Yuppie(ヤッピー)のマンボな毎日!

山口県のとある建設会社に建築士として勤める
社内では通称「何でも屋さん」の器用貧乏Yuppieの日々徒然日記です!

イチゴの日でモードモードということで・・・

2017年01月15日 22時19分23秒 | 食べ物&飲み物
某ファミマに立ち寄った時に苺のプリンアラモードが目に入り
ややお疲れモードだったのと今日は15日でイチゴの日と思い買って帰りました。

蓋を取るとイチゴの匂いが漂ってきて期待度アップでしたが

プリンの味も食感も至って普通で、下のスポンジさえも何故か特に美味しく感じず
ダメ押し的に言えば、乗っている生クリームが少しマッタリしすぎているようにも感じ
残念ながら半分ほど食べた時に何となく1個を食べるのは重いなぁと思ったので
しばし一考を・・・(悩)

そして冷凍庫に明治スーパーカップのバニラがあるのを思い出したので

プリンアラモードのカップの空いた所にアイスを入れて一緒に食べてみると


あらあら意外や意外で美味しさ度ア〜ップ!

お試しあれ・・・(笑)

と、いう訳で、今夜はこの辺で・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上げる人、下げる人・・・

2017年01月14日 23時55分47秒 | 日常
先ほど、ぼんやりと某SNSを見ていると・・・

世の中には本当に「あげまん」っていう人が存在していて
こうゆう女性は確実に男性の運気を上昇させるし出世もさせるんです。
まさに「女神」。
と、女性の方が書かれているブログがリンクされていて、思わず読んでみました。

その方のブログには・・・(以下、一部引用)
やはり男性としては付き合った女性や妻に何かと足を引っ張られて
運気はガタ落ちだわ、出世コースからは外れるわっていうよりは
そりゃ選んだ女性が女神のようなラッキーガールで、運気上昇、みるみる出世、
給料もウナギ昇りで、社会的信用もアゲアゲってほうがいいに決まってるわけです。

誰だって凄く頑張ってるんです。頑張って生きている以上、同じ努力をするなら、
「何故だかこの女といると、やたらと運が向いてくるんだよな~」
という女性と付き合いたいし、結婚したいのは当然ってものでしょう。

これまで私が「この人って、正真正銘のあげまんだわ~」
と思える女性を数々みてきた中で思うのが
あげまんの女性って、とても愛情力の高い人だと思うんですよね。

それから、度胸のある人だと思います。
ちっちゃなことでオロオロしたり、慌てふためいたりジタバタしない人・・・
だって、そうでなければ、しっかりと人を支えてあげる事なんてできませんからね~。

彼や夫の運気を上げて出世させる器を持ってる女性ならば
少なくとも男性の社会的立場をきちんと理解してあげられること、
男性の仕事を理解して尊重し、尊敬してあげられることが大切ですから
あげまんになるには、精神的に自立していることがすごく大切なんです。

それでは逆に立派なさげまんとは、どんなタイプの女性かというと・・・

(中略)

でも、もっとわかりやすく言うならば
「金持ちになりたいから、高収入の男をつかまえて結婚する」という女性って
実は世間にフツーに存在しますので、こういう方々がホントにわかりやすい、
典型的な他力本願で依存性が強い傾向にある女性です。

そういう方って「相手の男性は年収3000万円は絶対」とか
平気で言っちゃったりしますが
「じゃああなたは、お相手の方に対してどんな事ができるの?」って思っちゃいます。

だって、世の中、ギブアンドテイクは基本でしょ。
どれだけ若くてかわいくたって、そんなのほんのちょっとの期間限定の事ですもの。
だけど、そういう方に限って、お料理もお掃除も「それはあんまり得意じゃない」
なんて言う方が多かったりします。

(中略)

ここでは、あくまでも「さげまん」の典型についてのちょっとした例として、お話しております。

でも、何度も言うようですが「お金が欲しい⇒宝くじで大金が当ってほしい」って
まあ、これは罪がないにしても「金持ちになりたいから高収入の男」っていうのは
そもそも「お金持ち→楽ちん」という発想でしかないんです。 

実際、お金を稼ぐって、すっごく大変なことなわけだし、
働いてお金を稼いで仕事することを含めてそれを維持していくことって
本当に大変なことなんです。

でも、これまでに、いろんな人を見ていて、この短絡的な発想が強い人っていうのは
夫や彼に対して「依存型」の女性がとても多いような気がするんですよ。
こういう人、まちがいなく典型的な「さげまん」です。

(以上、一部引用終わり)

