自分で洋裁・・・洋裁教室ピンの会

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

2016年10月作品

2016-10-29 17:23:46 | 日記
秋風が爽やかな季節です。お洒落心にエンジンがかかって来ました。さあ、今年も後2カ月。
一年の締めくくりの時期を迎えました。外出着、普段着、今年は、どれだけ製作出来たでしょうか
10月、最初の作品は、80歳を超えてなお、毎日を洋裁をする事で、生き生きと過ごしてらっしゃる
K,hirokoさんの作品3点です。彼女は、皆のお手本です。
まず最初は、フォーマルなアンサンブル・・・・黒の美しいレースですが、
裏地を、グレーにする事で、黒の重さが無く成りました。衿繰りは、黒のサテンで
パイピングです。ヘムに生地の端のスカラップを持って来る事で、ぐっと、華やかに
なりました。


2作目はお嬢様ワンピースです。大きなプリントなので、袖繰りからの切り替えで
模様を崩す事で、素敵に成りました。


最後は、ひ孫ちゃんのワンピースです。可愛い!!


次はY,nobukoさん。柔らかな色の焦げ茶地のウールモスリンに大きな柄の
プリント。彼女ならではの素材です。衿は大好きなタックの入った衿です。
前明きですから、チュニック風にも、ジャケット風にも、着こなせますね。


今は、時々見えるM,kiyokoさん。お若い時の、着物地とコート地をちょいと
引っかける上着にされました。共地で、通院用の手提げバッグが。又、素敵です。


次は、T,chiharuさんの作品です。イギリスのリバティープリント社の
ジャージーでワンピースを製作。リバーティーにしては、珍しいプリントですね。
大人の雰囲気です。7分のヨーク切り替えのフレンチスリーブにしてみました。


次は、K,etukoさんの作品です。夏の東寺さんの市で見つけた、非常にリーズナブルな
コットン。無地を合わせて、ボレロ風にデザインしてみました。急に涼しく成ったので
今年は、もう着れないかな?来春、一番ですね。


最後は、M,ritukoさんの作品です。イタリア製のシルクです、
色々な、会合によく出られるので、気軽に着れるツーピースにしました。
全体柄は拡散柄なので、衿ぐりと、前パネルを黄色のサテンでパイピング。
きりっと、引き締めました。脇のドレープがエレガントです。





























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年9月作品 | トップ | 2016年11月の作品 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。