てんもく日記

夫と妻と大学生の息子と高校生の娘。【ヒゲ親父】は変なことばかり投稿しますが、最近は地元の町歩きにめざめちゃっております。

まさか東西文化(境界線)の番組が放送されるとは!

2017-07-29 12:33:05 | 【ヒゲ親父】出来事
先日、富山の呉羽山が東西文化の境界線、なんて記事を書きましたが、

まさか昨日、NHKで同じようなことをしている番組が流れるとは思わなかった
中部地方だけ流れている「金とく」という番組で11年も続いています。


このタイミングでこんな番組あるんだと驚いたんです。


こんな番組でしたよ。


出ました


ほらほら


小さい丘陵帯



ま、そういうことですわね。



それから、うどんの出汁の件もやってました。


はいはい


この人達、調査員・・


そして納得したよ。
呉羽山の東西のコンビニに売っているカップ麺、呉東でも「W」関西風だった理由が。


うどんの出汁は呉羽山が境界線ではなく、富山県と新潟県が境界だったということです。



では、これ以下にその時の記事をコピペしま~す。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


昨日富山に行き、不気味な石仏群なんぞ見てきて、それはそれで興味深かったわけだが、
オイラが富山に行って本当に確認したかったのは、
の存在感だったのだ。

正確に言うと、
呉羽山は東西文化の境界線、あるいは分水嶺と言われている。
これを検証したかった。


司馬遼太郎 街道をゆく 立山の御師 から、
野の中央に、呉羽山という低く細長いナマコ形の丘陵が隆起しており、この平野の人文を東西にわけている。
「呉東(ごとう)・呉西(ごせい)」などと、富山県ではいう。
町でいえば富山市や魚津市は呉東であり、高岡市は呉西である。
この最高部が145メートルでしかないひくい丘陵が、人文的に大きな意味をもつのは、これを境界線にして富山県における関東文化圏と関西文化圏を大きく二つにわけていることである。
東西は方言もちがい、生活意識や商売の仕方などもすこしずつちがっている。人文的な分水嶺を県内にもつというのは、他の府県にはない。

である。

オイラは富山県人ではないから、実感できてるわけではない。

でもオイラはこの呉羽山による東西文化圏の境界線ということにもの凄く興味が湧くのだ。
こんな貴重な地域はそうあるもんではない。


例えば、東と西では、うどんの出汁(だし)が違う。
関西風はうす口で、関東は濃い口と言われている。

ネット情報でも、富山県には関西風と関東風の二種類のカップ麺が混在していると聞いたので、ぜひともそれを確認したかった。


まずは、呉羽山より手前、つまり関西文化圏にあるコンビニへ



ローソン射水生源寺店。

ここで「緑のたぬき」を買う。


横面を見る


ここに「W」とあるが、

これはWEST(西)つまり関西風ですよということである。


だから、呉羽山を超えたローソンに置いてある緑のたぬきは、
きっと「E」、EAST(東)のはずであると。

呉羽山を越えて行け・・・


長慶寺からの富山駅方面の風景、ちょうどここが呉羽山の関東文化圏の最先端である。


富山市内から呉羽山の丘陵を見る

ほんとに低い山だ。

さて、ローソンへ、


なんと、富山はローソンだらけじゃやないか!

しかし・・・

東老田中央店も「W」


富山県立大学前店も「W」


水墨美術館前店も「W」

あれ?

全部「W」だけど・・・

もし、これで「E」の緑のたぬきが置いてあったのなら、
前回のブラオイラは「富山呉羽山東西文化の分水嶺編」となっていました。

現実はうまくいかないもんですねぇ~。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------

という記事でした。

ほら同じ様な事やってるでしょ


【ヒゲ親父】
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへにほんブログ村

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またよかった・・・ | トップ | ブラオイラ#210(熱闘甲子園... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL