つれづれ婆の手ぶれ野鳥と草と花と パート2

身近な野鳥とお花を写して…

暑い…独り言…

2017-07-13 18:58:07 | 独り言

朝日新聞の社説から・・・以下転載・・・

(社説)民進党 勘違いしていませんか
民進党の議員たちに問う。蓮舫氏が戸籍を公開すれば、党勢は上向く。そう本気で思っているのか。

    (中略)


「二重国籍」問題で、蓮舫氏の説明が二転三転したことは、公党のリーダーとして不適切だった。だが、主な敗因とは思えない「二重国籍」問題に議員たちがこだわるようなら、国民はどう受け止めるだろう。もう一つ懸念されるのは、蓮舫氏が戸籍謄本を公開することが社会に及ぼす影響だ。

本人の政治判断とはいえ、プライバシーである戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか。 民進党と蓮舫氏はいま一度、慎重に考えるべきだ。


     ・・・ここまで・・・

>例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか。

・・・どういうこと?

我が国は法律で、「二重国籍」は禁止されているのだから、議員は「日本人」であることを証明するのは当然の事。これは差別ではありませんよね。朝日新聞はおかしいわ。
ま、とっくにおかしいけど…@ 従軍慰安婦問題・南京大虐殺問題等々深く深く関わっていますからっていうか、大元ですよね。他にもいっぱいあるけど、検索なさってね。

もしかして、二重国籍の議員は他にも…? あの党にも、この党にも居る? 国会議員に限らず、大手のマスメディアの中にも、居たりして。現在帰化して日本人になった方の、親とか祖父母の人たちって、正式に入国した人たちばかりとは限らないかもですよね。戦後のどさくさに紛れて入ったという人も、居そうです。そういう事が、明らかにされるのが困るという方も居るかも。朝日は、どこに気を使っているんでしょう。婆には判らないけど。

一般人の真面目に生きていらっしゃる方に、戸籍を示せって言っているわけではないですよね。国会議員だから、「二重国籍」は禁止されているので、
日本人であることを明らかにしないといけないだけでしょ。議員は公人だから、プライバシーは理由になりませんよね。

蓮舫議員は現在は「日本人」になっていたとしても、議員期間中いつ帰化したかが問われるはずです。二重国籍のままで議員をしていた期間があったら、法律違反です。
その責任をお取りになるでしょうか。

蓮舫氏はついに「戸籍謄本」を出すって仰ったけど、朝日が反対して他の議員も反対して、「差別になるから、や~~メタ」ってなったりして(笑)

あっ!その、前フリ???

****************************

前から気になっていたことがありまして、画像を見つけたので載せてみます。

   



           

何方の画像か判りますよね。
このお顔の変遷。最初、整形疑惑が起きた時、まさかと思ったのですが。記憶をたどれば随分と、お変わりになっていらっしゃるなと思い気になっておりました。
女性はお化粧もしますし、そのせいかもしれませんが。ふくよかだったお顔は、いつの間にかシュッとして、芸能人風に…?
美智子皇后のアラを探そうというのではありません。これまで、素晴らしいお方と言われてきて、自己犠牲の塊のように褒められていらして、無条件に信じておりました。
本当のところは、どうなんでしょう。信じ込まされていたのではないかと気が付いたのです。いつも、中心にいらしたし。
陛下が中心ではなくて、皇后が中心。これはおかしい。天皇あっての皇后なんだから。

最近、東宮夫妻に責任があるという派と、東宮夫妻だけでなく両陛下にも責任があるという派があります。私は両陛下に行きつきました。
雅子妃の「わがまま」が許されているのは、天皇・皇后が許しているからです。家庭的な天皇と、平民の皇后は似たものご夫妻でいらしたのかも。
皇室を私物化なさって、内廷家族にしてしまわれました。だから、「眞子の結婚式に、天皇で出たい」なんて、仰る。もう仰天でございますわ。
眞子さまとKK氏との結婚を、両陛下は認めているということでしょ。

ここからは私の想像なんですけど、秋篠宮両殿下は、もっと時間を掛けて眞子さまを説得なさるおつもりではなかったかと思います。時間をかけるうちに
眞子さまが落ち着いてこられ、目が覚めるかもと期待しておられた?ところが、皇后がマスコミにリーク。出自が気に入って。
陛下は、ひ孫の顔が早く見たい?それで、結婚が早まったとか?想像でしかありませんが。
娘のためとはいえ、両陛下に楯突くことは不可能なのか?多分、眞子さまは本気なんでしょう…(涙)だから、親も強く爺・婆様に意を唱えることができない。

