ささやんの天邪鬼 座右の迷言

世にはばかる名言をまな板にのせて、迷言を吐くエッセイ風のブログです。

北朝鮮情勢 快方に向かうのか?

2017-05-14 16:08:45 | 日記
ちっとも良くならない私の体調と違って、まるで良くならない私の脳調
(脳みその調子)と違って、北朝鮮情勢はどうやら快方に向かう兆しを
見せ始めたようだ。TBS NEWSによれば、北朝鮮は中国に対し、4月20
日に6度目の核実験を実施する旨通告した。これに対して中国が「強行
すれば国境を封鎖するぞ」と警告したところ、核実験は沙汰止みになった
という。

この報道はなぜ「福音」なのか。それは、北朝鮮の指導者・金正恩がまだ
正気を保っており、血迷った「窮鼠」状態にはなっていないことを、告げ
知らせるものだからである。正気の部分が何割かでも残っていれば、外交
交渉は成り立つ。習近平国家主席に任せておけば、つい最近アメリカとの
間で繰り広げたようなき●●●染みたチキンレースにはならないだろう。

中国が株を上げたことで、政治力学もだいぶ違ってくる。トランプは無能
をさらけ出したうえ、(FBI長官を解任したことで)足元に火がついて、風
前の灯である。これとは反対に、中国が主導する「一帯一路」構想は俄然
存在感を増し、西側諸国の投資家の食指を動かすだろう。習近平国家主席
からすれば、無能な米大統領の悪あがきは、渡りに船以外の何ものでもな
い。

きょうになって、注目すべきニュースが飛び込んできた。北朝鮮がミサイ
ルを発射したという。その規模からすれば、今回の企てはレッドラインに
遠く及ばず、様子見のアドバルーンのようなものだろう。「これで、中国
はどんな反応を見せるかな?それに、俺たちはまだ戦意を喪失したわけ
じゃないっでことなのだよ!」

さてさて、私の体調、脳調も好くなってくれればいいのだが、どうにも咳
のゴボゴボが治まらない。ふぅ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老魔病魔雑感 | トップ | 歴史のなかで夏草は »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。