jazz, samba, bossa nova...

ボーカリスト・秋山祐吏美のブログです。

やっと浅草のこと。。。

2016-10-15 | 日記
朝晩が急に冷え込むようになりましたね!
空も寒空の顔になってきました。

そんなこんなで1ヵ月半も経ってしまいましたが。。。
8月の末にあった浅草サンバカーニバル。
私が参加しているサンバチーム、ウニドス・ド・ウルバナとして
3年ぶりの浅草の出場でした!

このアヴェニーダに立つということは、やはり私にとってもとても特別なこと。
色んな想いが込み上げてきます。


   

 

 

どのエスコーラもみんな本当に色々な想いを抱えながら浅草に挑んでいると思います。

でも大変でも続けてしまう、ここにしかない感動があるから、また戻ってきたいと思うのだとも思います。

 
  
 

頂いたお写真やオフィシャルのカメラマンにとってもらった写真たち。

今回ウルバナで参加して下さった全員が写っている写真はなかなかないので、
ここにあげているのはほんの一部。

テーマを決め、ストーリーを作成し、それに基づいた自分たちのサンバ・ヂ・エンヘードをつくり、
衣装をつくり、、、、
今年は特に先頭から、最後尾まで、表現者だけではなく、支えてくれるスタッフの皆さん含め
皆でテーマを共有し、理解し、同じ想いでパレードできた気がします。



なかなかうまく言葉にできないけれど、毎年感じることは 何と言っても人とのご縁。
今年も新たな素敵な出会いに沢山恵まれました。

今年はまさに、南は沖縄から、北は北海道まで! 遠方から大きな楽器や衣装を持って来て下さった皆さん。
今年初めて参加して下さった皆さん。
いつも支えてくれるチームのメンバーに、そしてかけがえのないアソシアソンの皆さん。
参加チームは違えど、ウルバナの復活を応援して下さった皆さん。そして沿道で声援を送って下さった皆さん。
その場にいなくとも、気持ちを送っていてくれた皆さん。。。

本当に、本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。

自分にとっても、想い入れのある2007年のエンヘードで改めて臨むことができた浅草。

この歌をまた歌うことができてよかった。

「私たちは小さな炎。
でも明るく燃えさかり、この火が絶えることは決してない。
パンデイロの音を盾に立つ一人の戦士。
信念を持ち、勇気を持ち、
どんな困難にも打ち勝って、このサンバを届けよう。
ゆっくりと、でも長い道のりの先
必ずやそこに辿りついてみせる」



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/4 jazz inn LOVELYありが... | トップ | Propriamente dizer...  »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とーちゃん)
2016-10-15 01:47:48
浅草お疲れ様でした!
来年も頑張りましょうね♫
これからも宜しくです❣️

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。