こばやんの釣道場

釣りのことならお任せあれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジャパンカップ グレ IN 徳山大会

2014-05-18 14:53:12 | 日記
  

今回乗ったテトラ



  平成26年5月17日 中潮


 先週と同じように至福の時を過ごし、朝4時に受付に行く。
 ゼッケンは20番だ!
 4時半に受付を終了し、大会説明を聞き、各自船に荷物を積み込む

 各磯に降ろして行き、19番と一緒にテトラに乗った。
挨拶を交わし磯決めをして、マキエを作る。
オキアミ1角 つり万ピンポイントグレ とばしパンコ 
仕掛け銀狼04 道糸2号 ハリス1.2 ウキ全遊動424の0 グレバリ4号 エサは生イキくんM

 潮はゆっくり左から右に流れている。
すこしするとウキが入る。上がってきたのは手の平のクロ
本日は23cm以上なのでリリース
それから釣れるもなかなかいいサイズが釣れない。
それでもたまにキープサイズをライフウェルに入れる。
 ウキを0cにし、遠投をして仕掛けを張っているとククーと少しほさきが曲がるので合わせる。
それでもサイズが上がらない。
エサをむきみに変えたりハリスを変えたりするが12時終了!!

 結果5枚 1,993Kgだった。

 優勝は2K400~500だった。

 徳山大会は30cmオーバーを5枚そろえるとセミファイナル(6名)に行ける。

 また、来年チャレンジだ!!!

 

       検量風景



       おたのしみ抽選会






       
       釣果




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンカップ クロダイ IN 徳山

2014-05-14 14:21:52 | 日記
    

 平成26年5月10日


 山陽道を走り、徳山東で降りて徳山港へ

 ジャパンカップ徳山大会である。

 行きがけにビール2本、ワンカップ2本おつまみを買い、車の中で飲む。
ラジオを聴きながら一人で飲む酒はたまには良い。
少し仮眠をとり、4時前支度をしシマノの会場へ!!

 もうだいぶ人も集まっている。
ゼッケンを引く、24番だ。
大会説明があってそのあと各自船に乗り込む。
番号の大きい順に荷物を積み込み最後が22番だ。
港を出て5分くらいの小さな灯台の岩に22.23番。とうだいに自分と25番 その横の岩に26.27番が降りた。
挨拶を交わし話をしてみると広島から来た18歳高校生だった。

 6時釣り開始・・・仕掛けアテンダーⅡ0.6号 道糸2号 ハリス トヨフロンスーパー1.2号 ハリ 底攻めチヌ3号
自分が若番なので場所を選べる。
右を選んで6時になり第一投
潮は左から右に流れている。でも右から太陽が昇り始めているのでウキは見えない。
見える範囲でウキを流すもあたりがでない。
いろんな流し方、仕掛けを変えてもウキが入らないし、風も少し強くなっている。

 そうしている内に9時になり場所交代。

 潮は相変わらず左から右なので流す時間が少ない。
10時過ぎになり 全遊動424のBに変え、沖目にウキを入れる。潮が結構ゆるくなっている。
そして、ヒット。やっと来たかと思ってタモをいれ見ると30cm弱のメイタ。
ライブウェルに海水を入れメイタを入れる。

 その後何回か流しているとウキがスパッと入った。
合わせるといい引きだ。
40cmのチヌだ。また、ライブウェルに入れる。

 時計を見るともう11時
後一時間で終了だ。
条件が良くなったので頑張るもタイムオーバー。

 結局2枚だった。

 これでは検量しても上位には入れないと思いリリース

 やっぱりゼッケンを引くのも運のうち

 来年もジャパンカップチャレンジだ!















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現在最高記録 マダイ 73cm 若松運河

2014-05-10 17:21:18 | 日記
     


            平成26年5月6日

 朝7時に若松のポイントに着き、オキアミ1角 集魚剤1袋を混ぜて、いざ、運河へ!!

