峰野裕二郎ブログ

私の在り方を問う

2016年大晦日

2016年12月31日 | 暮らし

2016年も残すところ後わずかとなった。

今年も、夫として、父親として、私塾の指導者として、民生児童委員として、町内会長として、町内会連合会長として、私に与えられている役割をどのように果たしていくべきなのかを自らに問い続けた1年だった。
残念ながら、いずれの役割においても未だ明確な答えを出しえずにいる。

さて、拙いブログながら、この1年も思いもかけず多くの方々に訪れていただきました。また、ブログ見ていますよとお声をかけていただいたりもしました。みなさまに、この場を借りて御礼を申し上げます。誠に有難うございました。
また、せっかく訪れていただきながら更新が滞りがちだったことをお詫び申し上げます。

来年も引き続き、私に与えられた役割について、私の在り方について自問してまいる所存です。お付き合いいただければ幸いです。どうか、良いお年をお迎えになられますよう祈念申し上げます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不完全な心 | トップ | 2017年元旦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。