偶然にも目にした内容ですが、
この女性ブロガーさんが書かれている事に対して激しく同意し(笑)

この方が言われるように
あげまん的な視点での思いや志しを持っている女性に加え
本来の女性の素晴らしいエネルギーというものを見失っている事に自身が気がつき
自己変革をしようとする女性も
自分は立派な「あげまん」というエリアにいるではないかと思い
自分からしてみると、そういった女性は朝陽よりも眩しく思ったりもする訳で・・・

とにかく最悪なのは、この方が書かれているようなタイプの女性でもあり
もっと最悪なのが、何かしらの理由をつけて何もしようともせず
そういった短絡的な発想が強い依存型の女性ではないかと思いました。

そしてそのブログの最後には、
次は「さげまんの簡単な見抜き方」について、お話をしちゃいます。
目からウロコ、間違いなしです。 と、書かれていたので
これもちょっと楽しみです。

と、いう訳で、今夜はこの辺で・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今シーズン初の全国的な注意報・・・

2017年01月13日 22時20分41秒 | 日常
厚生労働省によると
今月2日から8日までの1週間の間に全国から報告されたインフルエンザの患者数が
1医療機関あたり平均10.58人と10人を超え、
これを基に推計したインフルエンザ患者数は
前の週の59万人からおよそ22万人増え、およそ81万人となり
全国平均で10人を超えた事から徐々にインフルエンザが流行し始め
拡大してきているのが分かり今シーズン初の「注意報」レベルと発表されたとの事。

ちなみに都道府県別の定点あたりの発症者数では
岐阜県が19.87人で最も多く、続いて秋田県の18.30人、愛知県の18.25人で
山口県の発症報告者数は409人、定点あたりでは6.01人と、10人以下であるものの

隣県の福岡県においては報告者数2124人、定点あたり10.78人、
広島県においては1266人、定点あたり11.01人で、山口県より高く
山口県でのインフルエンザの流行、拡大は時間の問題ではないかと思うので
罹ってしまう時は罹ってしまうのだろうとは思いつつも
出来るだけ人ごみを避け、マスクを着用するようにし
こまめに手洗いをして、しっかり睡眠をとる事を心がけながら過ごしたいと思います。

と、いう訳で、今夜はこの辺で・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時季的には、時季とは言え、大荒れにならなければ良いのだが・・・

2017年01月12日 22時12分54秒 | 日常
この冬、最も強い寒気の影響で東北から西日本の日本海側などでは大雪が降り
予報では15日(日)には数年に一度という強い寒気が入り込み、
太平洋側の平地でも局地的に雪になりそうだとの事。

昨年は1月23日(土)の夕方から雪が降り始め翌日の1月24日(日)の朝は、あたり一面が銀世界に変わっていて
英検3級の1次試験を受けに会場まで行くのが大変だったという記憶がありますが
明後日の土曜日は朝イチで外で営繕工事を行う予定になっているので
どのくらい荒れた天気になるのか、とても心配です。

と、いう訳で、今夜はこの辺で・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初々しい生娘を意味する「びこ」から名づけられた果物・・・

2017年01月11日 22時11分24秒 | 食べ物&飲み物
昨日アップしたスイートスプリングと同様に
昨年末にラ・フランスの女王さまのル・レクチュと一緒に買った時に
お店でひとかけら試食させて貰った大分産の美娘(みこ)がみかんとは全く食感で
これまたとても甘かったので買ってみました。

美娘は長崎県の口之津支場で清見タンゴールと
興津早生みかんを掛け合わせた品種にページオレンジを交配して生まれた品種で
一般的には「天草オレンジ」「天草みかん」と呼ばれていて
大分県内で作られた天草オレンジの中で基準をクリアしたものだけを
美娘というブランド名で出荷されているということだそうです。

美娘は皮がとても薄いので、スマイルカットに切ってみると、こんな感じで


この美娘はおよそ2年前に食べ、今や1玉が500円から600円もする高級な果物となった
紅マドンナの元となっているだけあって、似てはいるものの
またひと味違う柔らかさとプルプル感があり
果汁はとても甘いみかんのような甘さで、しっかりと感じられ思わずニンマリ!

天草オレンジと美娘は、産地が違えど同じ果物でありながらも
12月から1月中旬が美娘、1月中旬から2月中旬が天草オレンジが旬なので
ちょうどこの時期は美娘と天草オレンジが店頭に並ぶのではないかと思うので
どちらかをお店で見かけられたら、これはちょっと買いかも・・・

と、いう訳で、今夜はこの辺で・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加