人は気持ちで生きている

「新しい何か」を意識して見つけることで日々は刺激的に生まれ変わる。
草なぎ剛さんを応援しています。

第七話

2017-02-22 08:20:00 | 剛君ドラマ
どうなるの~~~~~!

まずは天才詐欺師の力を見せつけるため、順調に復讐を遂げてきた5話。
そんな単純に事は運ばない、ということを知らしめた6話。
そして、お互いの弱みを知ってからが本当の戦争だから。
もうハマり過ぎて、始まる前から緊張してドキドキするのです。

興三は浩一の発していた言葉を遠のく意識の中で聞いていた。
それはちゃんと活かされるようになってた。
隆の後ろから興三を見つめる浩一の、冷たく薄笑いを浮かべる顔にゾッとした。

晃への復讐。
正直、晃は単純で善人なんだとは思うのです。
だけど、「ついてない」「自分は悪くない」
いつもそうやって自分を正当化することしかできない人なんだな。
一瞬でも心を開きかけた、そんな晃への軽蔑と惜別、
浩一は「地獄へ落ちろ」と言っていたけれど、その別れ際には優しさがあった。
嘘をついて人を騙してはいても、浩一は決して悪人にはなりきれない人なのだ。

六車の登場で、危険を感じ始めている仲間たち。
ハルカの気持ち、浩一に届いてはいない。
復讐、復讐、それだけに囚われて。
浩一は頭では意識していないんだろうけど、死ぬことは怖くないんだろうな。
一人生き残って辛い嘘をつかされて、「嘘」を生きる力に変えるしかなかったけど、
嘘を嫌った父に逆らう自分の生き方をずっと否定してきただろうと思うから。
そんな彼の空しい心を救う人は誰なんだろう、救われるのかな・・・。

剛君はプロレスラーのよう、か。
確かに、嘘の戦争で演技の戦争も巻き起こっているようで見応えがありますね。
そんな緊張感あるドラマの中の小さな遊び心に心和まされ^^
そういえば、今回は出てこなかった三瓶さんはどう関わっているのかな。
予告があれで、一体どうなるの~~~~~!
次が気になって気になって仕方ないけれど、それは終わりに近づくということ。
終わってほしくない。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徒然 | トップ | 雨の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

剛君ドラマ」カテゴリの最新記事