四季彩日記

英国暮らしを経て、日本の美を再発見

北海道の旅 Ⅶ 美瑛

2016-10-13 21:58:59 | 

美瑛は丘の町。
なだらかな起伏が畑になっています。
今は、収穫後の畑の風景が多くみられました。

こちらは、「四季彩の丘」。
ケイトウの花等をあしらった、花の帯が見事。

「美瑛の風景は、すべて人の手で作られたものなのですよ。 」
宿泊したオーベルジュのご主人の弁。
確かに、耕された畑の連なりが、他では見られない風景を作っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道の旅 Ⅵ 富良野 「フ... | トップ | 北海道の旅 Ⅷ 「美瑛の青い... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつ行っても (暁)
2016-10-29 23:32:20
麻さん、今晩は。

富田ファームはいつ行ってもきれいに整っているのですね。いつ耕したり植え付けたりするのでしょうか?

それにしても素晴らしい。
暁さま (麻)
2016-10-31 22:31:15
コメントをありがとうございます。

富良野・美瑛では抜群に綺麗な花園を見ることができました。
花の手入れをどうやってしているのか・・。
少なくとも、観光客の目の前では、そのような光景は見られません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む