鳴海由莉と申します。

/好きなことを話します\

パイレーツ/忍び/昼顔

2017-07-06 17:05:00 | 日記
3本ずつ紹介する決まりなんて一切つくっておりませんが。

3本鑑賞したから紹介しまる。


※私の実感に基づくマイノリティレポートです。


『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』

これまでのシリーズはまったくもって未鑑賞でした。
みたいー
って言ってる人に聞くとちゃんと過去作も観てて、
今まではわりと繋がってるよー
なんて言うので、
ああ、私なんておいてけぼりかもな…
って思いながらの鑑賞前。

鑑賞後。。
中盤の記憶が、、、ない…!!!

あでも、こういう流れでこうなったんですね。
ってことは理解できました。

前作のこと、必死に調べました。
今作は5作目であること、最低限1~3作目は観てないと、
クライマックスで感動出来ずに損した気持ちになるんだな
ってことがわかりました。

すみませんでした。
出直します。



『忍びの国』

アクション、時代劇、人間ドラマ、あとコメディ的要素のお鍋を、
親子孫3世代で召し上がるのが楽しい映画だと思います。

個人的には男性陣の演技が振り切れる瞬間が思わず笑えてしまうカッコよさ。



『昼顔』

これは……鑑賞したことを後悔しました。
女つらすぎ。女こわすぎ。

わからなくもないけど…ダメだよそういうのはああああ


叶わない本気の恋をしたことのある女性は、
泣けるんだと思います。

他人を疑わずにはいられない人は絶対に見ちゃダメです。
個人的には男性視点の感想が聞きたいのですが、
感想や見解を語り合うだけですごく嫌な気持ちになりそうなので、
それもオススメ出来ません。

他人を遮断できない世界で生きてかなきゃいけない中で、
幸せになるってどういうことか、
向き合わされるきっかけになるかも。

ご覧になる方は、覚悟して臨んでください。



このあと後悔するとは知らなかった時の顔。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« まだ間に合う映画3選 | トップ | メアリ/銀魂/ポケモン/ミニオン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。