kisetsunokazeni

ときには空を見上げて深呼吸。無駄と思える時間も必要な時がある。

やっちまった!からの~

2016-09-18 19:55:52 | 
一人ぼっちが大嫌いで

以前鬱になったこともある

おにいちゃん犬

昨日のおとうと犬の受診にも

もちろん付き添ってる

昨日は診察時間ぎりぎりのタイミングだったため

いつものちょっと遠い駐車場じゃなく

病院のわきの駐車スペースに車を止める

なので歩く必要もあまりなく

マーキングもする余地なし

こっちは時間が気になって

わんこたちをぐいぐい引っ張って病院に滑り込む

幸い患者さん(ペット)も少なく

いつもならちょっと外に出ておしっことかさせるけど

そのまま待合室で待つことに・・・

すると

お医者さんも受け付けのお姉さんも大好きなおにいちゃん犬

何だかそわそわしだす

まあ、車に乗ってるときから大騒ぎしてるから

落ち着くってことはないよね

ちょっと離れたにゃんこのところに行こうとして

フーっと威嚇されたりして

こっちはリードを短くして

あっちこっちにいかないよう抑える

そのうち受け付けのお姉さんの顔が見えて

興奮がマックスに達した彼

いきなり

ジョ~・・・

えっ?!まさかのうれション

しかも

年寄りだからちょっとで止めることができず

ものすごい量が出ちゃった

「あの、あの、あの、すみません。おにいちゃん犬が粗相を・・・」

わたしも大慌て

だって

そんなことになったのは数年ぶり

それにこんなに大量に出ちゃったのは

初めて

おねえさんは慌てず笑顔で対応

ほんとに申し訳ない、と恥ずかしくて顔を上げられないわたしの横で

おにいちゃん犬は

自分の粗相の処理をしてくれるお姉さんの手や顔を

ペロペロ

「まぁ~、ごめんなさいしてるの?」

どこまでも優しいおねえさんはすっごくいい解釈

でもね

飼い主の見解では

こんなにそばに寄ってきてくれたお姉さんに

チューするチャンス!ってことで

ペロペロしたんだと思う・・・

絶対言えないけど・・・


そんなこんなで

ただの付添だったのに

粗相した挙句お姉さんにぺロチューできて

ガッツだぜ!なひと時を過ごせた

ものすごくラッキーな

おにいちゃん犬なのでした~


その向こうで

今後はできるだけ連れて行きたくないと

しみじみと思った

飼い主なのでした・・・

おねえさんがキレるまで

あとどれくらい猶予があるんだろう・・・
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おとうと犬の皮膚のこと(ア... | トップ | パラリンピックも頑張りました! »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。