ゆりさんのつぶやき

☆劇団夢宇人ゆりくろのブログ☆

終幕そして…

2017-07-13 17:42:09 | Weblog
「風のない日」にお越し頂きまして、有難うございました。
たくさんのお客様から、温かい拍手を頂き、劇団員一同感謝しております。

ある日の即興劇をベースに、昭和48年の金沢に置き換えて、構想を練って書いた「風のない日」

主軸をハナと花代にしながら、群像劇にしました。「差別」「死」「家族」を柱に話は進みますが、それぞれ何かを抱え生きていく。それは昔も今も変わらない普遍の題材です。

ラストは立山さんに、みんながエールを贈るところで終わりましたが、カーペンターズの曲が、初心者同然の作品の質を上げてくれたのは言うまでもありません。(笑)

さて、実はこの先、考えていることがあります。
この作品の続きを書こうと思います。
次は昭和50年代。
舞台は橘医院ではなく、また別の場所。
だけど、登場人物はそれぞれの家族が登場してくるというわけです。
なんかワクワクしてきました🍀

ではまた1年後、皆様に応援してもらえるよう頑張ります。
本当に本当に有難うございました🍀
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京へ | トップ | 夏の北海道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL