kisetsunokazeni

ときには空を見上げて深呼吸。無駄と思える時間も必要な時がある。

2017-04-20 19:25:18 | ひとこと
通りがかった八百屋の店先で


きれいな赤にふと立ち止まると


いろんな種類の苺の山


その端っこに


懐かしい小粒の子たちが


ちょこんと鎮座してた


そういえば子供のころは


苺といえばこんなふう


味も


酸味と甘みが半分こ


そのままでは食べにくいから


ミルクとお砂糖入れて


スプーンで苺をつぶして


まぜて食べると


まろやかな甘みで


ほっぺがおちそう


そんなこと思い出したら


もう手に取っていた


今はもうそんな風には食べないけど


イチゴジャムを作ろう


あまくやさしい


わたしらしいジャムは


きっとまた


わたしを


あの頃の思い出に


連れていってくれるから
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”爺”守りは大変だ! | トップ | 赤っ恥のお散歩 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。