felizmundo's website

「日記」で毎月の惑星の見え方をお知らせしています。わたしの自然観察、ちぎり絵などもリンクで公開していま~す。よろしく。

渡辺かづきトリオ バレンタインコンサート in 我孫子

2017-02-13 20:26:41 | ピアノ
  渡辺かづき先生が、先生の地元我孫子の手賀沼湖畔でトリオでコンサートをしました。
  ふれあい塾というNGO法人主催でしたが、700円でスタンダードジャズや、先生お得意のアレンジ曲を編曲の技を説明してくれながらのコンサートということで、楽しかったぁ~~~~。

      
     上はユリカモメとオナガガモ 

   詳細は、写真ブログの方に書きましたので省略しますが、手賀沼で鳥たちの素敵な姿をみてから会場入り。

   会場は満席。はじまる前から期待に熱気がムンムン。
   
   ”Fry me to the moon" のオーソドックスな弾き方から始まり、そのレゲエバージョン。
   マイファニーバレンタインでは拍子をちょっと悲しげな本来の演奏から8分の6拍子に替え、途中からは4ビートでさらに明るい曲にして大盛り上がりしました。

   4拍子のムーンライト・セレナーデは3拍子に替えられ、先生の工夫を凝らさないではいられない(音楽の女神と遊びなからの演奏)が、なんとも心地よく、拍子が変わっても変わらなくても「どちらも先生の音だ!」とすっかり楽しんでしまった私なのでした。

   「テイク・ファイブ」では、その意味が5拍子だからテイク・ファイブだったと知って、目からウロコ。それを、6拍子に編曲しての演奏を披露して下さり、凄く楽しかったです。

   第2部は、先生の最近CDにしたクラシックのアレンジ曲を4曲お披露目。これまでは弦楽4重奏で演奏することが多かったのを、トリオで弾いてくれました。これもよかった~~~。たぶん、一回弦楽器で弾いていると、トリオに直すのに大変だったのかもしれないのですが、トリオでも迫力満点。トリオはトリオの良さがある感じでした。

   そして、最後はビーイング・ピース。 アンコールは、なんと「バレンタイン・アウト・オブシーズン」と思いきや、客席からリクエストをとって、「A列車でいこう」を突然に演奏。

   突然のリクエストに応えての演奏でも、完璧で素晴らしい演奏を聞かせてくれて、もう大盛り上がりとなりました。
   やんや、やんや。

   先生の凄い実力に、観客が圧倒されたコンサートでした。
   音楽って楽しいなぁ。たくさんの観客や親しい友人と一緒に楽しめた時間。何とも贅沢な時間。

   終わってしまうのがなんとも惜しく感じられる時間でした。
   先生、ありがとうございましたぁ~~~~~。
    
   おっと、すっかり忘れていましたが、お月様が今でましたよ~。19:40月の出。結構もう東の空の上の方にいました。

    

   今日も無事に1日が過ぎていこうとしています。
   心から感謝して。
   明日もいい1日になりますように!!!
 




  
    
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日新聞に載っていた映画の... | トップ | 黄色い月が上ってくるのを見... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピアノ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。