ささやんの天邪鬼 座右の迷言

世にはばかる名言をまな板にのせて、迷言を吐くエッセイ風のブログです。

文章の名人・萩生田

2017-06-16 10:17:20 | 日記
我田引水。自分の田に水を引く。水を引くための水路を、ブルドーザーな
ど使わず、小さなスコップ一つで作ったら、そいつは相当できる奴である
に違いない。元の原案にちょっと手を入れただけで、獣医学部新設の認可
申請が、お目当ての加計学園だけに該当するよう、きちんと方向づけがで
きるのだから、萩生田官房副長官はよほどできる男であるに違いない。以
下のような報道が目についた。

文科省は15日、「総理のご意向」などと記された文書の存否を調べた再
調査結果の関連資料として、内閣府から文科省の担当者に送信された昨年
11月1日付の電子メールと、メールに添付された文書を公表した。
メールや文書によると、藤原氏ら内閣府側と文科省の担当者が諮問会議に
提出する文面を内々に打ち合わせた際、藤原氏が「獣医師系養成大学等の
ない地域において獣医学部の新設を可能とする」という文科省の原案の冒
頭に「広域的に」を付け加え、「おいて」を「限り」に変更するよう指示
した。メールには「指示は藤原審議官曰(いわ)く、官邸の萩生田副長官
からあったようです」と記されていた。
                     (毎日新聞 6月15日配信)

萩生田副長官が原案に手を入れた結果は、どういうことになったのか。

文科省は獣医師の過剰を防ぐためとして獣医学部新設を認めていなかった
が、諮問会議は昨年11月9日、「広域的に存在しない地域に限り新設を
可能」とする規制緩和を決定。加計学園が今年1月20日に事業者に認定
された。京都産業大(京都市)も学部新設を希望していたが、大阪府内の
大学に獣医師養成課程があることから「広域的に」「限り」の文言が障壁
となり、断念した経緯がある。
                            (同前)

萩生田氏のみごとな文章手直しの技術は、大学入試「国語」の試験対策と
して、予備校などで教え込まれたものなのだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイヒマンの義家は | トップ | 加計学園と共謀罪 その共通... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。