つれづれ婆の手ぶれ野鳥と草と花と パート2

身近な野鳥とお花を写して…

今日の蓮…まだ咲いていて…

2017-07-29 21:52:17 | 某国関係
歩いてきました。昨日から、歩こうと決めていました。久々の公園です。カメラを持てるかどうかも試したかったし。鳥撮り用のカメラは結構重たいのです。
リュックを背負って公園に到着するまでに、すでに汗だくで…。カワセミが出ると聞いた所まで行きましたが、数人の男性が写していて割り込む勇気は喪失。
疲労が限界に達していたのかも…@  トボトボ、トボトボ歩いて帰りました。

写したのは、蓮。まだ咲いていました。この暑い日に物好きは私くらいかとタカをくくっていましたが、行ってみれば多くのカメラマンが撮影中。中高年のパワーは凄いとつくづく。

炎天下、歩き回って頭は痛いし足は筋肉痛で…。大婆様が予定通り傾眠の強い日で良かったです。昨夜はお喋りで寝ないし、ベッドから落ちてるし、朝はオムツの中が!!!だし@@@もう笑っちゃう~~。

家に帰って、クーラーをつけて…諸々の用事を片づけて…ゴロンとして…生き返りましたわ~~~。頑張れ、原発!

*************************

・・・以下転載・・・

無題 Name 名無し
【朝鮮学校無償化】拉致被害者家族ら、大阪地裁の判決に激怒「税金が拉致やミサイルに使われる可能性があるのに、日本人を守ろうとしていない」
http://www.honmotakeshi.com/archives/51782557.html

こんな裁判官必要ですか?
朝鮮学校を無償の判決した大阪地裁の裁判長 西田隆裕

心の底から、朝鮮人に対する憎しみが突き上げてきた。
日本の安全より朝鮮人の醜悪な物乞いを認めるほうが大事だと!!

こいつは許さないぞ!
朝鮮人との癒着を世間や世界に徹底的に晒せ。そして罷免させよう。
どうせ、こいつも朝鮮人なんだろうが。


… 法曹界に異常に多い在日と帰化人
在日朝鮮人は、同じ資格であっても日本人よりも試験がずっと易しく合格しやすいのです。

なぜそんな差別がまかり通っているのか、
暴力と脅迫で違法な権利や超法規的な権利をゲットしてきたからだ。




西田隆裕の実績

原爆症認定訴訟大阪地裁 またも原告被爆者全員勝訴
格安タクシー訴訟、またも国敗訴
吹田市住民訴訟:「市長の随意契約は違法」
橋下氏庁内メールは公文書 非公開取り消し
出自記事で橋下氏が新潮社に敗訴

あらあら・・・

               ・・・ここまで・・・

そもそも朝鮮学校は独自の教育をしていて、我が国の学校教育とは全くかけ離れた存在です・・・

1947年(昭和22年)10月に、マッカーサーが日本政府に対して「在日朝鮮人を日本の教育基本法、学校教育法に従わせるよう」指令を出したところから始まります。

戦後唯一の非常事態宣言を布告したほどの騒乱があったのです。

在日の人は特別永住権で暮らしていますから、我が国のお世話になっていると思います。我が国の法律に守られて暮らしていらっしゃるのですよね。

ですが、我が国で民族教育をなさっている。かの国の指導者万歳と言う教育です。かの国の指導者は核弾頭装着可能なミサイルを我が国に向け、

我が国の国民を多数拉致し返していません。子供は関係ないと言いますが、関係あります。将来、我が国内で反日活動を担います。この学校を税金で援助することは正しいことでしょうか。

援助した税金は海を渡って、ミサイルの数を増やすでしょう。バカみたいです。日本人は、自分で自分の首を絞めよとの判決でしょうか。



・・・以下も転載・・・

阪神教育事件(はんしんきょういくじけん)は、1948年(昭和23年)
4月14日から4月26日にかけて大阪府と兵庫県で発生した在日朝鮮人と
日本共産党による民族教育闘争、大規模テロ、逮捕監禁・騒乱事件で、

GHQは、戦後唯一の非常事態宣言を布告した。

朝鮮人学校事件、大阪での事件は大阪朝鮮人騒擾事件、
また神戸での騒乱事件は神戸朝鮮人学校事件とも呼ばれる





事件の発端
1947年(昭和22年)10月、連合国軍最高司令官総司令部総司令官
ダグラス・マッカーサーは、日本政府に対して、
「在日朝鮮人を日本の教育基本法、学校教育法に従わせるよう」に指令した。

このころ在日朝鮮人の子供たちは、日本内地の教育により、
朝鮮語の読み書きが充分にできなかったため、日本各地で国語講習会が開催され、
文字と言葉を知ったものが先生となり、在日朝鮮人の子供たちに朝鮮語を教えた。
教材は独自に作成された。

国語講習会は在日本朝鮮人連盟(略称は朝連)事務所や工場跡地、
地元の小学校校舎などを借りて開かれた。その後、国語講習会は朝鮮人学校に
改組され、学校は全国に500数十校、生徒数は6万余人を数えた。

1948年1月24日、文部省学校局長は各都道府県知事に対して、
「朝鮮人設立学校の取扱いについて」という通達を出し、
朝鮮人学校の閉鎖と生徒の日本人学校への編入を指示した
(朝鮮学校閉鎖令)。

同年1月27日、朝連は第13回中央委員会を開催し、朝鮮学校閉鎖令に対し
反対を表明した。さらに、「三・一独立運動闘争記念日」に合わせて、
彼らの主観における「民族教育を守る闘争」を全国で展開するように訴えた。

大阪府と兵庫県ではこの通達に基づき、朝鮮学校の閉鎖を命じた。
阪神地区では、朝連の宋性澈が闘争、暴力事件の指導に当たった。
在日朝鮮人・金太一が闘争中に警官に射殺されている。


事件の概要

大阪府
1948年4月23日9時、大阪府大阪城前の大手前公園で、
朝鮮人学校弾圧反対人民大会が開催された。
集会には在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余が集結した。

16人の代表が選出され、大阪府庁舎で大阪府府知事との交渉を行うことになった。

12時30分、大阪府庁知事室において、副知事(知事は当日不在だった)と
朝鮮人代表者16人との交渉が始まったが、合意には至らなかった。

代表者はしばしば威圧的、脅迫的な言動を行った。

15時、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余の中から、
シュプレヒコールが起こった。

50人余の青年が行動隊を編成し、スクラムを組んで大阪府庁前の阻止線を
組織的な暴力を駆使して突破した。

15時30分、行動隊に続いて、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など
7000人余も大阪府庁に暴力で突入し、3階までの廊下を暴力で占拠した。

副知事は警察官の誘導により、戦時中に作られていた地下道を通って脱出した。

17時ごろ、群衆は知事室になだれ込み、ドアや調度品を破壊するといったテロ活動をした。

日本共産党大阪地方委員会に派遣されていた増山太助は、
川上貫一衆議院議員とともに知事室に駆けつけたが、どうにもできなかった。

夜、大阪城周辺の各所で在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人が
篝火を焚いた。朝連は、川上貫一を代表として交渉の場を作ろうとしたが、
アメリカ軍や武装警官が到着した。

その後、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人らは、
武装警官隊と乱闘となり、在日朝鮮人のうち1人が死亡、20人が負傷した。

警官側の負傷者は、それを上回る31人だった。179人が騒擾罪で検挙された。

4月25日、朝連や日本人約300人が大阪南警察署に押しかけ、
逮捕者の釈放を要求、脅迫した。
警官隊は、約300人に向けて威嚇射撃を行い追い返した。

4月26日、朝連は大阪東成区や旭区などで「朝鮮人学校弾圧反対人民大会」を開催した。
午後、朝鮮人代表者と大阪府知事との間で再度交渉が行われた。

15時40分、別室に待機していた大阪軍政部のクレーグ大佐が、
交渉の中止と、大手前公園に集結していた在日朝鮮人2万人の解散を指示した。

在日朝鮮人1600人のデモ隊が再び大阪府庁に向かい、武装警官隊の阻止線で
投石を開始する暴力行為を行った。

武装警官隊は消防車に放水をさせ、デモ隊に突入し拳銃で発砲した。
在日朝鮮人金太一が死亡した。

検挙者は軍事裁判にかけられ、日本人9人と在日朝鮮人8人が
重労働4年以下の判決を受けた。阪神教育闘争の指導者の一人であった
朴柱範は逮捕・投獄され、釈放された直後に死亡した。

事件解決後、大阪市警察局は、アメリカ陸軍第25師団司令部より感謝状が贈呈された。

http://hosyusokuhou.jp/archives/40460742.htmlから、大阪の部分だけ転載しました。兵庫県でも同様の騒乱が起きています。

広島で出された判決は妥当なものでした。

稲田氏が辞任して、このような時に、北はミサイルを発射(29日未明)。


日本人は働いて税金を納めて、その税金は在日や帰化人が使うようにするとどこかで読みましたが、余程心していかないと現実のこととなりますわ。


*****

今日の蓮です。
      




          




    





         




       