よう判りません。あれやらこれやら想像するのみ。

今日も暑い一日でした。夕方からも、一向に涼しくなりません。私は家におりますが、被災地の方々はさぞや厳しい毎日をお過ごしのことでしょう。お察しするしかできません。
世間の片隅で、ぼそぼそつぶやくのが精一杯で、ほんとにもう…な、ダメ婆です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それぞれの… | トップ | 今頃…? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雑 感 (黒織部)
2017-07-14 00:53:25
こんばんは。

前ふりみたくの様相になってきました。焦点は、年月日の明文された公文書と、誰でも思う事であって、
何かすり替えた様な説明や書類を見たい訳では、ありません。弁護士同席というだけで、ご本人ちょっと、怖々?
マスコミがどう、報道するかも、見所でしょうか。

     ❖   ❖   ❖   ❖   ❖

美智子さん、子供の頃の左向き画像ですら、??です。
独身からローブデコルテの頃、流産葉山静養までは当人でしょうが、それ以降は、もう、・・・・・∞
この頃には、もう皇后即位の可能性もなかったかもしれませんね(・・・・奥では)、想像の範囲ですが。
記憶にある事として、紙媒体・マスコミがアゲアゲだったのは二代の東宮妃、全く同じと再確認です。

こんな書き込み(2011年頃)もですが、

 美智子様は慣れない宮中でご苦労なさった。
しかしだからといって鐘と太鼓で触れて回って周囲の理解が得られるだろうか。
なさったことの中には明らかに指弾されておかしくないこともあった。
宮中の皆様が口を噤んでいたからこそ、美智子様は皇后におなりになった。
一番伝統に守られたのは美智子様に他ならない。

今の美智子様は「理不尽にいじめられた」という思いで一杯のようにお見受けする。
昔はもっとバランスの取れたご意見もうかがったが、やはりお年をとられたのだと思う。
年々強まる被害者意識がアメリカ流ジェンダーフリーと結びつき、
皇統の危機を錦の御旗に「女性宮家」「女帝」を主張して譲られない。

      _________

強烈に残りました事で、 「保守に守られ、左翼活動」  と、評された「名言」だと、思います。
東宮家に違和感を以てすぐに、今上美智子さんへの不信となり、後に秋篠宮家の 「普通」 が、
理解できていた様に思います。
特にあの時代、ハーバード、東大との履歴であれば、病気になっても治癒への対処自体を考える事、
そういう知能がないわけでないはずと、思えてましたから、自然と、“履歴書、ほんとう~?”が、(本心)・・・。
_________________________ 逸れました。(自嘲~)

昨日、安倍総理、福岡・大分現地入り、 ・・・・激励メールで、感謝を込めました。

こちらも暑かったです、今日は、姿は見てないですが、ヒガラ の鳴き声をききました。近くにいるようです。


黒織部さん (つれづれ)
2017-07-14 08:43:06
おはようございます。

報道を注目いたします。マスコミにとって蓮舫議員の利用価値が、まだあるかどうかも判りますね。

あの有名な左向き画像ですよね。
以前、書き込みに「美智子さんは中耳炎で死んだ。この子は取り換えた子」ウロですが、こういうのがありました。
戦前のことだから、あり得るかもと思ったりもしました。
「美智子さん」とされる女の子は、もはや何者?という状態です、私的にですけど。
立后すら、疑わしい…。

流産静養の後、僅か2年ほどで礼宮さまを懐妊なさっていることも「?」なんです。
身近に同じ体験の人が居まして、彼女は3年キッチリ開けました。専門医の指導を受けてのことです。
ですので、随分と早くにOKが出たんだなと。
「あの」噂は、どうなんだろうかと…もう、疑惑のデパート???

「保守に守られ、左翼運動」まさしく、まさしく。「名言」ですね。

>宮中の皆様が口を噤んでいたからこそ、美智子様は皇后におなりになった。
一番伝統に守られたのは美智子様に他ならない。

このことを、美智子さんが少しでも理解しなさったら、違った状況になっていたでしょう。
「クレバーだけどワイズじゃない」今更ですが。


実は私はあの華々しい履歴書を、かなり信じ込んでおりました(冷汗)
精神科の薬は「難しい」と、聞いていましたので「薬の副作用なのでは」と善意に解釈していたところもあります。
騙されました~~~@@@


要望を伝えるばかりでなく、激励と感謝の気持ちもお伝えしたいです。
私も、メールいたします。拙い文章ですが送ります。

こちらでは、シジュウカラの声さえ聴くことは少ないです。
ヒガラ…すばしっこくて可愛いですよね。

本日もありがとうございました。元気が出ます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。