つれづれ婆の手ぶれ野鳥と草と花と パート2

身近な野鳥とお花を写して…

独り言…

2017-08-15 14:15:03 | 独り言
・・・以下転載・・・

北海道が次々シナに買収され、シナ32番目の北海道自治区が現実のものに
https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34847393.html
国交省が主催して札幌で「北海道チャイナワーク」社長のシナ人・張相律の「北海道人口1000万人戦略」の講演会をさせている。

そこでは、北海道は独自の入管法をつくってシナ人労働者をどんどん受け入れて人口を1000万人にする、という内容だ。

シナ人・張相律は「北海道を中国第32番目の省にすると、大陸でも言われている」と言っている。

これは『武器を持たない戦争』だ。われわれは武器を持たない戦争を仕掛けられている。半数が帰化人で占める政府の責任は重い。

                    ・・・ここまで・・・

>駒沢大付属苫小牧高校を擁する学校法人駒澤大学(須川法昭理事長)が今年1月、傘下の苫小牧駒澤大学(以下 苫駒大)を中国と関係が深い京都の学校法人に無償で移管譲渡することを決めた。

以前、このことを産経新聞から転載致しました。(2017.6.19)
京都の学校法人京都育英館…ここは理事のうち2人が中国人で、うち一人は中国共産党員です。
国交省はトップが公明党ですから…。
どうします??  これで良いのか我が国は…?


*********************

今日は、終戦の日。全国戦没者追悼式が行われました。両陛下はご臨席で皇后さまは「着物」でしたし、陛下は「反省」の二文字を入れていらっしゃいました。
「生前退位」なさってもご臨席になるのか、あるいは新天皇夫妻が出るのか、どうなるのでしょうね。新天皇(雅子夫人は欠席か?)に出て頂いても、嬉しくも有り難くも無し…だと思われ、気分が重くなるばかりです。
秋篠宮両殿下ご臨席ならば有りがたいですが、ならばお二人を相応しい地位にしてほしいと思います。皇太弟とか…。


・・・以下転載・・・


終戦の日 首相加害責任触れず
8/15(火) 12:49

終戦の日、追悼式に5700人 首相、加害責任に触れず

 72回目の終戦の日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれた。天皇、皇后両陛下や全国から集まった遺族ら約5700人が参列し、約310万人の戦没者を悼んだ。安倍晋三首相は不戦の決意を表明する一方、アジア諸国への加害と反省に5年連続で言及しなかった。(朝日新聞デジタル)
               ・・・ここまで・・・

安倍首相は「加害者責任」には、触れられませんでした。アジア諸国も中韓以外は、「もう謝罪は結構」と仰っているのですし、大戦後独立も果たしたのですから、
いつまでも「加害者」でいるのもおかしなことです。
「反省」とか「多大な迷惑を掛けた」とか言うのは、もう止めて頂きたい。それを言っても何にもならないどころか自虐にまみれて、そのうち侵略されてしまいますわ。
着々とあちらは仕掛けていますよ。情報戦・知識戦はとっくに始まっています。血を流さない戦争だってあるんですね。最近、知りました。

しかし、何より戦没者の方々に「加害者」呼ばわりは失礼ではないでしょうか。戦いに行くという事。侵略ではなく、自国を守るための戦いだったのですから。
安倍首相が加害者責任に触れなかったのには、そういう意味合いが大きくあるのではないかと思いました。
テレビでは「玉ぐし料を自費で…」とか、言ってましたが(例年通り)、お墓参りに行くのは当然のことでしょうに。
我が国ほど戦没者を軽んじている国は無いと思います。口出しする中韓がおかしいのですが、気を遣う我が国も変です。

*************************

さて、陛下の「生前退位」で、恩赦が検討されているとか!憲法違反の生前退位で、恩赦…@@@
反対です。何のための恩赦なの???犯罪者が出てくるんですよ。あり得ないです。反対。何度も申し上げます「憲法違反」で認めさせて、犯罪者に特典をあげるようなもんじゃないのですか。どうなの?陛下にお聞きしてみたいわ(怒)
国民には迷惑なのでは…。

*******************************

陛下のご学友の橋本明氏が、13日お亡くなりになったそうです。
この方は、女性宮家賛成・生前退位賛成・退位したら韓国に行って欲しいと言った方。ジャーナリストだったんですね。ほんと、陛下の回りには自虐史観で左寄りの方が多いですね。

私が穿った見方をしているかもですが、今日の戦没者追悼式の「君が代」斉唱のときの陛下のお顔。何だか怖かったです。苦虫を潰したようなお顔でした。

******************************

今回のお盆は予期せぬお客様もあり忙しく過ごしましたが、それはそれで良い思い出になると思います。大婆様は何度もベッドから滑り落ちて、ひと騒ぎもふた騒ぎもしました。腰が~~@
大声を出しながら持ち上げたら、意外に力が出て持ち上げることができました。(笑)
先で後悔するより、今頑張る…ですね。でも本当はね後悔することばかり…(涙)
大婆様を今朝ショートに送り出して、ほっとしています。



