蟋蟀庵便り

山野草、旅、昆虫、日常のつれづれなどに関するミニエッセイ。

木漏れ日

2016年12月31日 | つれづれに

 木立の間から注ぐ日差しが、頬に優しかった。大晦日の午後、汗ばんだ額をキリッと引き締まった冬の風が撫でていく。散り敷いた枯葉がカサカサと鳴る。いつものマイベンチの倒木に座り、傍らにトレッキングポールを立てて、キラキラと揺らぐ木漏れ日を浴びていた。
 誰一人いない私の秘密基地「野うさぎの広場」は、今日も静寂の中にあった。今年の「歩き納め」だった。

 ささやかなお正月の用意もほぼ終わり、1ヶ月振りに散策に出た。このひと月、病院通いと買い物で車を走らせてばかりいた。気持ちのゆとりを失って、毎朝の日課にしていた30分のストレッチとスクワットも忘れがちになり、ちょっとした弾みで腰を痛めた。足の弱りは腰に来る。
 「少し歩いて来よう、腰にもいいかもしれない」……そう思って歩き始めたら、やはり足が重い。用心の為にいつもの枯れ枝のマイ杖の代わりに、愛用のトレッキングポールを持った。ヨセミテの滝登りや、ザイオンキャニオンのエンジェルス・ランディングの岩壁登攀、ブライスキャニオンの土柱の間を縫うトレッキングにも連れて行ったポールである。

 九州国立博物館裏の散策路は、まだイノシシの狼藉も僅かで、黄色いツワブキの花や、甘い香りを風に乗せる水仙の花で飾られていた。屈みこみ鼻を近付けて、微かな春の香りを胸いっぱいに吸い込んだ。
 天満宮の杜の奥で人声がする。新年の神事や飾りに、榊の枝を切っているらしい。何故だか「ロミオ~、ジュリエット~!」と意味不明の叫びをあげるのが可笑しくて、思わず一人笑いしながら山道を辿った。
 道ばたに、太い根元だけを切り取った孟宗竹がいくつも転がっている。角松に仕立てられたのであろうか。

 「野うさぎの広場」の静寂……耳元を過ぎる風の音、枯葉が転がる音、小鳥の囀り、風に揺すられた竹がカンと鳴る音……静謐とは、決して無音ではない。無作為に届く自然な音があってこその静寂感であろう。それは、20メートルの海の底でも同じだった。頭上の岩礁を打つ涛音、カツカツと小石を打ち鳴らすような微かな音、きしるような不思議な響き……そんな中に身を置いて、限りない静けさに浸っていた。レギュレーターから無数の泡となって海に溶ける呼気さえ、そこでは静寂を醸し出す自然の音だった。
 山道の行き止まりに広がる小さな空間、そこは知る人も少なく、人影に会うことも滅多にない。だから、時にピクニック気分でお握りを頬張ったり、一人用のシートを広げて横たわり、束の間の静謐に目を閉じることもある。
 今日は、野性との出会いはなかった。道端に黒い土を盛り上げるモグラとイノシシ、時たま笹の陰に尻尾を振り立てて隠れる野うさぎ……そんな出会いがあるから、自分までふと野性に還り、雄叫びをあげたくなることがあるのだ。

 厳しい寒さの後、珍しく穏やかな春日のような大晦日を迎えた。納めることの多い1年ではあった。ハレとケと、その振幅に年毎の差はあっても、人生山あり谷ありには違いない。今年はちょっと山は低く谷が深かったが、それでもこうして平坦な道に戻り、無事穏やかに1年を終わろうとしている。「病院納め」「買い物納め」「お掃除納め」「洗濯納め」……何をしても「納め」となる師走、今日の「歩き納め」で全てが納まった。納め忘れたことは、又来年初めればいい。

 博物館から下る89段の階段の脇で、パンジーを植えている人がいた。「九州国立博物館を愛する会」の人だろう。
 「お疲れ様です。いつもきれいな花をありがとうございます」と声を掛けて、心温めながら家路に着いた。

 今夜も晴れるだろう。中天やや南にオリオン座が輝き、冬の大三角が夜空を彩る。庭に佇んで、遠くから風に乗って届く観世音寺の除夜の鐘に、1年の煩悩を払って……さあ又、新しい年に思いを馳せよう。
            (2016年大晦日:写真:木漏れ日の「野うさぎの広場」)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 師走の風に | トップ | 22パーセントの余白 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。