つれづれ婆の手ぶれ野鳥と草と花と パート2

身近な野鳥とお花を写して…

よう判りませんが…

2017-08-09 20:11:07 | 独り言
8月9日は、6日の広島に次いで長崎に原子爆弾が落とされた日です。ウロなのですが、本当は長崎に落とすつもりではなかったと、何処かで読みました。
狙っていたのは、小倉。小倉の上空から投下しようと試みたけど、広島の新型爆弾のことは伝わっていて、必死で応戦したので落とせなかったと。天候のこともあってか、詳しいいきさつは覚えてないのですが、長崎の上空で一瞬雲が晴れて、その隙間から投下したと読みました。何処だったかな。
長崎の落下した所には天主堂があって、ちょうど朝のミサに訪れたクリスチャンの皆さんが多く被ばくされたのでした。日本人とは言えクリスチャンです。
白人と同じキリストを信仰する人々です。なので、アメリカは長崎には、目を向けさせたくないのだと私が読んだところには書いてありました。
そういえば、心なしか広島に比べて長崎の報道は、いささか少ない気がしないでもないです。マスコミはアメリカの都合の悪いことは言わないかも…。

*******


長崎でも72回目の「原爆の日」を迎え、長崎の平和公園で平和祈念式典が開かれました。田上富久市長は平和宣言で、7月に国連で採択された核兵器禁止条約を批准するように迫りました。

核兵器禁止条約の交渉会議に参加しなかった日本政府の姿勢を「被爆地は到底理解できない」と厳しく非難しました。

安倍首相は広島市での平和祈念式典と同様に、条約に言及しませんでした。

********

私は、広島の時にも書いたかもですが(すぐ忘れる@@@)、「日本は原爆を作らないし、持ちませんよ」と言えば、原子爆弾の恐怖から逃げらるのですかと、いつも思うのです。北の核弾頭は日本に落ちないのですね。中国の核ミサイルは、我が国へは来ませんよね?どうなの?婆は素人なので、そこらあたりを説明してほしい。
婆が思うに、すべての核保有国が、アメリカもロシアも中国も…どこもかしこも…全て1・2・3で廃棄すればね核爆弾は無くなるでしょうけど、それでも、戦争は起こりますよね。
世界の何処かではいつも、何かしら争いはありますよね。
やたらによその土地が欲しい国はありますよ。どことは言わないけど…@ 我が国は狙われていますよ。良く考えたら、核の抑止力は必要なのではないでしょうか。
アメリカの核の傘の下に居て、「被爆地は到底理解できない」って、日本政府の姿勢を批判する意味が判りません。政府はこの国を護らなくてはならないのです。
安倍首相はその重い重い責任をお持ちです。だからこそ、簡単に核兵器禁止条約に批准できないのでしょう。

難しいことはサッパリの婆ですが、思うことを書いてみました。願いは平和ですが、それを手に入れるためには、きれいな言葉だけではダメなのでしょう。
マスコミは綺麗ごとを歌い上げ、世間の人を惑わせる。腹黒い世界の中で舵取りをする自国の首相を、世間の人の美辞麗句で貶める。毎年、夏が来るたびに、私はうんざりします。


***************************

8月8日の産経新聞朝刊。、平成5年 陛下が、皇太子さまのご成婚正式決定後、知人に語っていたお言葉が記事になっていました。

陛下と親交のある織田和雄氏(81)が、当時、陛下が電話で話された言葉を記録していたのでした。

織田氏によると、平成5年1月21日夜、皇太子さまと小和田雅子さんのご成婚が正式決定した2日後のこと。「その日の会話はいつもより長く、陛下が何か大切なことを話されていると感じてメモに残した」とのこと。

織田氏のメモには「皇太子の代に明るい皇室となれば」とあったとのこと。


・・・・・・・ここまで、産経新聞から一部抜粋・・・

婆の感想…

今上陛下は、父の昭和天皇の時代や自分の平成の時代は暗かった。だから息子の代は明るくなってほしいとお望みなんですね。
そうですか、昭和って暗かったですかね。今よりもずっと勢いがあって、良い時代だったと思いますけど。問題もあったし悪いこともあったけれど、皇太子の代が明るくなるとは到底思えませんけどね。

両陛下は今の体制を維持しつつ(80人!)、東宮御所に移り住んで彼方此方お出かけになるのでしょう。海外の王室とも交流はされるそうですよ。
皇太子夫妻には出来そうもないから、老親がやります!ってこと?
皇太子夫妻は、両陛下と入れ替わって皇居に住まわれるのね。また、改築なさるのでしょうか。贅沢ですよ。贅沢! 「生前退位」を認めさせたんだから、少しは節約していただきたいです。彼方此方災害で、国民は多くの忍耐をしています。そんな中での、憲法違反の「譲位」です。
こういう時こそ国民に寄り添って「古いままで良い」と仰っていただきたいですわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラックベリージャム… | トップ | 画像が…無い… »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雑 感 (黒織部)
2017-08-10 11:42:49
こんにちは

第1号のウラン爆弾「リトルボーイ」を広島、第2号のプルトニウム爆弾である「ファットマン」の第一目標は、
兵器工場のあった福岡県の小倉(現在の北九州)。記述通り、視界が悪かったため、爆撃機は小倉を
あきらめ、第2目標の長崎に。推計およそ7万4千人が亡くなり、およそ7万5千人がけが・・・、記述でした。

田上富久市長< 2014.08.03 産経新聞朝刊から >「中国の新ICBM」に対して全くのノーコメントであり、
プロ市民活動家が市長をしている様な事で、違和感がいつもあります。
「日本を戦争ができない国」=「日本を無抵抗国家」にさせようと必死で、お引き取り願いたいです。
長崎平和式典、祈りの場で非常識デモでのシュプレヒコールと報道され、人品の低下を感じます。 

     ❖_____❖_____❖

取り上げられた記事も読みましたが、須崎静養の発表もあっての話題逸らしかとも思えてました。
又、今上のご友人ネタで、元は何方かわかってしまいますね! 
>~良い時代だったと思いますけど。・・・me,too ! 少なくとも皇室は皇室らしかったです。
 (中には、必ず異質な人もいるものですけど…、押さえられていればいいだけの事)

「日程未定、気をもむ宮内庁 組織・予算決められず」 産経8/8 、当日はコメ欄があり、
ポチ押しが出来ましたが、翌日にはコメ欄削除、内容は批判的なものが多かったですから‥‥@@@
政局を見ていればこちらの方が大事と思える程、皇室問題は政治を妨げてますが、(目的かも?)

戦後の吹上御所自体、東宮御所より後の建設で、昭和天皇が云われたお言葉が、
「もっとも大切なことは天皇と国民の結びつきであり、それは社会が変わっていっても、いきいきと保って
いかなければならない。
昔から国民の信頼によって万世一系を保ってきたのであり、皇室もまた国民を我が子と考えられてきました。
それが皇室の伝統であります。」 _____________

ご本人たちの希望であろうが、宮内庁職員の思惑(キックバック)であろうが、根本として捻じ曲げ
られているとおもえる今回の特例法の内容に「不誠実」の表面化がすべてという事と感じます。
何もかもが今までと同じ、同じでない事は身軽になる為に当てはめた東宮即位とも思えます。
いつまでも「主役」でいようとしていると・・・(老害とは考えないのでしょうね!)

___________以前の美智子さんの発言で、「天皇陛 下ご即位 20 年に際して行われた
天皇、皇后両陛下の記者会見」で宮内庁記者会代表質問  問1 への 皇后回答(一部抜粋)

《高齢化が常に「問題」としてのみ取り扱われることは少し残念に思います。
本来日本では還暦,古希など,その年ごとにこれを祝い,また,近年では減塩運動や検診が奨励され,
長寿社会の実現を目指していたはずでした。
高齢化社会への対応は様々に検討され,きめ細かになされていくことを願いますが,
同時に90歳,100歳と生きていらした方々を皆して寿ことほぐ気持ちも失いたくないと思います。》____

何度もご自分の誕生日の祝いを重ね、呆れてしまった事がありましたが、(___ネ○が飛んでるかな?)
限界の無い欲望が「皇室」という空気を乱して、・・・・今上のお出掛けの服装でわかるのです。
皇室に60年近く暮らしても、やはり身に付かないものは身に付かない証左…@@@@@



黒織部さん (つれづれ)
2017-08-10 14:14:50
こんにちは。

長崎は第2目標だったのですね。私は、天候のせいで偶然かと思っていました。教えてくださってありがとうございます。

田上市長…こんな人が市長に選ばれるんですから…@
犠牲者の尊い命を、政治利用するなと言いたいです。
ブログ本文に入れなかったのですが、本当は「市長ごときが…(怒)」と入れたかったのです。

静かに悼む日であってほしいと思います。


私は「国父」「国母」という言い方に、何かしら違和感を感じるのです。多分、慣れてないのだと思います。
でも、天皇と国民の間の揺ぎ無い「信頼」、これは無条件に沁みついています。
昭和天皇は、皇太子(現・天皇)が成婚した時はまだ湿った御文庫に住まわれていたと、最近になって知りました。

いかなる時にも、国民を我が子と思っていてくださったのだと思います。


平成の天皇と皇后は、いったいどこを向いておられるのでしょうか。
腕組んでテニスコート ルンルン あほらし…

誕生日祝い!
そうでした、思い出しました!

またかと言うほどの誕生日の祝い…いわいと打ったら 岩井 と変換(汗)

限界の無い欲望…本当にそうですね。お顔に出てますよ、もう隠せませんね。
とうとう最後まで、身に付かなったのですねぇ…@


いつも納得の雑感です。 ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

独り言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。