あしたの夕方

 空飛ぶ鳥に跡なし

絵を描く人になりたかった

2017-04-19 | こころに残る
私は生きようとする命に囲まれた
生きようとする一つの命である
Schweitzer





「絵を描く人になりたかった…」
そんな打ち明け話を聞いて

それから過ぎた日の
少し遅くれてのぼる十六夜の月の夜でした。
ちいさな窓から差し込んできた光に
思い出したのは『絵のない絵本』
貧しい絵描きの青年に
窓辺の月が語りかける三十三夜の物語です。

月が語る物語は
どれも気に留める人もなく過ぎてゆく
忙しく生きる社会にとってはささいな
本当にささいな片隅の出来事です…
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 何となく | トップ | 樹雨 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。