ささやんの天邪鬼 座右の迷言

世にはばかる名言をまな板にのせて、迷言を吐くエッセイ風のブログです。

横綱日馬富士の引退に寄せて

2017-11-30 11:44:54 | 日記
横綱日馬富士がついに引退した。暴行沙汰の幕引きとしては、これしかなかっ
ただろう。暴行沙汰の再発を防止する有効な手立ては、「暴行沙汰を起こした
ら、この世界では生きていけなくなる」という現実を力士たちに教え込むこと
であり、それ以外にない。理事長が講話で「暴力は良くない」といくら声高に
力んでみても、そんなものは力士たちには馬耳東風だろう。「暴力を奮った
ら、この世界では生きて行けなくなる」という現実を突きつけることだけが、
血の気の多い力士たちを教育する有効な手立てになる。引退を表明した横綱日
馬富士は、自ら身を挺して力士たちにこの現実を教えたことになるから、その
意味では、「さすがは横綱、腐っても鯛!」と褒めるべきだろう。

ただ、横綱の引退会見をテレビで見ていて、気になったことが一つある。それ
は、彼が貴ノ岩を凶打したことを、「礼儀がなっていないことを教え正すため
」だったとして正当化し、「自分は正しい。やり過ぎただけ」と語ったことで
ある。ーーこの受け答えを聞きながら、私は、中学生だった頃、軍隊がえりの
教師からこっぴどく殴られたことを思い出した。「態度が悪い」という理由か
らだった。横綱の言葉を借りれば、「礼儀がなっていないから」ということに
なる。だが、暴力を振るうことによって、礼節を欠いた人間を矯正できると、
日馬富士は(また、あの中学の体育教師は)ホントに思っていたのだろうか。
とんでもない。日馬富士は、相手を暴力で支配し、このやんちゃな力士を、自
分の言うことに黙って聞き従う「従順な」人間に仕立てようと思っていただけ
ではないのか。

貴ノ岩を、自分が操れる力士に仕立て上げるための暴力。それならよく分か
る。モンゴル互助会の血の掟を無視して、八百長による星の取引には応じず、
ガチンコ勝負を挑みつづける跳ねっ返り根性、ーーモンゴル互助会を潰しかね
ないこの危険な「反社会的」根性を、日馬富士は叩き直したかったのである。

貴ノ岩の師匠である貴乃花親方は、依然として沈黙を続けている。「アレをば
らして欲しくなかったら、現執行部は引っ込んでおけ。次の執行部のアタマに
は俺がなる」と暗に言おうとしているようだ。貴乃花親方が言外に匂わせるア
レとは、言うまでもなく、この世界の一部にいまだ根強くはびこる八百長体質
である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウハウハの北のミサイル | トップ | 角界の闇を見た »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
違和感を覚えました。 (ゴマメのばーば)
2017-11-30 20:22:46
こんばんは。
「礼儀がなっていないことを教え正すためだった」という日馬富士の言葉に、私も、戦時中の配属将校を思い出しました。
相撲界のことはよく分かりませんが、ビックリしましたし、これが「国技」?と。かなり違和感を覚えました。
ありがとうございます (ささやん)
2017-11-30 22:13:11
ゴマメのばーば様

コメント有難うございました。ばーば様が感じた違和感と、私が感じたそれとは、まったく同じだったと思います。私に体罰を加えた中学校の教師は、体育の教師で、旧日本陸軍の匂いをぷんぷんさせていました。ただ、将校の身分ではなく、下級の兵卒だったように思います。軍隊時代に染み付いた下級兵卒のコンプレックスを、戦後、中学生相手に発散させていたのだと思います。そういうコンプレックスなら、横綱(=将校)の日馬富士には無縁だとしても、前頭の貴ノ岩なら抱いているかも知れません。貴ノ岩があのちんけな中学教師のように、若手十両クラスのいじめへと走らなければ良いのですが。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事