有志舎の日々

社長の永滝稔が、 日々の仕事や出版・学問などに関して思ったことを好き勝手に 書いていきます。

指定管理者制度と地域NPOについて

2017-07-18 10:47:00 | 社会・経済

本と人をつなぐNPO法人「そらまめの会」による公立図書館運営、とても興味深い。
指定管理者制度の理想的な在り方がここにある気がします。
杉並区も外部の有名業者に丸投げするのではなく、これを見習うべきだと思うし、そういう受け皿を民間で作っていくことも大事だな、と(もうすでにあるのかな? なお調べないと)。

一方で、地域の人による地域のための読書空間を作るためには、片手間ではない「本気度」が不可欠であること。そして、理想を口で語るだけではダメでいかに汗をかくかだ、ということを教えてもらいました。
果たして、自分はそこまでの事をやっているか、またそうやっていくにはどうしたらよいのか。
出版というものの在り方も含めて色々とリンクしていると思うので、実践について考えていきたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターネット書評無料閲覧... | トップ | 若手の研究と編集者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。