっちいくのーー)てなったんですが、理解出来なくもなく。どっちも幸せならOKです(*'-^)bでは気持ちよくおさまらないあの感じ…大団円にみえるラストも(ポポの事も含めてわりと)抉られるていう。や~はァァ~…まいったんですが、とても良いアニメだなーと。
こういうの好きです。もやもや…もやもや…

カイバサントラ聞きたさあって(特典だった)ボックスをぽちったんですが、改めてThe tree songs、ほんと…ピアノもヤバで…クロニコ-!…ねえさんっ…!!(泣かないでかー)なんですけど、MemoriesもNeverもCarry me awayも惑星アビバで流れてたゴキゲンな曲もよきで…カイバふおんな感じの曲が多いからアビバの際だってる感じ好き( ˘ω˘)



レプコスでカイネさんの所でまったり
人形達ノ記憶円盤と小説、一気にくるみたいで楽しみすぎるけどこわくも…過去編くるかな二号九号ジニアさんとやら。ウッ…おてやわらかにすぎる…
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« プロメテウスの乙女 | トップ | White »