ささやんの天邪鬼 座右の迷言

世にはばかる名言をまな板にのせて、迷言を吐くエッセイ風のブログです。

生きることを楽しむ

2017-06-14 10:53:15 | 日記
「おまえは俺が羨むぐらい、これからは生きることを楽しむんだぞ」

テレビドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」を観た。クライマック
スのシーンで、この言葉が私を捕らえた。「生きることを楽しむ」、−−
なんとも素敵な言葉ではないか。この言葉がどういう人物の口から、ど
ういうコンテクストで出されたのか、そんなことはどうでもよい。この
言葉が私の心を撃った。それだけのことである。

このドラマを書いた脚本家はニーチェ好きなのではないか。そう思ってグ
グってみた。脚本を担当したのは、金城一紀(かねしろかずき)という人
で、この人は直木賞受賞作家として、小説の執筆でも活躍しているらしい。
ニーチェ好きなのかどうかは解らなかった。

生きることを楽しむ。私がこうしてキーボードをたたきながら、ブログの
文章を書いているとき、私は生きている自分をありありと実感し、そう実
感している自分が楽しくてたまらない。

私は脳卒中の後遺症で半身不随になり、自由に出歩くことができない日々
をおくっているが、そんな私が「生きることを楽しむ」境地を模索してた
どり着いたのが、こうしてキーボードをたたくことだった。「できなくなっ
た釣り(フィッシング)の代わりに、何か楽しい暇つぶしはないものかな」
と自問し、あれこれ考えながら、おのずとたどり着いたのが、こうしてブ
ログの文章を書くことだった。より性能の良いタブレットを求め、より打
鍵感の良いキーボードを求めながら、こうしてブログの文章を書いている
自分は、さぞ生き生きしているのだろうなあ、と我ながら思ったりしてい
る。

楽しむためにネタを探し、ネタ作りのために批判したり、おちょくったり
した方々には、この場を借りてお詫びします。とりわけ安倍政権の主要メ
ンバーの皆さん、どうもすみませんでした。そしてこれからも、どうぞよ
ろしくお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相の独裁政権は | トップ | アイヒマンの義家は »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。