有志舎の日々

社長の永滝稔が、 日々の仕事や出版・学問などに関して思ったことを好き勝手に 書いていきます。

『三遊亭円朝と民衆世界』、刊行となりました!

2017-07-31 11:30:36 | 出版
須田努さん著『三遊亭円朝と民衆世界』(本体5,000円)が無事に刊行となりました。
今週中には書店さんに並ぶ事になるでしょう。

複数の書店さんから、「この本は、歴史の棚に置いたらいいですか、それとも芸能の棚ですか?」と訊かれたので、「できれば2冊仕入れていただいて両方において欲しいですが、それが無理なら歴史の棚でお願いします」とお答えしております。
これまでの芸能・文学研究とは一線を画す、歴史学・民衆史の本なので。

なお、明日から1ヶ月間、「円朝祭り」が東京・谷中の全生庵で始まりますね。
谷中の書店さん、仕入れをお願いします(笑)。
でも、高い本だから無理かな・・・。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若手の研究と編集者 | トップ | 「歴史」を言論・思想圧殺に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。