風の吹くまま、気の向くままに・・・

While facing the care remains the wind

イラン旅行・・6

2017年03月20日 15時14分25秒 | 旅行記

 

3月5日の午前にテヘランからゲシュム島に移動。

ゲシュム島での最初の食事はゲシュム市内のレストランで。

3月5日/昼食

麦のスープ(短くカットした細いパスタ入り)

 

 

レモンを絞って・・・おいしい!

この麦のスープは、日本で言うとお味噌汁かな・・

家で普通に食べるスープだそうで。

味のベースは、チキンスープのようで、細か〜いチキンも入っています。

玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、そして麦などを1時間以上煮こんで。

かすかに足りないかなと感じる塩味が

レモンを絞ると味がしまって・・・身体に優しいなぁ〜

このスープとパンだけで満足してしまう(個人的感想!)

 

メインの料理は、チキンのトマト煮。

 

そして、ご飯。大量に皿に盛られています。

イランの人はたくさん食べるんですねぇ。

私たちのテーブルのご飯は、いつも残ってしまう。

 

3月5日/夕食

3泊の夕食は全て、ホテル。

田舎の島で、あまりレストランもないのか。

この日は、豆のスープだったかな。

ひよこ豆、味的には麦のスープに近い。

以後も、スープは全部 ◎。


マグロのムニエル。外側カリッとしていて、おいしい。

さすがに、島だから〜〜ペルシャ湾のお魚です。

 

ご飯、ラボシュ。

 

3月6日/朝食

6日、7日、8日と同じホテルでの朝食なので、

7日、8日の朝食は省略。

メンバーが、ビュッフェで持ってきたもの。

右上にあるのは、生クリーム。

ヨーグルトと間違えて、持ってきたもの。

予想外だったのが、ヨーグルト。

イラン本土では、朝昼必ずと言っていいほど出てきた

ヨーグルトが、ゲシュム島ではなかった。

イラン本土の食事で出るヨーグルトは無糖で、

ニンニク味のものなどもあって、

朝はヨーグルトが食べられると楽しみにしていたのだが

ちょっと残念。

 

このように、ごくごくシンプル。

野菜はトマトときゅうり。

ソーセージ、ゆで卵。

ジャムはニンジン味(「好き」と言う人はいなかった)

はちみつ。

コーヒーはなし。

紅茶はアールグレイのみ。

添乗員さんが作ってくれるお味噌汁付き。

しつこいですが、パンおいしい!


3月6日/昼食

個室に通されたので、女性はスカーフをとって・・・

中央に薄〜いビニールを敷いて。

トマト、きゅうり、キャベツのサラダ。

こちらのキャベツは、ちょっと硬目。(まずくはない)

エビのトマト炒め。おいしい。

ご飯、ナン。

(写真のご飯は、日本から持参のふりかけが乗っている)

デーツ。


デーツ(ナツメヤシ)にピーナツクリームがかかっていて

おいしい!


食後にチャイ(紅茶)。


3月6日/夕食

まず、サラダ。

上部左右にある黄色いものは、おこうこ。

関西から参加の方が持ってきてくれたもの。

関東風に言うと沢庵だが、関東のものより柔らかく食べやすかった。


メインは、ビーフシチュー。

インド料理のほうれん草のカレーに近い感じ。

あのカレーほどに辛くなく、食べやすい。

これにもレモンを絞って入れる。

そして、ご飯とラボシュ。


3月7日/昼食

撮影忘れ!

この日は、宿泊するゲシュム市から

車で70キロくらい離れた所に行ったため、

(途中、レストランなどはなく)ランチはお弁当。

サラダと

ホットドッグパンに挟んだハム、トマト、キャベツの

サンドイッチ。

さらに・・メンバーのMさんが作ってくれたおにぎり。


3月7日/夕食

サラダ(トマト、紫キャベツ、ニンジン、名前不詳の葉っぱ)

(この葉っぱはイマイチ)

魚のスープ(魚の入った麦のスープ)

おこうこ(from japan)

魚のムニエル。


焼きトマト、レモン(すごく大きい)、ご飯、ラボシュ。


3月8日/昼食

午前、ゲシュム島からバンダレ・アッバースに移動。

ここからは、バンダレ・アッバース市内で。

スープ

 

玉ねぎ、ラボシュで包んで食べる。

 

サラダ。マヨネーズで。

魚のケバブ。3か所にシシトウが。炭焼き風でおいしい。

辛めのタレ、ピクルス、コリアンダー添え。

酸っぱいオレンジを絞って。

(酸っぱいオレンジ=ダイダイのような感じ)

ご飯。


3月8日/夕食

明日はもう帰国で、これが最後のイランの夕食。

麦のスープか

パスタが入ったトマトのスープ(ミネストローネ)を選ぶ。

(私はもちろん麦のスープ)


フィッシュ・フィンガー(魚のフライ)。

このお皿、すごく大きいです。一辺35センチ以上ある感じ。

つまり、この魚のフライ、すごい量なのです。

ピクルス、ポテトフライ、ミックスベジタブル添え。

(ポテトフライ、ミックスベジタブルはイマイチ)

この魚フライが・・・とても軽く揚がっていておいしい。

(油は何を使っているのか?)

ただ、これはイラン料理ではないと思いますが。


3月9日/朝食

バンダレ・アッバースのホテルにて。

パンがインドのナンに近い感じ。

シェフがオムレツを焼いてくれる。

豆のスープあり。


3月8日/昼食

テヘランで、イラン最後の食事。

サラダ。

玉ねぎ。

魚のケバブ、コリアンダーたっぷり、トマト。

ラボシュ、ご飯。


言い忘れ!

ご飯には、バターのパックが付いてきて、

好みで混ぜてバターライスにするようになっていました。

(しませんでしたが・・日本から持参のふりかけで食べましたが)


しつこいですが、パンとスープがおいしくて〜

(個人的見解)

イランはいい国。


以上、旅行中の食事、終了!

あ〜ぁ、疲れた。

次は、景色!



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イラン旅行・・5 | トップ | ちょっと休憩! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。