       デュランタ宝塚です
         



                




         
何か画像は無いかと探していたら、庭のデュランタが咲いているのを見つけました。大婆様が気に入って育てていた花です。私が昨年、短く剪定しちゃったので
今年は花芽が付かないかと心配していたのですが、数個花をつけてくれました。
写していたら、蚊に数か所刺されていましたわ~@
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それぞれの…夏休み… | トップ |  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雑 感 (黒織部)
2017-08-16 06:02:23
こちらにも・・・、おはようございます。

赤い大地といわれる北海道、法的に規制の縛りを強くしないと、と思います。
北海道が日本の領土で有り得たのは、終戦後のロシアの進軍を樋口季一郎中将率いる、占守島の戦いに
よって遅らせ、その間に米国が進駐を完了できた事でもあり、人の血が流れての結果ともいえます。
(私的に樋口季一郎中将は、関心度が高い軍人です)

       ❖_____❖_____❖

追悼式で、今上が退席時に美智子さんが声を掛けなければいけなかった状況が
あったようで、やはり〇〇がそれなりになのでしょうか?真偽が公になる事は、…@
「深い反省」との文言もあって、書いている人が浮かびますね~~~!
そうです、来年は――――、(何だか怖い事になりそうです…)難儀な事です。

お召し物、三つ紋でしたが、いつだったか紋なしの様な色無地でしたね。紋は十六菊紋?で、と思って。
和服着用を良しとするのかも、なし崩しとなってしまいそうですが、どうなんでしょう。
和服は和服でお召しになる状況もある事から、敢えて追悼式には、と思うのです。

>苦虫を潰したようなお顔…ここ数年そういう風が顕著で、特に日の丸、君が代と。やっぱり!
 前に、主権回復の日のセレモニーの時も酷かったですね。記憶にしっかりです。
       _______________

橋本氏の逝去、こういうタイミングでと思いましたが、お悪かったのでしょうか?と。
この方の著書に、「平成皇室論 次の御代へむけて」2009、あり、その書中に東宮廃太子→
秋篠宮擁立論を記載されている事が話題になりましたが、変節しましたね。きっと…です!

       ✰・・・・・✰・・・・・✰

「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、
 謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。」
安倍総理、戦後70年での、内閣総理大臣談話の一部です。
安倍総理は、未来に目を向けています。それが一番元気になれる事で嬉しかったですね。

トランプ氏来日での、安倍総理と共に靖國参拝を願っているのです。
また、総理秘書官?が、ローマ法王訪日への要請活動をしており、法王庁も検討に
入っているという事らしいのですが、はっきりするといいと思います。
こういう処の外交手腕、上々と思えます。頑張れ、安倍ちゃん!

       ❖_____❖_____❖

デュランタ宝塚 ********初見、花弁の白のトリミング、キュート❤
黒織部さん (つれづれ)
2017-08-16 09:27:14
おはようございます。こちらにも!(微笑)

やはり法的強化しかないですね。
何だか、のんびりとした対応な気がしてイライラしてきます。
樋口季一郎中将…黒織部さんに、また教えて頂きました。

追悼式の退席時のご様子は、見ていないのです。
ちょうど、大婆の施設から電話が入って…。
今朝の産経朝刊に、その時の写真が上がっていて、
「標柱をじっと見つめられる天皇陛下」と…心配そうな美智子夫人が写っていました。

やはり〇〇が進んでおられるのかなと…@


洋服の基準は、私的な場所では「洋装」で、公的な場所では「和装」でしょうか。
友人には「私、皇后だけどあなたのお友達よ」で、
国民には「舅・姑とは違います。私は平民」アピールかな…なんてね。

雅子さんは出てこないでしょうし、皇后のドレスコードは無くなるかもしれませんね。嫌です事@@@


橋本氏も浩宮さんをご覧になったことはあるでしょうし、「だめだ」と思っていたのかな。
変節したのは、こっぴどく叱られたのか…?
このタイミングでしたからねぇ…。


戦後70年の安倍首相の談話にホッとしたものです。
先の世代の子供たちに目を向けておられて、待ち望んでいた談話でした。
アメリカにも根回しなさってね。
それを、陛下(美智子さん)が壊す…@@@


ローマ法王もトランプ大統領も安倍首相と共に靖国参拝してくださったら!!!

頑張れ、安倍ちゃん!ですよ。


ご近所のデュランタはブルー系の花で、まるで簪のように咲いています。綺麗です。
白いのもあるそうですが、まだ見たことはないです。


雑感 ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

独り言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。