ゆりあげ剣道教室

三重県桑名市の少年剣道教室です。
小中学生が元気に剣道のお稽古をしています。

うどんべや

2016-10-14 13:56:09 | 剣道

10月14日(金) 本日稽古休み

 

朝の新聞を開いたら、

広告チラシの中に、

桑員ニュースが入っていました。

 

その中で目にとまった記事が、

見だしの「うどんべや」。

ある年代の桑高同窓生なら懐かしい響き。

今年9月の桑高祭で再現したそうです。

 

まずはその記事をご覧ください。

桑高同窓会公式フェィスブック記事

https://www.facebook.com/kuwakoob/photos/a.186041984884333.1073741825.120424184779447/668996376588889/?type=3

 

昭和51年卒業の私の記憶では、

うどん50円、

そば50円、

てんぷら1品、20円。

 

3時間目が終わると、

おっかさんがつくった弁当を10分で食べて、

4時間目が終わったら、うどんべやにダッシュ。

 

二杯のうどんか、そばをたのんで、

てんぷら二品をのせて、合計140円。

 

昨日の晩のおかずの残りの「海老フライ」を、

弁当とは別便で用意。

制服のポケットから銀紙(アルミ箔)に包んで取り出し、

それを、うどんとそばに載せる。

なるべく、うどんを手渡す窓口近くに仲間と座る。

うどんを並んで待つ人間は、

何だそれは?とたずねてくる。

これが高校生にとっては快感!

 

5時間目が終わると、またうどんべやにダッシュ。

「おばちゃん、今日はまだ残っとる?」

 

日によって、なぜか、きしめんが残っている日がある。

早くゆであがるように、、きしめんが出てくる。

これは一人、一杯限り。

てんぷらは売り切れてなし。

人数分がない時は、仲間と一口ずつ分けあう。

 

 洗い場で、釜や食器を洗うおばちゃんと、

小窓をはさんで世間話。

 

おばちゃん、

「あんたら、なに部?」

Shu、他数名

「おら、剣道部!」

「おら、バスケ!」

「あらあ、帰宅部!」

おばちゃん

「あんたら、はよもどり!、あんたら遅れたら私らが怒られる」

 

汁を全部のんで、教室にダッシュ。

10分間のドタバタ。

 

歴史をもっと知りたい方は、

同窓会会長のお話をどうぞ。

http://kuwakoob.com/udonbeya2016.html

http://kuwakoob.com/pdf/tokunari15-2.pdf

 

この、5時間めの「きしめん」を知っている人は、

かなり「つう」と言える。

 

関係者のコメントをお待ちしております。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五回戦 | トップ | 小手面応じ技 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL