ゆりゆりダイアリー

育児と仕事に追われながらも“日々是好日”をモットーにガンバる ワーキングママのつれづれ日記

断捨れない

2017-03-05 23:18:38 | Weblog
アメリカで単身赴任中だった旦那様がもうすぐ帰ってくる。
持って出た荷物を戻すだけのはずなのに、
当然、向こうで増えた衣類や食器プラス簡単な家具などもあるので
今の家にはとうてい収まりきれる気がしない。

なので、今日は少し断捨離するかーと思い
下駄箱の中を皮切りに整理整頓を初めてみたけれど。

もう絶対に使わないものでも、
そのモノにまつわる想い出をどうにも重ねてしまい
何一つ捨てられない私。。。
どうにか思い切ったものとしては、
長年愛用していた休日用のムートンブーツがだいぶくたびれていたので
えいやっと捨てたくらいか。

昔読んだこんまりさんの本には
『手に取った時にワクワクするかどうか』が
捨てるかどうかの判断基準だと書いてあったけど
ワクワクしないものでも捨てれないよぅ。
断捨離、苦手だーーー。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AAA | トップ | ちゃお »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不用品の送り先 (せきぐち)
2017-04-05 11:55:44
初めまして。不用品をもったいなくて捨てられない気持ちにとても共感します(^_^)/ なので、不用品をバザー品として送れる場所をお伝えします。
大阪府にある、『豊能障害者労働センター』では、4つのリサイクルショップを運営していて、バザー品はそこで売られています。売り上げ金は、主に障害者福祉(被災地の障害者支援を含む)に使われています。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、ここの労働センターを教えているのです。
バザー品の送り先のHPは、http://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたいので(^^)

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL