つれづれ婆の手ぶれ野鳥と草と花と パート2

身近な野鳥とお花を写して…

遊歩道にて…物言わぬ…

2017-07-17 11:08:51 | 紫陽花
昨日、産経新聞の皇室記事に疑問を感じたばかりですが、今朝は褒めます。


加計学園 行政は歪められたのか?という記事が挙がっています。大きな見出しで、「獣医師会、学部阻止に奔走」とあります。

「石破4条件」を盾、民主に献金  


上記の石破4条件とは…

① 現在の提案主体による既存の獣医師要請でない構想が具体化

② ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき分野における具体的な需要が明らか

③ 既存の大学・学部では対応が困難な場合

④ 近年の獣医師の需要の動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討

要するに新たな分野のニーズがある  既存の大学で対応できない  教授陣・施設が充実している  獣医師の需要バランスに悪影響を与えない…という内容。

このいわゆる「石破4条件」により獣医学部新設は極めて困難となった。と記事にあります。

獣医師の質の低下などを理由に獣医師学部新設に猛反対してきた獣医師会にとっては「満額回答」だったといえる・・・そうです。

元衆院議員で政治団体「日本獣医師政治連盟」委員長の北村氏は、前地方創生担当相の石破氏と昭和61年の初当選同期。政治改革で行動を共にした旧知の間柄。

日本獣医師政治連盟は、平成24年12月27日、幹事長に就任した石破氏の「自民党鳥取県第一選挙区支部」に100万円献金している。

北村氏は獣医師会の会議で、「(4条件という)大きな壁を作ってもらった」と胸を張った。

                     ・・・ここまで、産経新聞7月17日朝刊から 抜粋・・・

獣医師会は政治工作を絶え間なく行っていたそうで、新潟で獣医学部新設の阻止に成功。

石破氏の父、二朗氏は鳥取大学の獣医学科設置に尽力した方だそうで、その息子の石破氏が獣医学部新設阻止に動いたとすれば皮肉な話だとも記事にありました。
詳しくは産経新聞をお読みになってね。


石破氏が係わっていたことは知りませんでした。昨日でしたか、ネットで石破氏が民進党の前原氏と食事会か勉強会だかを一緒に…という話が、中止になったと出ていました。産経が記事を出すと知ってのことだったのかな。

安倍首相の足を引っ張りましたね、この方。

遅まきながら、やっとこの記事が出たのは良かったと思います。ご存知の方は、とっくにご存知だったのでは?。ネットをご覧にならない方の目に留まると良いですね。


*********************************



昨日、遊歩道まで歩いてみました。お昼の時間帯にさすがに歩いている人は居ません。物好きな婆ひとりです。皆さんは早朝に歩いておられますよね。

紫陽花です。
    





        





     





           


上の二枚は多重撮影で、画像を二枚重ねてみました。狙った雰囲気とは違ってしまいましたが、載せちゃいましたわ。

触るとカサカサっと壊れそうになっている花もありました。物言わぬ花ですが、婆も物言わぬ婆になりたいです。余計な一言で、足元が揺らぐ…(苦笑)

大婆様はひょっとして、私の心のビタミン剤になってくれていたのかも…。もう少し優しくしてあげよう。

生きてるうちが花、今頃ですが気が付いて良かったかも(微笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ま、いろいろと… | トップ | 夾竹桃…毒があるって…! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雑 感 (黒織部)
2017-07-17 15:50:39
こんにちは

食事会の件、中止がニュースになった事に「何処かがリークした?」と思ってましたが、
ご指摘通り、産経記事の事かもしれませんね。(前原、松野・原口氏ら・・・@)

石破氏、自民野党時代での発言などでそれなりの支持者がいたようですが、
安倍自民支持者にとっては、“後ろから弾、撃つ”人物認定になっているようです。
一番はマスメディアが持ち上げる事自体で“あちら側”と見做されてしまう事でしょう。

前の獣医師会会長が「山根義久氏」公益財団法人 動物臨床医学研究所、理事長を務め、
その顧問が石破氏であり、同郷ということですから、何をか況や状態です。
ネット上で見つけた、石破氏、週刊文春インタービューでの発言、
「不思議ですよね。なぜ大臣が変わることでこんなに進むのか。
 新たな条件が出るのか。 世間で言われるように総理の大親友であれば認められ、
 そうでなければ認められないというのであれば、行政の公平性という観点から
 おかしい。」と。(…今でも同様な事言えますかと、ツッコミ!‥@)

少し昔話で、この方金丸訪朝団の時に同行し、自ら女性を御所望と週刊誌に書かれた事を
後に知った事もあって、ハニトラ政治家はと、その頃からの印象で「ペケ」認定。
女性宮家創設賛同であったり、靖國参拝否定、思想がどうも…?で、支持はできません。
石破氏夫人は昭和電工・安西家に近しい方の娘さんでもあり、どうなんでしょうかと。
       
       ❖______❖______❖

多重撮影----------近くのカメラ好き夫婦(神主です)に聞いてみます。
        (この家で、今年はシジュウカラが巣作り、誕生と報告有りです)

紫陽花、枯れるというより、色の抜けたと表現したいような気がしました。
    「もう、いいわね‥‥、咲き誇った時は、おしまい」、と綴ってみました。
黒織部さん (つれづれ)
2017-07-17 20:22:02
こんばんは。

昨夜、偶々 虎の門ニュース楽屋入り(7月14日配信)を見ていたら、高山正之氏の話が面白かったです。

2008年 イージス護衛艦「あたご」に漁船「清徳丸」が衝突した海難事故がありましたね。
このときの防衛大臣が石破茂氏。
「清徳丸」の親子は自動操縦にして寝ていたのですが、船を引き上げるとそれがばれちゃうから「引き上げるな」と言い始めた。
石破氏は、事故原因もはっきりしないうちに現地に行って、頭を下げちゃった…と、高山氏は話してました。
「あれは、ダメだね。ダメなものは消えていくね」とも。

ちなみにこのときの総理は、福田康夫氏。


石破氏は動物臨床医学研究所の顧問していたんですか!ズブズブだったんですね。
文春のインタビューの発言!白々しく抜け抜けと(怒)

女性ご所望は、金丸訪朝の時だったのですか。
金丸さんちの金庫から出てきたのは「北朝鮮製の金塊」でしたよね。
ハニトラやら金塊やら我が国の政治家たち、他にもお世話になった方が結構いたりして。
こういう方達は全員「ペケ」!!

さらに驚いたのが、石破氏夫人って安西家に近しい方の娘さんだということ。
あら~~~、そうなの~~~と、あの方のお顔が浮かびました。
繋がるんですねぇ…。


多重撮影は多重露出とも言います。技術や知識が必要だと思うのですが、私は苦手で感覚のみで写しています。
Aの被写体を写して、次にBを写す…後はカメラが重ねてくれます(笑)
メイドインジャパンのカメラは、なんたって優秀!!!

今回は、まだ色の残っている紫陽花と、色の抜けたものを同じ空間に配してみました(いっちょ前な、表現・汗)

シジュウカラが巣作りするお家!神主さんご夫妻がお優しい方なのでしょう。

咲き誇った時は、おしまい…おしまいになった時、「もう、いいわね」と静かに穏やかに納得して。

黒織部さん、今日もありがとうございました。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

紫陽花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。