ささやんの天邪鬼 座右の迷言

世にはばかる名言をまな板にのせて、迷言を吐くエッセイ風のブログです。

米軍沖縄基地 台湾へ!?(続)

2017-01-25 14:20:58 | 日記
omg05さんからのコメントを読んで、一つ大事なことを忘れていたこ
とに気づいた。それは、トランプ新政権の軍事戦略と、もう一つの当事
者である台湾政府との関係である。米軍沖縄基地を台湾に移設する計画
について、それでは台湾政府はどういう意向を持っているのだろうか。

これについては推測するしかないが、台湾政府は、中国の軍事圧力を牽
制する意味で、米軍基地の自国への移設を大いに歓迎するに違いない。
むしろこの移設計画は、策士ボルトンのあみ出した奇策というより、台
湾政府側からの積極的な提案だったと思われる。

トランプが大統領選挙に勝利して間もなく、台湾の蔡英文(ツァイイン
ウェン)総統と電話会談したこと、また、その後まもなく、蔡英文総統
が中米4カ国の訪問に託(かこつ)けて米国入りしたことも、両者の相
思相愛の関係を示すものと言えるだろう。米国入りしたこの台湾のトッ
プは、その折、トランプ新政権の関係者と会談をして、基地移設の提案
(がマジであること)をあらためて確認したと考えられるのである。

さて、基地移設をめぐる米新政権と台湾政府との関係を以上のように押
さえた上で、日本政府の対応はどうかを考えてみたい。すでに述べたよ
うに、日本には、米軍の沖縄駐留を望まない勢力と同時に、これを望む
勢力が頑として存在する。外務官僚をはじめとするこの勢力は、台湾政
府の意向がどうであれ、移設反対の態度を変えないだろう。この勢力
は、米中の緊張関係を回避するためと称して、米軍の台湾への移設を妨
害するような工作活動を行うに違いない。そうなれば(これもすでに書
いたように)日本と中国は、「台湾への米軍基地移設の絶対阻止」とい
う共通の利害で結びつくことになり、日本は中国の軍事的脅威に対峙す
る必要がなくなって、漁夫の利を得た格好になる。(日中が共通の利害
で結びつき、日本が中国の軍事的脅威に対峙する必要がなくなったとき、
日本の外務官僚が「あ、だったら米軍の沖縄駐留なんて、必要ないよ
ね」と思うかどうかは分からない。)

きょうは読者からの有意義な指摘をうけ、米台関係というもう一つファ
クターを加えて考察し直してみた。成り行きの大勢にさほどの変化はな
さそうである。

思い返してみれば、鳩山由紀夫が内閣総理大臣に就任したのが2009年、
彼は就任後、米軍の沖縄基地問題をめぐって「最低でも県外」と唱えた
が、それから8年が経ったいま、米軍沖縄基地は「最低の県外」どころ
か「最高の国外」へと落ち着きそうな雲行きである。「風が吹けば桶屋
が・・・」にも似た意外な展開に、ただ驚き呆れるばかりである。沖縄の
人々の長年の苦労を思うとき、天の配剤のような歴史の成り行きに、言
いようのない感慨がこみあげてくる。そして、ああ、なぜだか笑いが止
まらないのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米軍沖縄基地 台湾へ!? | トップ | トランプと「ポスト真実」の時代 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。