              暫く、蓮が続きます(汗)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結界は破れたか…? | トップ | あれやらこれやら… »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雑 感 (黒織部)
2017-07-29 23:44:07
こんばんは

ミサイルの件大臣辞任に合わせてと考えれば、辞任発表後、後任に岸田氏兼任という事ですが、
大臣認証は(宮内庁HPから)
「任官者は,内閣総理大臣から辞令書を受け,その際,天皇陛下からお言葉があるのが慣例です。
なお,次の官職が認証官です。国務大臣,副大臣,内閣官房副長官,~」とありますので、那須静養帰京に、
合わせての段取りの可能性も有るとも、思えます。
(前にも、認証を遅らせるような事(細川内閣?)もあったと、…ウロで )

であれば、帰京期日はすでに発表があった事から、北のいう「奇襲」には、ハテナもありかなと思いました。
(突っ込んでいえば、漏洩…北に通じてる?・・いますから・・・)

北へ流れるパチンコ資金は有名で国会議員のパチンコ議連には与野党所属ですから、何をか況やです。
今回の様に「補助金」、他の専門学校扱いになっている所からは、そのような動きはありません。
あくまでも国・自治体の姿勢としても一貫した判例が出るべきでしょうね。悪平等には、NO!と。

この裁判官、ネットで「政治的な理由を排除と言いながら「維新が嫌い」な判決を出すので共産党、
傘下の市民団体から重宝」と、言われるような人物。
なにやら、辻元氏が絡んでいる案件もあるとからしいですね。

三権分立とありながら、民族として通底しているとも思える構図の弊害に、政治が糺すべき時期と、
意識ある国民を増やし、声を出さなくてはいけません。


       ❖_____❖_____❖

美智子さん、「ビンゴです、つれづれさん!」お出ましで、お仲間の宮城まり子さんまで、インタビュー。
マスコミ、お決まり通りに延々とで、うんざりでした。
朝日新聞表題が、「ひざつき、患者の目線で」皇后さまへ日野原さんの助言  7/29(土)------!
「ひざつき」------あの姿ですね、やはりキリストの教えとでも、「懺悔」を、想像してしまいます。


話題が逸れますが、ご紹介したいサイトです。
「上田正昭氏」との今上、美智子さんの交流が書かれてます。(お時間があるようでしたら、…・_(_^_)_)

* 明仁氏と上田正昭・京都大学名誉教授との交流 で 検索

* h ttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=124935&servcode=A00
  「天皇は過去の戦争について反省している」(1)・・下にスクロール(2)

      ❖_____❖_____❖

すずめも、街中の交通量の多いところにいると、煤けているものだと気が付いたのは、最近の事・・・(笑)   
黒織部さん (つれづれ)
2017-07-30 11:18:36
おはようございます から書き始めたのに、書き終われば こんにちは の時間になっていました(汗)

後任者にも陛下のお言葉は有るのですね!そうでしたか。
静養帰京後に合わせての段取り…漏洩…もう信じられないっていうか信じてません、あのご夫妻とか。


ここまで入り込んでいるとは、最近まで気が付きませんでした。…@
司法も歪められていくようで…。
おかしな判決に「何故だろう」と疑問が大きくなっていましたが、根底に食い込んでいるものがあったのかと、漸く…。
三権分立…怪しくなっていると感じます。


大爆笑!ビンゴでしたか…って、笑っている場合ではないですね。
ここまで政治的な人達と個人的な付き合いを、堂々と行動なさる皇后。GHQの勝ちでしょう…@
あぁ、嫌です事。

次はナルちゃんとマサどんですよ@@@
この方たちを養わなくちゃならない義務は皆無だと思いますけど。


ご紹介頂いたサイトを拝見いたしました。

京大の名誉教授・第一人者がこういう考えの持ち主で、陛下の後押しをしているのですね。
こういう思想だから第一人者になれたのか??
真の歴史を語れる方は、日陰にヤラレル…?

真実を埋葬させて、あちらの都合の良い日本になりつつあるということ、いったい何人の日本人は気づいているでしょう。

自分の国さえ嫌っている天皇だと思います。
いくらGHQが姑息な事を仕掛けたとはいえ、陛下はすんなりと受け入れたのです。
一度も、お父上の事を肯定的に捉えようとはなさらなかったのか。
否定ばかりなさっていたのかと、疑問に思います。



半島に縁があるという発言が、こういうところから出てきたのだと判りまして、とても興味深い内容でした。

いつも教えてくださって、ありがとうございました。


街中のすずめは煤けている…確かに!
黒織部さんは、こういうところも鋭くていらっしゃる。

すずめ、可愛いと思っていましたが、写すようになって良く見ると、結構怖い顔ですよ…(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

某国関係」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。