 ゴールデンウィークのあの多い人達は見当たらず、本日は左に歩いていつものポイントだ。
さっそく仕掛けアテンダー0号 道糸2号 ハリストヨフロンスーパーL 1.2号
ハリ 底攻めチヌ3号 でタナ一本ちょっとで始める。
 何投かしていたら牟田島さんがやってきた。それから二人で釣るも風が横風で少し強い。
 
 仕掛けを色々変えるもアタリなし

 そして、今日はあきらめかけた11時頃、右に流れていたウキがスパッと消えた?
一呼吸入れて合わせる。ググーやっと来た。
そして、タモに収まったのは30cmくらいのメイタ。これからじあいか?そして、その数投目
ウキがスパッと消えた。

 合わせる。

 ベールがバチバチバチ ”やばい”道糸を出す。

 止まらない・・・また、耐える。・・・止まらない

 3回くらい道糸を出すとやっと止まった。それから、合わせるもなかなか寄ってこない。
それでも、少しずつ寄せていく。

 「なんじゃこりゃ」と思いながら10分位してやっと姿が見えてきた。

 なんと マダイ

 かなりでかい。足元でなかなか浮いてこない。それでもやっと浮いて、牟田島さんにすくってもらう。

 フィニッシュ!!

 マダイ73cm 4,380g

 今まで運河で色々マダイの話は聞いてきたが、なんと本当にいるのだ。

 それをストリンガーに付け、また、釣り始める。
ちょっとして、潮が右から左に変わった。
それからちょっとして、スパッとウキが消えた。少し合わせる。
(のった)まぁまぁの引きだ。
タモですくうと丸々肥えたチヌ 47cm

 それで、マキエが無くなり、本日納竿
  
 よく0号でばらさず釣れた!

 さすが運河 本当に面白い所だ!




        マダイ




        今日の釣果
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口瀬渡し アスカ  釣行二日目

2014-05-10 17:01:11 | 日記
     


        平成26年5月3日  中潮

 山口二日目は、柳井から40分位の小森港から出る 手島フィッシングのアスカだ。
ここは出港は6時なので夜が明けているため楽だ。
 12名位を乗せて出港。
磯に一人二人と降ろしていく。
途中船長の横に乗り話を聞くと、クロの30cm位のが釣れているとの事。
そして、小さい磯やけど竿2本位から深くなって、結構釣れる所があるけ、
”そこに乗らんねー”と言うので、その磯に乗った。

 畳2枚位の小さな磯だ。
 結構雰囲気も良い。

 マキエを作り、オキアミ2角 釣りマンのピンチヌを混ぜ、竿アテンダーⅡ 06 道糸2号
ハリス3号 ウキ4B ガン玉投打ち

 マキエを足元に2杯 そして10m沖に仕掛けを投入。そして、マキエを打つ。
それを繰り返していくと ベラ、ベラ、ベラ、アジ、アラカブなどが釣れる。
これは我慢比べやと思っているといきなりかぜが強くなりしけてきた。
磯は小さいし、波はかぶるし、風がすごい。

 ”これはまずい”と思いTELしようとした時に船が迎えに来た。
風が強いので何回も瀬付けをしてやっと船に乗った。

 船長いわく”まだまだ風が強くなるけねー”との事。

 それから、皆を回収して風裏のほうに移動した。

 ここは、マダイが出るポイントだ。しかし藻が多い。

結局、一生懸命釣ったのだが、本日は残念・・・また、乗ってみたい。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口大島の釣り

2014-05-10 16:42:45 | 日記
   

  
      平成26年5月2日  中潮

 朝3時に起き、柳井から1時間で大島の一番奥の西村渡船だ。 
途中、大島入り口のかめや大島店に寄りオキアミ2角とつきえと小物を買う。

 4時過ぎに到着。まだ少し暗いが人が集まってきて、もう渡船が来ている。
皆、船に荷物を積み込み出港。

 最後に船長が”ここでやってみー”というので、その磯に降りた。
そして、見渡すと以前乗った磯だった。(びっくり)
ここは、潮が早くかがみのように流れる。早かったり遅かったりする。

 それでも、マキエを作り、今回初めての竿 アテンダーⅡ 06 だ。
仕掛けを道糸2号 ハリス1.5号 ウキ2B ハリスにガン玉2投うちでやってみる。

 朝は右から、左にゆっくり流れている。そして、少しすると潮が左から右 沖から手前と複雑だ!

 ウキを4Bとし、ハリスにガン玉 沖目に投入。マキエを投げて10m位左に行ったところでウキがスパッと入った。
一呼吸入れて合わせてみる。

 クンクンとチヌの引きだ!!

 そして、このアテンダーは0号と違い、しなやかであるが、ためが強く難なく浮いてきたのは、
35cm位のチヌ。・・・が、後が続かない。
色々試すも、全く釣れず、納竿

 ちっと難しい磯だった。













      やっとの1枚
コメント
この記事をはてなブックマークに追加